脂肪肝とは|脂肪肝の症状・改善・治療・食事・原因

HomeHome脂肪肝


脂肪肝とは|脂肪肝の症状・改善・治療・食事・原因

> HOME > 病気・症状 > 肝臓の病気 > 脂肪肝

脂肪肝

近年、脂肪肝が30代〜40代を中心に増えつつあります。

脂肪肝とは、食べ過ぎや飲みすぎによって肝臓に中性脂肪やコレステロールが溜まった肝臓の肥満症とも言える状態です。

肝臓に中性脂肪やコレステロールが溜まった脂肪肝は、動脈硬化を始めとするさまざまな生活習慣病を引き起こす恐れがあります。


→ 中性脂肪を減らす方法 について詳しくはこちら

→ コレステロールを下げる食品 について詳しくはこちら


ちなみに、脂肪肝は、英語では「fatty liver」、フランス語で「foie gras」、中国語で「脂肪肝」と呼びます。



【目次】



脂肪肝とは

食事で摂った脂肪は、小腸で脂肪酸に分解され、肝臓に送られます。

しかし、糖分や脂質を摂りすぎて、肝臓に送られる脂肪酸が増えると、肝臓で脂肪酸から作られる中性脂肪が肝臓にたまります。

また、アルコールの飲みすぎでも肝臓に中性脂肪がたまります。

皮下や内臓に中性脂肪がたまると肥満になりますが、肝臓にたまると脂肪肝になります。

つまり、脂肪肝とは、肝臓がフォアグラのような状態になったといえばわかりやすいかもしれません。

健康な肝臓でも3〜5%の脂肪を含んでいますが、5%を超えた場合を脂肪肝といいます。

脂肪肝になっている組織を顕微鏡で見ると、肝細胞内に球状の脂肪が異常に増えているのがわかります。

正常な肝臓の脂質は、約3分の2がリン脂質で占められ、主に細胞の膜を構成し、残りの約3分の1がコレステロール、中性脂肪、遊離脂肪酸になってしまいます。

ところが、脂肪肝では、中性脂肪が異常に増加して大部分を占め、コレステロールやリン脂質が蓄積することはほとんどありません。

脂肪肝は年代では30〜70代に多く、男性では40歳前後、女性では40代以降の中高年に多発しています。

性別では男性のほうが多く発症します。

アルコール性の脂肪肝の場合は、放っておくと肝硬変に進むこともあります。



脂肪肝の症状

脂肪肝には、自覚症状がありません。

それは、肝臓は再生能力・代償能力に優れ、ダメージを受けても残った正常細胞が余分に働き、機能を維持するからです。

肝臓は痛みなどの症状を出すことがあまりないので、そのため肝臓に異常があっても気付かず、異常に気付いたときには病気がかなり進んでいることがあります。

そのため、定期的な健診を受けて、肝臓の数値を把握することが重要となります。


→ 肝臓の機能・働き について詳しくはこちら

→ 肝臓の数値|ALT(GPT)・AST(GOT)・γ-GTP について詳しくはこちら


なお、脂肪肝から肝炎肝硬変へと病気が進行すると、次のような特徴的な症状が現れてきます。




脂肪肝の原因

肥満・糖尿病・アルコールの飲みすぎ

脂肪肝の原因の多くは、肥満、糖尿病、アルコールの飲みすぎです。

肝臓のおかげで中性脂肪の量はコントロールされていますが、肝臓に負担がかかったり、肝機能が低下すると、脂肪が蓄積されて、脂肪肝になってしまいます。

【関連記事】

肝機能が低下すると中性脂肪がコントロールできなくなり脂肪肝になってしまう!?


糖質(特に果糖)の摂り過ぎ

女性にありがちなのが「甘いモノの食べすぎ」です。

お菓子や果物には「糖質」が多く含まれており、この糖質は肝臓で中性脂肪に合成されて蓄積され、脂肪肝につながってしまうのです。

京都大学とスペインの大学との共同研究によれば、果糖を摂取すると、血圧の上昇・中性脂肪の増加・インスリン抵抗性といったメタボリックシンドロームの兆候が現れたそうです。(果糖の取り過ぎで脂肪肝など生活習慣病になってしまう!?

