ごま(ゴマ)の栄養健康効果(効能)

HomeHomeごまの栄養・効果


ごま(ゴマ)の栄養健康効果(効能)

> HOME > 病気・症状 > ごまの栄養・効果

驚異のゴマパワー

21/365 Sesame Seeds

ごまには、白ゴマ、黒ゴマ、金ゴマなどいろいろ種類がありますが、ごまに含まれるゴマリグナンには活性酸素を撃退するパワーがあるとテレビで放送されたことから、数年前から人気が急上昇。

さらに最近の研究で、アンチエイジング(若返り)にも効果があることがわかってきました。

ごまの健康効果を感じる摂取量の目安は1日に大さじ1〜2杯(10g〜20g)。


確かに、脂肪の多い食事やカロリーの摂りすぎで必要以上に肝臓からコレステロールを作り出してしまったり、またコレステロールの摂りすぎで、コレステロールのバランスが崩れて血中コレステロール値が高くなってしまい、高コレステロール血症動脈硬化などの病気を引き起こしている方が増えています。


しかし、コレステロールそのものが悪いわけではありません。コレステロールには善玉コレステロール(HDLコレステロール)悪玉コレステロール(LDLコレステロール)があり、善玉コレステロールと悪玉コレステロールのバランスを保つことこそが、身体にとって大切なことなのです。


→ えごまの健康効果 について詳しくはこちら



【目次】



老化の原因は肝機能の低下?!

老化の原因である活性酸素のうち7割は、エネルギー生産工場である「肝臓」で発生します。

体内には元々活性酸素を撃退する酵素がありますが、年齢とともに減少してしまうので、肝機能が低下して、体内に老廃物が溜まり、肌あれや肥満などの老化を引き起こすのです。



肝臓に直接効くのはゴマリグナンだけ

水溶性の抗酸化物質の代表であるビタミンC、カテキン、アントシアニンは血液中の活性酸素を撃退しますが、肝臓までは到達できません。

それは、水溶性であるため、脂溶性の細胞膜を通過することができないためです。

それに対し、ゴマリグナンは血液中では力を発揮せず、肝臓に到達してはじめて抗酸化作用を発揮するので、肝機能の改善にはゴマリグナンが最適なのです。



ゴマの健康効果

1.美肌効果

肌の水分・油分・弾力を取り戻し、美肌になる効果があります。

肝機能が向上し、肌の細胞の代謝を促進するためです。

2.ダイエット(体脂肪の減少)

ゴマリグナンには肝臓で脂肪の分解を促進し、脂肪を燃焼しやすくする働きもあります。

体の細胞にはペルオキシソームという、脂肪を分解する働きをする物質があるのです。

ゴマに含まれるセサミンがペルオキシソームを活性化し、脂質の代謝を高めることがわかってきました。

またゴマにはビタミンB1の吸収を高めるミネラルも豊富に含まれます。

3.コレステロール除去

ゴマのビタミンEは血液だけでなく、血管壁にたまったコレステロールを、キレイに除去してくれるので、心臓の血液を送り出す負担を和らげるのです。

その他の健康効果

・老化防止・若返り(良質なアミノ酸、ビタミンE、ゴマリグナンとアントシアニンなどの抗酸化物質)

・脳梗塞の予防

生活習慣病予防(黒ゴマに含まれるリノール酸やリノレン酸など良質な不飽和脂肪酸)

便秘解消(黒ゴマに含まれる不溶性食物繊維

冷え性予防(黒ゴマに含まれる鉄分

骨粗しょう症予防(ゴマに含まれるカルシウム

【関連記事】

【みんなの家庭の医学】骨粗しょう症予防にゴマ(カルシウム・マグネシウム・亜鉛)|10月20日




ゴマリグナンはごまの栄養の源

TV番組でもごまの健康効果が紹介されています。

健康にいいといわれるごまの栄養パワーの源は、実はごま特有の成分ゴマリグナンにあります。

ごまの抗酸化成分「ゴマリグナン」に最も多く含まれる物質がセサミンです。




ゴマリグナンの健康効果

ゴマリグナンの働きとして、体内で優れた抗酸化作用を発揮し、肝機能を改善する効果、コレステロールの上昇を抑える、血圧低下効果、二日酔い防止、抗アレルギー、脂質代謝促進など多くの効果・効用が研究によって明らかになっています。

また、ゴマリグナンは美肌や代謝の活性化にもよいといわれています。




脳梗塞を予防するごま(ゴマリグナン)

夏は冷房による急激な温度変化の影響で血管の収縮・拡張が起こるため、血圧が乱高下しやすく、実は脳梗塞が起こりやすい時期。

ゴマに含まれる成分ゴマリグナンは脳血栓形成抑制効果があるといわれ、脳梗塞を予防してくれるそうです。

ゴマは殻が固く消化・吸収されにくいので、すりゴマにして食べるとより効果的です。

1日の摂取量目安10〜15g。



ゴマリグナンの摂り方

ご家庭のごま油が他の油より酸化しにくいのは、実はセサミンを含んだゴマリグナンのおかげ。

しかしごまは硬い殻に覆われており、そのまま摂ったのでは大切な栄養成分を取り込むことが難しいのです。



黒ごまの栄養成分

Grinding black sesame with salt

■【黒胡麻の主要栄養成分】(100グラム中)

蛋白質21.9g・脂肪の61.7g ・カルシウム564mg(牛乳の11倍)・リン368mg・鉄50mg・リノール酸・リノレイン酸・ステアリン酸・レシチン・ビタミンE・ビタミンA・ビタミンB・ビタミンD・アントシニアン(ポリフェノール)・セレン・亜鉛・ミネラル

黒ごまは、良質の脂質・たんぱく質・食物繊維をはじめ、高ビタミン・高ミネラル、また、現代人に必須のカルシウム(牛乳の11倍)や鉄分を豊富に含む優れた食物です。

カルシウム不足の日本人に、また美容と健康に気をつけたい女性の方に、理想的な健康食材なのです。

ごまは外皮がかたく、そのまま食べても消化・吸収されにくいため、すって調理されるのが最適です。

はちみつとすりゴマを混ぜてパンにつけて食べるとおいしいですよね。

※追記※閲覧者の方から、「黒胡麻の鉄分を100gあたり50mgと書いていますが9.9mgじゃないでしょうか・・・?」というメールを頂きました。当時の元データが残っていないため、確認することができません。申しわけございません。



幻の島原手延べ黒ごまそうめん

【夏限定!幻の黒ごまそうめん】

2016年度分黒ゴマそうめんの入荷しました!

テレビ放送後、大反響があった黒ごまそうめんをギフト(お中元・母の日・父の日)・お取り寄せにどうぞ!


ごまの栄養・効果

会社概要サイトマップお問い合わせ


ごま関連ニュース

なぜゴマを食べると血液中の中性脂肪が減少するのか?

ごまで便秘解消・アンチエイジング・美肌|あさイチ 6月7日


父の日ギフト

母の日ギフト

腎臓

低体温

肥満

高血圧

肝臓病(肝臓の病気)

脂肪肝

ダイエット

デトックス

低血圧

はちみつ洗顔法

黒ごまの栄養・効果(効能)

更年期障害

便秘

抜け毛(薄毛)の原因

タウリン

亜鉛

不妊

大腸がん

すい臓がん

糖尿病

胃腸 病気

病気・症状

目の病気

目のくま解消法


専門サイト

健康情報青汁えごまそば専門店ブルーベリー・ルテイン・カシス通販


健康情報なら舶来堂