亜鉛|亜鉛を含む食べ物・食品|亜鉛不足チェック・摂取量

HomeHome亜鉛

亜鉛サプリ


亜鉛|亜鉛を含む食べ物

> HOME > 病気・症状 > 亜鉛

亜鉛とは

亜鉛は、たんぱく質の合成や骨の発育などに欠かすことのできない必須ミネラルです。

*亜鉛は、新陳代謝を良くし、免疫力を高め、たんぱく質やDNA、RNAの合成に関係し、マグネシウムと同様に100種類近くもの酵素に関与している。カルシウムなどと同様ぜひ摂って欲しいものの一つ。

亜鉛が不足すると、味覚障害や発育不全、機能性障害などを引き起こすといわれています。

また、亜鉛はデトックスサプリとしても注目されています。亜鉛は、有害物質を捕まえて、毒性を抑え、排泄させるたんぱく質の誘導役でもあります。

亜鉛は、普通に食事をしていれば不足する心配はないのですが、実際は、食品を加工する過程で失われることが多く、インスタント食品やファーストフードに偏った食生活、極端なダイエットをしていると不足しがちです。



目次



亜鉛を含む食べ物・食品

亜鉛は、食品では特に肉類、魚類、穀物に多く含まれています。

[亜鉛を摂ることのできる食品]

  • 牡蠣(カキ)
  • うなぎ
  • 牛肉(もも肉)
  • チーズ
  • レバー(豚・鶏)
  • 卵黄
  • 大豆製品(納豆・きな粉・豆腐)
  • そば
  • ゴマ
  • 緑茶
  • 抹茶
  • カシューナッツ
  • アーモンド
  • 黒米
  • 赤米

亜鉛の1日の必要摂取量は、15mg。

牡蠣ならわずか2粒で16mgですので、一日分が補えます。

亜鉛不足が気になる方は、亜鉛を含む食品、または、亜鉛サプリメント(サプリ)をオススメします。

→亜鉛サプリで健康サポート!亜鉛サプリ無料お試しサンプルはこちら!

亜鉛サプリ通販

亜鉛などのミネラルやタウリン、ビタミンが豊富なサプリを今なら最大15%OFFのお得な初回購入者価格・まとめ買いセール価格で購入できます!
1万円以上のご購入で送料無料。



微量ミネラル・亜鉛

微量ミネラルとは、現代の栄養学の中で、注目されている分野の一つ。

ミネラルには、20種類近くの必須ミネラルがあり、私達の食事は、特に微量ミネラルが不足しています。

多量ミネラル:比較的多量に必要とされる。カルシウム、カリウム、ナトリウム、マグネシウム、リン

微量ミネラル:微量であっても欠かすことの出来ない。鉄、銅、亜鉛、マンガン、クロム、セレニウム、ヨウ素、モリブデン、リチウム、バナジウム、コバルト、ニッケルなど




亜鉛不足チェック方法

次のような症状が出ていたら、あなたは亜鉛不足かもしれません。当てはまるものが多い人は要注意。食生活を振り返るきっかけにして下さい。

肌荒れ・シミが目立つ

亜鉛が減ると、細胞の分裂や再生が上手く行なわれなくなり、肌が荒れてくる。シミやそばかすも目立ってくる。


爪が変形・変色したりする

亜鉛が減ると、たんぱく質の合成が上手く出来なくなるため、爪の伸びが遅れたり、伸びても割れやすくなる。


お酒に弱くなった

アルコールを分解するアルコール脱水酵素は亜鉛がないと働かず、そのため、二日酔いもおこしやすい。


抜け毛が多い

亜鉛不足で、髪の毛の成長が遅くなったり、切れ毛や抜け毛を起こすことがある。

抜け毛(薄毛)の原因 について詳しくはこちら


すり傷が治らない

亜鉛の欠乏で傷の回復が遅くなる。


立ちくらみ

亜鉛不足が慢性化すると、貧血が起こりやすくなり、血圧調整がうまくいかず、立ちくらみが起こることがある。


目の疲れ

亜鉛の欠乏で、夜盲症になるほか、網膜の光を感じる能力が弱くなり、その結果、目が疲れやすくなる。

また、亜鉛の血中濃度の低下と加齢黄斑変性症の関連が研究されている。

年をとるにつれて、亜鉛が含まれている食品(魚介類、穀類など)の摂取量が少なくなるとともに、腸の亜鉛を吸収する力が低下してしまうことから、亜鉛不足になりやすいといわれている。


精力が衰えた

亜鉛は男性ホルモンの合成にも関係していることから、セックスミネラルとも言われる。欠乏すると生殖能力の低下を招く。(男性不妊


生理不順(月経不順)

亜鉛は、ホルモンバランスを整える働きがある。

女性の卵子には亜鉛が豊富に含まれていて、欠乏すると妊娠しにくくなる(不妊)ほか、生理不順も多くなる。

特に更年期ともなれば、亜鉛不足がホルモンバランスをさらに乱れさせて症状を悪化させてしまうことにもありえる。


物忘れが激しい

記憶をつかさどる海馬という部分には亜鉛が多く含まれている。亜鉛が減ると記憶力も衰える。


疲れやすい

最近、運動選手の疲労と亜鉛との関係が注目されている。筋肉中の亜鉛が減ると、筋肉の収縮力が弱まり、疲労が強まる。

また、糖尿病の人はインスリンの作用が十分でないため、細胞が十分な量のブドウ糖を血液中から取り込むことができず、その結果、体のエネルギーが不足し、疲れやすくなる。

すい臓でインスリンを作る際には、亜鉛が欠かせず、また、亜鉛にはインスリンの働きを持続させる働きもある。


風邪をひきやすい

亜鉛が減ると、免疫の司令塔であるT細胞がうまく働かなくなり、カゼをひきやすい。


味覚障害

亜鉛不足で、味覚障害を起こす。

→ 味覚障害・味覚異常 について詳しくはこちら



亜鉛サプリ通販

亜鉛サプリを今なら最大15%OFFのお得な初回購入者価格・スーパーセール価格で購入できます!



亜鉛

会社概要サイトマップお問い合わせ


亜鉛関連ワード

亜鉛不足チェック

低体温

加齢黄斑変性

タウリン

更年期障害

男性の更年期障害

肝臓

脂肪肝

メタボリック・シンドローム

コレステロール

糖尿病

滋養強壮

薄毛・抜け毛の原因


亜鉛サプリ通販

→亜鉛サプリ無料お試しサンプルへのお申し込みはこちら!


目の下のくま解消法

目の病気

便秘


専門サイト

健康情報青汁えごまそば専門店ブルーベリー・ルテイン・カシス通販


健康食品通販なら舶来堂