糖尿病の症状

TOP糖尿病 症状会社概要サイトマップお問い合わせ


糖尿病の症状・初期症状 - 病気・症状 チェック

 

> HOME > 病気・症状 > 糖尿病

糖尿病

糖尿病は自分には関係ないと考えている方もいると思いますが、糖尿病一歩前の状態である「糖尿病予備軍」はかなり多くいるといわれています。

糖尿病は、大人だけの病気ではなく、最近では子供にも増えています。これは、生活習慣の悪化によるものであると考えられます。

糖尿病は一度なってしまうと治りませんが、「糖尿病予備軍」の段階ならまだ間に合います。糖尿病に対する正確な知識を持って、生活習慣を見直しましょう。



目次


糖尿病の症状・チェック

糖尿病により、以下のような症状がみられることがあります。

ただし、糖尿病の症状ははじめのうち、痛みなどの自覚症状がないため、検査で血糖値が高かったり、治療が必要といわれたことがあっても、そのまま治療を受けない人が多いです。

以下の症状がある場合には、一度医師による診察をおすすめします。

●糖尿病の症状の例

  • のどの渇き
  • 尿の量・回数が多い。
  • 体重が急激に減る。
  • 全身がだるく、疲れやすい。
  • 目がかすむ(視力障害)。
  • 尿に糖が出る。
  • 立ちくらみ
  • 手足のしびれ
  • インポテンツ(性欲減退)
  • 月経異常

*症状 のどが渇き、尿の量・回数が増えるのは、大量のブドウ糖を排出するため尿の量が増えてしまい、体の水分が失われてのどが渇くため。

*症状 食べているのにやせるのは、食べてもブドウ糖が正常に利用されずに、慢性的なエネルギー不足になるため。

*症状 全身がだるく、疲れやすくなるのは、インスリンの作用不足でブドウ糖を利用できず、活動エネルギーが足りないため

糖尿病の初期症状は、痛みなどの自覚症状がないため、治療が必要といわれていても治療を受けない人が多いです。しかし、実は、糖尿病の一番の問題は合併症。合併症にならないためにも、糖尿病の症状があらわれた場合、しっかりと治療に取り組みましょう。

糖尿病 症状 先頭にもどる



糖尿病とは

糖尿病とは血糖値が高くなる病気。簡単にいうと、上手くブドウ糖を取り入れられない病気です。

糖尿病になると、ブドウ糖がエネルギーを必要としている細胞の中に運ばれなくなり、血液の中にあふれてします。

どうしてそのようになるのかといえば、血糖値を下げるホルモンであるインスリンが足りなくなったり、うまく細胞に作用しなくなるからです。

インスリンは、体の中で唯一血糖を下げるホルモンで、食後に血糖が上がらないように、調節する働きがあります。

また、血液中のブドウ糖を体の細胞に送り込んで、エネルギーに変えたり、脂肪やグリコーゲンに変えて、エネルギーとして蓄えておくようにする働きがあります。

ブドウ糖をコントロールしているインスリンが不足したりうまく作用しないと、ブドウ糖が細胞に取り込まれなくなり、血液中のブドウ糖が使えなくなってしまいます。

そのため、血糖値が上がってしまい、そして、筋肉や内臓にエネルギーが運ばれないため、全身のエネルギーが足りなくなってしまいます。

つまり、インスリンがすい臓から分泌されない、またはその量が不足している、分泌されているのに十分に作用しないなど様々な原因で慢性的に高血糖になるのが糖尿病です。

糖尿病の診断基準 について詳しくはこちら


糖尿病 症状 先頭にもどる



糖尿病の種類

糖尿病は4つのタイプに分けられます。

1型糖尿病

膵臓がインスリンをほとんど、あるいは全く作らないために体の中のインスリンの量が絶対的に足りなくなって起こる糖尿病。

2型糖尿病

インスリンの量が不十分で起こる糖尿病と、肝臓や筋肉などの細胞がインスリン作用をあまり感じなくなるために、ブドウ糖がうまく取り入れられなくなって起こる糖尿病がある。食事や運動などの生活習慣が関係している場合が多い。日本の糖尿病者の95%がこのタイプ。