また、果糖の過剰摂取は、肝臓で余った果糖が脂肪となって蓄積し、脂肪肝につながるだけでなく、糖尿病高血圧、腎障害にも関係するおそれがあるようです。

【関連記事】

果糖のとりすぎは中性脂肪の増加につながる!?



脂肪肝の種類

アルコール性脂肪肝

中性脂肪は、エネルギー源で、余分な中性脂肪は、肝臓などに蓄えられます。

中性脂肪は、糖質・脂質が多く含まれている食事の食べ過ぎやお酒の飲み過ぎで必要以上のエネルギーが体に入り、また運動不足でエネルギーが消費されないと、エネルギーが余り、その余ったエネルギーが中性脂肪となることで、中性脂肪の値が高くなります。

また、アルコールは、中性脂肪を分解する酵素の働きを低下させるため、中性脂肪値を高める原因となります。

肝臓にはアルコールの分解を行う機能がありますが、アルコールの量が多かったり、肝機能が低下していると、代謝がうまくいかなくなり、肝臓に中性脂肪がたまっていきます。

この状態をアルコール性肝障害の初期段階である「アルコール性脂肪肝」といいます。

アルコール性脂肪肝とは、大量のアルコールを習慣的に、長期間飲酒したことによる肝臓の病気です。

肝臓(ダイエット脂肪肝・アルコール性肝障害・NASH)|駆け込みドクター!によれば、アルコール性肝障害の患者数約250万人いるといわれ、日本酒の場合、3合以上を毎日5年間飲酒すると、アルコール性肝障害になる可能性が高いそうです。

健康な肝臓でも3〜5%の脂肪を含んでいますが、アルコール性脂肪肝の場合は、5%を超えています。

アルコール性脂肪肝の対処法としては、酒量を減らす、または症状が悪い人は禁酒、生活習慣の改善、運動などが考えられます。

アルコール性脂肪肝には、自覚症状がありません。

それは、肝臓は再生能力・代償能力に優れ、ダメージを受けても残った正常細胞が余分に働き、機能を維持するからです。

肝臓は痛みなどの症状を出すことがあまりないので、そのため肝臓に異常があっても気付かず、異常に気付いたときには病気がかなり進んでいることがあります。

生活習慣を改善せずに、アルコール性脂肪肝を放っておくと、アルコール性肝炎やアルコール性肝硬変になる恐れがあるので、アルコール性脂肪肝の段階で食い止めましょう。


【参考記事】

中性脂肪とアルコールの関係|なぜアルコールが中性脂肪値を高める原因になるの?



NAFLD(非アルコール性脂肪性肝疾患)

お酒(アルコール)を飲まない人でも、肥満糖尿病などが原因で脂肪肝になり、そして重症化することで肝硬変肝臓ガンになることがあります。

このことをNAFLD(非アルコール性脂肪性肝疾患)と呼びます。

NAFLD(=nonalcoholic fatty liver diseaseの略で、読み方はナッフルディー)は、非アルコール性脂肪性肝疾患のことで、ウイルス性肝炎、アルコール性肝炎以外の要因でかかる肝疾患の総称です。

「非アルコール性」とは、飲酒習慣がないか、1日1合(ビール大瓶1本)以下しか飲まない人を指します。

通常、体内に取り入れられた脂肪は、肝臓の中で身体が利用できるエネルギー源として変化し、全身に送り出されます。

しかし、カロリーオーバーの食生活で内臓脂肪が溜まると、そこから常に、大量の脂肪が肝臓へと供給されることになります。

すると、余った脂肪が肝細胞の中に溜まってしまいます。

これが、「脂肪肝」です。

肝臓は、たまり続ける脂肪を燃やそうとするのですが、その過程で、不完全燃焼から有害な活性酸素が発生し、肝臓の細胞を攻撃し、炎症を引き起こしてしまうのです。

そういう慢性肝炎の状態が、『NAFLD(非アルコール性脂肪性肝疾患)』といわれます。

こうした慢性肝炎が何年も続くと、肝細胞が風船みたいに膨らんだり、線維化が進むNASHに移行し、肝硬変に行き着きます。

ただ、やせているから安心ではなく、ダイエットで細くなった女性でも、栄養バランスを崩して脂肪肝になっていると、脂肪肝→非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)→非アルコール性脂肪肝炎(NASH)→原発性肝臓癌(HCC)というケースも発生も報告されているそうです。


