肥満|肥満度(BMI)計算

HomeHome肥満


肥満|肥満度(BMI)計算

> HOME > 病気・症状 > 生活習慣病 > 肥満

肥満とは

肥満とは、体脂肪が過剰に蓄積した状態です。


肥満になり、その状態が長く続くと、メタボリックシンドローム糖尿病高血圧脂質異常症高脂血症)などの合併症が多くみられます。


メタボリックシンドローム、糖尿病、高血圧、高脂血症などにならないためにも、肥満を解消し、内臓脂肪蓄積への対策を行うことで、アディポネクチンなどの分泌異常を改善し、動脈硬化など重大な病気の発症をさせないようにしましょう。



【目次】



肥満度の計算

肥満度を表現する指標として体格指数=BMIが用いられます。

BMI(body mass index)=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)


BMIの基準値

BMI22が基準で、BMI25以上が肥満とされています。



肥満の症状

肥満になると、体の各器官に負担がかかる

体重(特に脂肪)が増加することで、骨や関節に荷重がかかってくることで、体の各器官に大きな負担がかかる。

肥満になると、インシュリンの働きが悪くなる。

肥満があるとインシュリンの働きが悪くなってきます。これを「インシュリン抵抗性」といいます。

血糖値が上昇し、血中のインシュリンは利用されないため増加して、高インシュリン血症になります。

これが、糖尿病、高血圧、高脂血症の原因の一つとされています。


肥満の合併症

高血圧・糖尿病

肥満になると肝臓に負担がかかり、グリコーゲン合成酵素の活性も低下するために血糖が高くなるため、インシュリン抵抗性の原因となります。

インシュリン抵抗性の状態は、高血圧、糖尿病、高脂血症、高コレステロール血症をもたらしたり、動脈硬化(閉塞性動脈硬化症)を促進したり、冠動脈疾患の原因を作ってしまうので、とても危険です。


冠動脈疾患

心臓からの送られる血液の量は体重に比例して増加します。つまり、体重が増加すればするだけ心臓に負担がかかります。

肥満は、心臓にも脂肪が沈着し、冠動脈の硬化、心筋梗塞、狭心症などを誘発する危険性を高めます。

また、血中コレステロールが増加し、血管壁に沈着することによって動脈硬化になりやすくなります。

肥満になると血圧も上昇します。


ひざ関節痛(変形性膝関節症

肥満による過剰な荷重を受けて、骨や軟骨、筋肉、半月板などに変形が起こってきます。変形性膝関節症は中高年の体の悩みの一つです。


脳卒中


がん


肥満による睡眠時無呼吸症候群(SAS)




肥満症の定義

日本肥満学会が定める肥満症の定義は次のとおり。

肥満(BMI25以上)

でかつ

11種類の健康障害(高血圧・耐糖能障害・脳梗塞・月経異常・脂肪肝・肥満関連腎臓病・脂質異常症・睡眠時無呼吸症候群・高尿酸血症・変形性関節症などの整形外科的疾患・冠動脈疾患)のうちのいずれかを合併

または

CTで内臓脂肪の面積が100平方センチメートル以上

に当てはまる場合が肥満症となるそうです。

【参考記事】

肥満症の定義の国際基準化を目指す―日本肥満学会



肥満の原因

食生活

・脂肪摂取の割合が多い。

・野菜摂取量が少ない。

厚生労働省は野菜350g以上を推奨しているが、目標摂取量に届いていません。

・穀物や果物の摂取量も少ない傾向にある。

運動不足

男女ともに運動量が少ない傾向にあります。

ストレス

ストレスが原因で食べすぎ・飲みすぎになることが多いです。



肥満の予防方法

食事・食生活の改善・バランスのとれた食事に

肥満の予防には食事・食生活の改善は欠かせません。

バランスのとれた食事でミネラル・ビタミン補給しましょう。

厚生労働省によると、野菜を1日に350g以上、特に緑黄色野菜を120g以上摂ることを目標としています。

バランスのとれた食事でビタミン・ミネラルを摂りましょう。

ケールには脂質の吸収抑制(中性脂肪の減少)による肥満抑制効果がある|#あさイチ #nhkによれば、ラットの実験では、緑黄色野菜ケールの抽出物を投与したところ体重増加を顕著に抑制し、中性脂肪が減少したことから、ケールには脂質の吸収抑制による肥満抑制効果があることがわかったそうです。


→野菜不足が気になる方に!
→無料お試しサンプルはこちら

青汁通販オンラインショップ

今なら初回購入者価格・まとめ買いセール特価で提供中!


食習慣の改善

肥満と関連する行動習慣の改善として、早食い・間食・欠食・まとめ食い・やけ食い・ながら食いなどの食習慣改善をする。


和食中心の生活を心がける


ストレスを解消する

やけ食いの原因となるストレスを解消するためリラックス。


規則正しい睡眠で休息をとる


運動不足を解消する


お酒の飲みすぎに気をつける


アディポネクチン

近年、レプチン、アディポネクチンなど脂肪細胞から分泌される物質が明らかになっています。

これらは肥満に関連があるといわれています。

レプチンは食欲を抑えるホルモンで、肥満している人はこのホルモンがうまく働かなくなっていると考えられています。

また、アディポネクチンは肥満で減少するといわれています。


体重・血圧を測り、自己管理に心がける

肥満や血圧の高めな人は、体重計と血圧計を用意して、体重そして血圧の自己管理を心がけることも大切です。

ちょっとした食事などの生活習慣の改善が肥満予防に役立ちます。



実際の肥満については、専門医の受診をおすすめいたします。


中性脂肪を減らすには?中性脂肪を下げる食品・食事について詳しくはこちら。


→栄養バランスが気になる方
生活習慣が気になる方に

健康情報なら舶来堂へ

⇒今なら初回購入者価格・まとめ買いセール特価で提供中!健康情報なら舶来堂


肥満関連ニュース

<大阪の食文化>粉もん+ごはんを食べる頻度はやせている人より太っている人の方が高い

20歳以上のアメリカ人の肥満率は過去最高の30.4%|米CDC 2015年調査

中国の約3億4100万人が「過体重」か「肥満」|内臓脂肪型肥満が多く、糖尿病・脂肪肝・心筋梗塞のリスクが高い

肥満の子供は脂肪肝になりやすく、肝硬変リスクも高い―大阪市立大

「一日の砂糖25グラムまで」|肥満・虫歯・慢性疾患の予防―WHO新指針

肥満の人でも病気になりやすい人となりにくい人がいる!?

肥満の人への減量指導効果は2年で失われる!?−筑波大

世界人口の約3割が過体重か肥満!?

アメリカの2から5歳の子供の肥満率が低下

肥満メカニズム解明!過食でカロリー消費低下、飢餓に備え蓄積か

遅い夕食で体内時計が混乱し太る−早大

夜更かしは肥満を招く

夜食を取ると、肝臓の「時計遺伝子」が乱れ、代謝異常になり、太りやすくなる?

よく噛む習慣をつけてメタボ対策・肥満予防



肥満

会社概要サイトマップお問い合わせ


肥満関連ワード

肥満

糖尿病

更年期障害

低体温

タウリン

肝臓

肝臓病(肝臓の病気)

腎臓

脂肪肝

コレステロール


病気・症状

目の病気

亜鉛不足チェック

がん

大腸がん


専門サイト

健康情報青汁えごまそば専門店ブルーベリー・ルテイン・カシス通販


健康情報なら舶来堂