遺伝子の異常やほかの病気が原因となる糖尿病

遺伝子の異常や肝臓すい臓の病気、感染症、免疫の異常などの他の病気が原因となって引き起こされるもの。薬品が原因となる場合もある。

妊娠糖尿病

妊娠時に現れる糖尿病。新生児に合併症が出ることもある。

妊娠糖尿病の症状についてはこちら。

糖尿病 症状 先頭にもどる



糖尿病の合併症

糖尿病の大きな問題は、合併症。糖尿病による腎臓障害で人工透析を始める人も多く、また糖尿病が原因の視覚障害が発生することもあります。

また、糖尿病の人は、高血圧になる可能性が高いともいわれます。

それは、糖尿病と高血圧の危険因子が同じだからだと考えられています。

糖尿病の3大合併症(糖尿病神経障害、糖尿病網膜症、糖尿病腎症)について詳しくはこちら。

糖尿病 症状 先頭にもどる


糖尿病の原因

1型糖尿病の原因は、遺伝や環境が原因とも言われていますが、はっきりとはわかっていないというのが現実です。

2型糖尿病の主な原因は、内臓脂肪の増加や運動不足による肥満であるといわれています。肥満以外にも遺伝や環境、ストレス、加齢、食べすぎなども原因といわれています。

糖尿病 症状 先頭にもどる


糖尿病の予防

タウリン

タウリンには、すい臓機能を高め、インスリンの分泌を良くする働きがあると言われ、糖尿病の予防に良いとされています。

タウリンについてはこちら。

亜鉛

糖尿病の人はインスリンの作用が十分でないため、細胞が十分な量のブドウ糖を血液中から取り込むことができません。その結果、体のエネルギーが不足し、疲れやすくなります。すい臓でインスリンを作る際には、亜鉛が欠かせません。亜鉛にはインスリンの働きを持続させる働きもあります。

亜鉛についてはこちら。

※糖尿病を予防するためには、食事・運動の両方から考えることが重要です。

⇒ その他の糖尿病の予防について詳しくはこちら

糖尿病 症状 先頭にもどる


糖尿病の治療法

糖尿病の治療法としては、初期段階なら食事療法と運動療法。進行したら薬物療法が必要になる。

糖尿病の食事

糖尿病と診断されてしまったら、日常の生活強度に合った食事をする必要があります(食事療法)。

糖尿病食で食べてはいけないものはありませんが、自分にあった分量の食事で、必要とする全ての栄養素をとるように工夫します。

バランスのとれた食事になるので、家族と一緒に食べられます。

なお、医師の指導に従ってください。

糖尿病の食事 について詳しくはこちら


糖尿病の運動療法

食事療法と同様、運動療法でも医師の指導に従って、自分にあった運動メニューを作ります。

糖尿病の場合、急に激しい運動をしてはいけませんし、運動量が足りなすぎても効果がありません。

糖尿病の運動療法 について詳しくはこちら


●薬物療法

主な薬物療法は、血糖を下げるための血糖降下薬という飲み薬と、インスリンがほとんど分泌されない人や不足の人のためのインスリン注射です。

薬物療法が必要になるのは、1型糖尿病の人。1型糖尿病の場合、体内でインスリンを作れないため、必ずインスリン注射が必要になります。

それ以外の型でも、食事療法や運動療法を続けても効果が現れない場合、薬物療法を行います。

どちらも医師に相談せず、勝手にやめたり、多く使ってはいけません。薬を飲み始めて調子が悪くなったら、必ず医師に相談するようにしてください。

*糖尿病治療の際は、必ず専門医にご相談ください。

糖尿病 症状 先頭にもどる


糖尿病と子供

近年は、子供の2型糖尿病が増えています。

それは、大人と同様、子供も清涼飲料水で必要以上の糖分をとっており、また、甘い食べ物や脂っこい食べ物(ファストフードなど)を多く摂っているからのようです。

それに加えて、近年の子供は運動不足が重なり、糖尿病の子供が増えていると考えられます。

糖尿病 症状 先頭にもどる


実際の糖尿病については、専門医の受診をおすすめいたします。


糖尿病の予防
食事と運動で糖尿病を予防しましょう。

ミネラル・ビタミンなど栄養バランスが気になる方に!健康食品通販なら舶来堂

健康食品通販なら舶来堂へ

1万円以上のご購入で送料無料。
今なら初回購入者価格・まとめ買いセール特価で提供中!


糖尿病 症状特定商取引に基く法律サイトマップお問い合わせ

専門サイト

健康食品通販青汁えごまそば専門店ブルーベリー・ルテイン・カシス通販


健康食品通販なら舶来堂