→ NAFLD について詳しくはこちら



NASH(非アルコール性脂肪性肝炎)

アルコールを飲まない人でも脂肪肝から肝炎、肝硬変、肝臓ガンへと病状が進行していくことがあります。

それが、「非アルコール性脂肪性肝炎(Non-alcoholic steatohepatitis、通称NASH)」です。

非アルコール性脂肪性肝炎の原因の一つとして考えられるのが、無理なダイエットとリバウンドを繰り返すことによって、肝臓に負担をかけること。

ダイエットでやせた女性でも、栄養バランスを崩し、脂肪肝になると、非アルコール性脂肪性肝炎になることもあるそうです。

食べない系のダイエットをして、タンパク質が不足した場合、肝臓から脂肪が運び出せなくなるからです。

また、ダイエット期間中にたんぱく質を避けて、果物を選ぶという人もいると思いますが、フルーツの果糖は脂肪肝の脂となってたまりやすいそうです。

偏った食事によるダイエットを行ない、リバウンドを繰り返すと、肝臓に負担をかけ、病気にある恐れがありますので、気をつけましょう。


→ NASH について詳しくはこちら



ダイエット脂肪肝

極端なダイエットをすると、脂肪肝(通称ダイエット脂肪肝)になることがあります。

特に糖質を多く含むお米やパンなど炭水化物を極力とらないダイエットをすると「低栄養性脂肪肝」になります。

それは、体にとって大事な物質を極端に制限するような非常に偏ったダイエットを長期間続けてしまうと、脂肪を燃やすのに重要な栄養素まで欠乏してしまいます。

肝臓には一定量の脂肪が必要であり、糖質を極端に制限すると、肝臓は機能障害を防ごうとあわてて体中から脂肪をかき集めてしまい、脂肪肝になるのです。

つまり、糖質のとりすぎで脂肪肝になりますが、とらなさすぎでも脂肪肝になってしまうのです。

極端なダイエットをしてしまうと、体に十分な栄養が回らなずに、体の方もその栄養の量に応じて節約しようとします。

しかし、脳や心臓が使うエネルギーを節約するわけにはいかないので、髪が抜けやすくなったり、爪にシワが寄ったり、皮膚がかさかさしてくる(潤いがなくなる)ことがあります。

【参考記事】

ダイエット脂肪肝|減量が肝臓に深刻な異変を起こし、糖尿病・肝硬変・肝臓がんの危険性も!|#ガッテン(NHK)

ダイエット脂肪肝|世界一受けたい授業



脂肪肝危険度チェック

・朝食を食べない

・夜食を食べることが多い

・甘いものの間食が多い

・果物(糖質が多い)

・一品もの(例えば丼物の場合、炭水化物、つまり糖質を多くとりがちです)

・食べ残さない

・早食いをする

・睡眠6時間以下

・体型が変わった

・歩くよりもエスカレーター(運動不足)


※肝臓専門医によれば、5つ以上当てはまる場合は脂肪肝になるリスクが高いそうです。



脂肪肝を改善・治療する方法

脂肪肝を予防し、肝機能を改善するためにも脂肪肝の原因を解消する必要があります。

脂肪肝の原因は1.肥満・糖尿病、2.アルコールの飲みすぎ、3.運動不足などがあげられます。


1.低カロリー・低脂肪食にする

脂肪肝の原因である肥満を解消するには、ダイエットが必要。

ダイエットには、低カロリー・低脂肪食でバランスの良い食事が必要です。

食べ過ぎの方は、食事量を減らすことが重要。

糖質は肝臓で体のエネルギー源である中性脂肪に合成されるので、糖質を取り過ぎないようにするために、間食では甘いモノをできるだけとらないようにすることや炭水化物が多い一品ものだけを食べるということを避けたほうが良いようです。

