糖尿病の診断基準

TOP糖尿病 症状会社概要サイトマップお問い合わせ

糖尿病の診断基準

 

> HOME > 病気・症状 > 糖尿病 > 糖尿病の診断基準

糖尿病の診断基準


目次


糖尿病の診断基準

1) 空腹時血糖126(mg/dl)以上

2) 75グラムのブドウ糖を飲み2時間後の血糖200以上

3)随時血糖200以上

4) ヘモグロビンA1c6.5%以上

糖尿病の診断基準 先頭にもどる


<糖尿病>「ヘモグロビンA1c」の検査値を6.5%以上に変更

糖尿病の診断などに使う値の「ヘモグロビンA1c(HbA1c)」が、これまで日本では独自の基準だったのですが、NGSP(国際標準値)に変更されます。

JDS(日本独自の値) HbA1c 6.1%以上 → NGSP(国際標準値) HbA1c 6.5%以上

糖尿病の診断基準 先頭にもどる


糖尿病の診断基準の改定のポイント

糖尿病の診断基準が改定され、新たにヘモグロビンA1c(HbA1c)が加わることになりました。

なぜ、ヘモグロビンA1c(HbA1c)が糖尿病の診断基準に加わることになったのでしょうか。

これまでの診断基準は、1999年に策定されたもので、空腹時血糖値 126mg以上(/dl)または食後血糖値 200mg以上(/dl)となると糖尿病と診断されますが、血糖値は、食事や運動の影響を受けやすく、検査前の一時的な節制をすることで数値が変わってしまい、より適正な診断ができない可能性がありました。

そこで注目されたのが、ヘモグロビンA1c(HbA1c)。

HbA1cは、赤血球に含まれるヘモグロビンにブドウ糖が結びついたもので、赤血球の寿命が長いため、過去1〜2カ月の血糖状態を把握できます。

HbA1cを診断基準として導入すると、短期間の血糖の状態ではなく、長期的に見た血糖状態が把握できることで、より適切な判断ができるということのようです。

※ただし、ヘモグロビンに異常があると正しい血糖状態がわからないというの課題があるそうです。

■参考リンク

糖尿病:診断基準を見直しへ ヘモグロビンA1c(HbA1c)に

糖尿病の診断基準 先頭にもどる


糖尿病の診断基準に「ヘモグロビンA1c」を推奨

米糖尿病学会、国際糖尿病連合、欧州糖尿病学会でつくる専門委員会も、糖尿病の診断基準として、「HbA1c」値を推奨すると発表しています。

※ヘモグロビンA1cが糖尿病網膜症などの合併症発症と関連していると評価しているため。

糖尿病の診断基準 先頭にもどる


実際の糖尿病については、専門医の受診をおすすめいたします。


糖尿病の予防
食事と運動で糖尿病を予防しましょう。

ミネラル・ビタミンなど栄養バランスが気になる方に!健康食品通販なら舶来堂
1万円以上のご購入で送料無料。
今なら初回購入者価格・まとめ買いセール特価で提供中!

生活習慣が気になる方に
ミネラル・ビタミンなど栄養バランスが気になる方に

健康食品通販なら舶来堂へ

⇒健康食品通販なら舶来堂

メインメニュー
糖尿病

糖尿病の合併症

糖尿病の食事

糖尿病の運動療法

糖尿病の予防

糖尿病の診断基準

糖尿病網膜症

メタボリックシンドローム

ダイエット

白内障

コレステロール

亜鉛不足チェック

糖尿病の予防ニュース
<糖尿病>「ヘモグロビンA1c」の検査値を6.5%以上に変更
糖尿病の指標HbA1cが国際標準値「NGSP」に変更
糖尿病予防、週に7分の運動で効果
「糖尿病」治療怠ると医療費5000万円 早期治療患者の6倍にも
隠れ糖尿病|たけしの本当は怖い家庭の医学
糖尿病の検査
糖尿病なりかけに「緑茶が効果」1日7杯で血糖値改善
病気・症状
目のくま解消法
目の病気
低体温
新型インフルエンザの症状
 

糖尿病特定商取引に基く法律サイトマップ配送・送料お問合せ

専門サイト

健康食品通販青汁えごまそば専門店ブルーベリー・ルテイン・カシス通販父の日 プレゼント 人気ランキング


健康食品通販なら舶来堂