インスリン(インシュリン)とは|糖尿病・インスリン注射

HomeHomeインスリン糖尿病 症状


インスリンとは|糖尿病・インスリン注射・インスリン抵抗性

> HOME > 病気・症状 > 糖尿病 > インスリン

インスリンとは

インスリンとは、すい臓から分泌されるホルモンです。

※すい臓でインスリンを分泌する組織のことを、すい島またはランゲルハンス氏島と呼びます。



目次



インスリンの働き

インスリンには血液中のブドウ糖(血糖)の濃度を調節する働きがあります。

血糖を下げる働きがあるホルモンは体の中にインスリンしかなく、すい臓に障害がおこると、インスリンの分泌が低下してしまうことで、正常に血糖値を下げることができなくなり、糖尿病の危険性が高まります。

すい臓に慢性膵炎すい臓がんなどの疾患がおこると、インスリンの分泌が低下してしまい、血糖のコントロールをすることができなくなり、糖尿病を発症または悪化してしまいます。

すい臓の疾患や糖尿病を予防するためにも定期的に検診を受けることで早期発見・早期治療を行いましょう。

インスリン 先頭にもどる



野菜不足が気になる方に

青汁通販オンラインショップ

糖尿病が気になるあなたは糖分の入っていない青汁をお選びください。⇒青汁無料お試しサンプルはこちら!


インスリン抵抗性

インスリンの働きが不足する原因には、分泌自体が不足する「インスリン分泌障害」の他に、肝臓や筋肉、脂肪などでの働きが低下する状態があり、これを「インスリン抵抗性」と呼んでいます。

インスリン抵抗性は、塩分が尿に排せつされにくくして血圧を上昇させたり、脂肪の合成と分解のバランスを崩して脂質異常症高脂血症)を招いたりします。また、動脈硬化を進めることも明らかとなっており、これら生活習慣病のすべてに関係しています。

インスリン抵抗性は糖尿病患者にだけ限った話ではなく、お酒の飲みすぎで肝臓に脂肪が蓄積した状態の「脂肪肝」の方、内臓脂肪が蓄積した状態の「メタボリックシンドローム」の方、それらを含めた肥満の方にもインスリン抵抗性とは関係があるようです。

また、インスリン抵抗性は、高血圧、高脂血症、動脈硬化を招く原因ともなりえます。

生活習慣病を予防するためにも、食べ過ぎや運動不足などの生活習慣を見直しましょう。

【参考記事】

生活習慣病とインスリン抵抗性

インスリン 先頭にもどる




インスリン注射

糖尿病の主な薬物療法は、血糖を下げるための血糖降下薬という飲み薬と、インスリンがほとんど分泌されない人や不足の人のためのインスリン注射です。

薬物療法が必要になるのは、1型糖尿病の人。1型糖尿病の場合、体内でインスリンを作れないため、必ずインスリン注射が必要になります。

それ以外の型でも、食事療法や運動療法を続けても効果が現れない場合、薬物療法を行います。

*糖尿病治療の際は、必ず専門医にご相談ください。

インスリン 先頭にもどる




インスリンに欠かせない栄養素

タウリンにはインスリン(インシュリン)の分泌を促す作用もあり、糖尿病の予防によいとされています。

タウリンの多い食品について詳しくはこちら


タウリンサプリ通販


亜鉛はインスリンを正常に働かせるのに、必要なホルモン。


亜鉛の多い食品について詳しくはこちら


亜鉛サプリ通販


インスリン 先頭にもどる



インスリン関連ニュース

インスリン 先頭にもどる


実際のすい臓の病気・糖尿病については、専門医の受診をおすすめいたします。



食物繊維が玄米の9倍!
低GIの「えん麦のちから」で穀物ゆるダイエットをサポート

インスリン

会社概要サイトマップお問い合わせ


インスリン関連ワード

すい臓

糖尿病の診断基準(血糖値・HbA1c)

糖尿病を予防する方法

糖尿病チェック

糖尿病の原因

糖尿病の合併症

糖尿病の食事

糖尿病の運動療法

糖尿病の検査

血糖値(正常値・食後血糖値・空腹時血糖値)・血糖値を下げる食品

糖尿病網膜症

糖尿病性腎症

糖尿病性神経障害

糖尿病ニュース

脂肪肝

生活習慣病


病気・症状

目の病気

メタボリック

ダイエット

痛風


専門サイト

健康情報青汁えごまそば専門店ブルーベリー・ルテイン・カシス通販


健康情報なら舶来堂