肝臓を助ける食事としては、肝機能を助けるタウリンを含む食事やバランスよく食材を摂れる「まごわやさしい」をキーワードにした食事をすること。

さまざまな食材の組み合わせのキーワードは「まごわやさしい」や「おさかなすきやね」。

  • 「ま」:豆類
  • 「ご」:ゴマ類
  • 「わ」:わかめなど海藻類
  • 「や」:野菜類
  • 「さ」:魚(魚介類)
  • 「し」:しいたけなどきのこ類
  • 「い」:いも類

  • 「オ」:オリーブイオイル
  • 「サ」:魚類
  • 「カ」:海藻類
  • 「ナ」:納豆
  • 「ス」:酢
  • 「キ」:キノコ
  • 「ヤ」:野菜類
  • 「ネ」:ネギ類

野菜やキノコは糖質の吸収を遅らせるなどの効果があります。

【参考記事】

女性が注意したい脂肪肝の原因とは|肝臓を守る方法は「おさかなすきやね」|あさイチ


2.アルコールの飲みすぎを止める

脂肪肝を改善する上で、一番大事なことはアルコールを飲みすぎないことです。

肝臓は沈黙の臓器といわれています。

それは、肝臓は再生能力・代償能力に優れ、ダメージを受けても残った正常細胞が余分に働き、機能を維持するからです。

そのため肝臓に異常があっても気付かず、異常に気付いたときには病気がかなり進んでいることがあります。

定期的に健診を受け、肝臓の数値をチェックしながら、脂肪肝になる前にきちんとした食事・生活習慣を心がけましょう。

→ 肝臓の数値・検査値|ALT(GPT)・AST(GOT)・γ-GTP について詳しくはこちら


3.早歩きなどの運動

脂肪肝や脂肪筋はどのようにすれば改善できるのでしょうか。

脂肪肝は、数日間低脂肪食にするだけでも改善することがわかってきているそうです。

また、脂肪筋は、ゆっくりジョギングを1時間行うだけでも改善できるそうです。

つまり、脂肪肝・脂肪筋はなりやすいけれども、改善しやすいとも言えます。

また、番組に出演した専門家によれば、初期の糖尿病であれば、簡単に元の状態に戻すことも可能であり、多少食べすぎても、数日単位・週単位で体をリセットすることを考えればよいそうです。

肥満の人は、週250分以上早歩きなどのやや強めの運動をすると、体重が減らなくても、肝臓に蓄積した脂肪が減少したり、善玉コレステロールや肝臓の炎症を防ぐ物質が増えていることがわかったそうです。

【参考記事】

週250分の運動で脂肪肝改善 「やせなくても効果あり」―筑波大研究グループ

週150分の早歩きを続けるだけでも、肝臓の中性脂肪が減っており、脂肪肝・NAFLDの改善が期待できる




脂肪肝に良い食事・食品

タウリン

●脂肪肝に良い食事・食品は、タウリンを含む食事・食品です。

肝臓から分泌される胆汁酸には、コレステロールを排泄させる働きがありますが、タウリンを含む食品を摂取するによって胆汁酸の分泌が増え、血液中のコレステロール値も下がります。

●タウリンには、酵素の働きを助ける働きがあるので、アルコールの分解を早め、肝臓への負担を軽くしてくれます。

また、タウリンには、腎臓や肝臓の有害ミネラルである毒素を濾過する機能をUPさせてくれます。

カキに含まれるタウリンは、肝臓に溜まった中性脂肪を肝臓の外に出してくれ、そして脂肪肝を良くする働きがあるのです。

つまり、タウリンが肝臓に入ると、まず肝臓内の中性脂肪を取り除きます。

さらに肝臓から脂肪を外に排出する働きをしてくれます。

食事療法としては、タウリンを含むカキなどを食事に取り入れましょう。

→ タウリンを多く含む食品 について詳しくはこちら。



→ 脂肪肝の改善方法(食事・運動)について詳しくはこちら。


タウリンサプリ通販


レンコン(プロスタグランジン)

蓮根に含まれるプロアントシアニジンが脂肪肝対策につながると期待されるそうです。

プロアントシアニジンは、肝臓の中性脂肪の元になる脂肪酸が作られることを防ぐことで、肝臓に脂肪として蓄積されるのを抑えてくれるそうです。

プロスタグランジンを肥満・糖尿病のマウスに3週間投与した実験によれば、肝臓の中性脂肪濃度が62%減少したそうです。

【関連記事】

レンコンのプロスタグランジンで脂肪肝対策|肝臓の中性脂肪濃度が減少



不飽和脂肪酸やオメガ3脂肪酸の油

不飽和脂肪酸は、HDLコレステロールを増やし、LDLコレステロールを減らす働きがあると言われています。

また、オメガ3脂肪酸は、中性脂肪を減らす効果が期待されています。

→ オメガ3脂肪酸 について詳しくはこちら



脂肪肝の改善で注意したい食べ物

鉄分を多く含む食べ物

肝臓の食事で注意すべきことは、カロリーの摂り過ぎによる脂肪肝と鉄分の摂り過ぎによれば、C型慢性肝炎やNASH(非アルコール性脂肪性肝炎)では、鉄が過剰に貯まる(=鉄過剰)により、肝臓の炎症に伴い肝臓に鉄分が沈着しやすくなり、鉄分が多く沈着すると炎症が強くなり、肝臓がんも発生しやすくなります。

例えば、「ウコン」は肝臓に良い食べ物として有名ですが、多くのウコン製品には鉄分が含まれているため、食事の他に鉄を含むウコンを摂取すると摂取量を超えるおそれがあり、C型肝炎やNASHの人の場合は、逆効果になることもあります。

※鉄分がほとんどふくまれていないウコン商品もありますが、鉄分表示をされていないものが多いようです。

C型肝炎・NASHの人は、フェリチン値(血液中に貯蔵されている鉄の量)を調べるようにして、鉄分を摂りすぎないよう注意することが必要になります。

C型肝炎・NASHの患者さんの場合には、鉄の摂取を6mg/日以下に抑えるようにしましょう。

では、具体的にはどのように食事を気をつけたらよいのでしょうか?

食事に含まれる鉄には、肉や魚などの動物性食品に含まれている「ヘム鉄」と野菜や海藻に含まれている「非ヘム鉄」があります。

吸収率はヘム鉄のほうが高いため、動物性食品に注意する必要があります。

魚、肉は、赤身や内臓に吸収の良い鉄が多いため、できるだけ控えるほうが良いでしょう。

また、白身魚やイカ、タコ、エビ、鶏肉を中心とするのが良いでしょう。

その他、乳製品、卵白、野菜、果物、イモ類は鉄分が少なく、卵黄、豆類、海藻類、貝類は鉄分が多いようです。

【関連記事】

肝臓の健康(ウコン・脂肪肝・NASH)|ためしてガッテン(NHK)




脂肪肝ニュース

脂肪肝のメカニズムを解明 オートファジー抑制因子ルビコンが肝臓内の脂肪蓄積と肝障害を引き起こす|大阪大

エゴマに含まれる「ルテオリン」に脂肪肝・NASH・肝がん予防効果|名古屋市大

脂肪肝の改善 内臓を若返らせるプロジェクト|たけしの本当は怖い家庭の医学

隠れ糖尿病の原因は脂肪肝と脂肪筋|ためしてガッテン(NHK)

脂肪肝になると突然死のリスクは35.8倍!?脂肪肝対策|林修の今でしょ!講座

【芸能人健康診断】脂肪肝・NASH予防にはタウリンが豊富な牡蠣(カキ)|ヒルナンデス


脂肪肝

会社概要サイトマップお問い合わせ


脂肪肝関連ワード

肝臓

肝臓病(肝臓の病気)

脂肪肝

肝炎

NASH

NAFLD

肝硬変

肝臓ガン

肝機能障害

肝臓の数値

ALT(GPT)

AST(GOT)

γ-GTP

胆管・胆管がん

胆のう

肝臓に良い食べ物|肝臓と食事

脂肪肝の改善方法(食事・運動・サプリ)

肝臓がん予防によい食事・食べ物

亜鉛不足チェック

タウリン

痛風

メタボリック

コレステロール

更年期障害


タウリンサプリ通販

→タウリンサプリ無料お試しサンプルへのお申し込みはこちら!


病気・症状

目の下のくま解消法

目の病気

低体温

糖尿病

高血圧

胃腸の病気

胃が痛い


専門サイト

健康情報青汁えごまそば専門店ブルーベリー・ルテイン・カシス通販


健康情報なら舶来堂