コレステロールとは|コレステロール値を下げる食事・食品・食材

HomeHOMEコレステロール


コレステロールとは|コレステロール値を下げる食事・食品

 

> HOME > 病気・症状 > コレステロール

コレステロールとは

コレステロールというと、コレステロール値が高いので食事を控えなければと考えている方も多いと思います。


確かに、脂肪の多い食事やカロリーの摂りすぎで必要以上に肝臓からコレステロールを作り出してしまったり、またコレステロールの摂りすぎで、コレステロールのバランスが崩れて血中コレステロール値が高くなってしまい、高コレステロール血症や動脈硬化などの病気を引き起こしている方が増えています。


しかし、コレステロールそのものが悪いわけではありません。

コレステロールにはHDLコレステロール(善玉コレステロール)、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)があり、善玉コレステロールと悪玉コレステロールのバランスを保つことこそが、身体にとって大切なことなのです。



目次



総コレステロール

コレステロール

血液中に含まれる全てのコレステロール(善玉コレステロールや悪玉コレステロールを含めた)の総量のことです。

コレステロールの体内での役割

  • 細胞膜を作る
  • 筋肉を作るホルモンの原材料
  • 栄養分の分解
  • 栄養を吸収する胆汁酸の原材料



LDLコレステロール(悪玉コレステロール)

LDLコレステロール(悪玉コレステロール)は、コレステロールを体内に供給する役割をしていますが、増加しすぎると血管に溜まって、動脈硬化を進行させてしまいます。

中性脂肪が増えすぎると悪玉コレステロール (LDLコレステロール) が増える原因になります。




HDLコレステロール(善玉コレステロール)

HDLコレステロール(善玉コレステロール)は、体内に蓄積されたコレステロールを排出し、動脈硬化を予防します。




コレステロール値

よくコレステロール値を下げることを気にされている方の中で数値の見方を間違えている方がいます。

それは、基準値(正常値)内であるにもかかわらず、コレステロールを下げる必要があると気にしすぎている方です。


その時々によってコレステロール値は増減します。基準値内である場合には、全くコレステロール値を気にする必要はありません。


気にしなければならない方は、基準値に入っていない方だけなのです。

過度に気にしすぎることでストレスがたまらないようにしてください。


総コレステロール値 240mg/dl以上が治療域

LDLコレステロール(悪玉コレステロール)値 140mg/dl以上が治療域

HDLコレステロール(善玉コレステロール)値 40mg/dl未満が治療域


※動脈硬化が進んでいるかどうかの目安として、悪玉コレステロールと善玉コレステロールの比率「LH比」と呼ばれる新しい指標が注目されているそうです。

LH比が高い人ほど動脈硬化がリスクが高く、LH比が1.5以上になると動脈硬化の可能性が高くなってくるそうです。


→ 動脈硬化 について詳しくはこちら


→ コレステロールの比率のLH比(LDLとHDLの比率)とは について詳しくはこちら



コレステロールの多い食品

タラコやイクラ、数の子、子持ちシシャモなどの魚卵、アナゴやウナギ、シラス、メザシなどの魚はコレステロールが高いです。


バターや卵、生クリームを使った料理や洋菓子(ケーキやプリン、アイスクリーム)もコレステロールが高いです。


また、イカもコレステロールが多いですが、タウリンが含まれているので、それほど気にしなくてもいいです。



コレステロールが高い原因

コレステロールは、食べ物からしか摂取できないと思っている方も多いようですが、実は、コレステロールは体内(主に肝臓)で作られるほうが多いのです。


1日に必要な量の約80%ものコレステロールが、肝臓をはじめ体内で作られており、食物から摂取するコレステロールは約20%なのです。


実は、日本人で食べ物から摂取するコレステロールで病気になる方はほとんどいないそうです。


高コレステロール血症」などの方を除く健康な人であれば、体内で血中コレステロール値を調節してくれるため、食品から摂取するコレステロール量を過度に気にする必要はありません。


それよりも、肝臓に負担をかけない生活習慣を作ることが大事なのです。

→ 肝臓の数値の読み方はこちら



コレステロールを下げる食事・食品・食材

コレステロールを下げるには、次の方法が考えられます。

1.コレステロールを下げる食品をとる

2.コレステロールの吸収を抑制する食品を摂取する

3.コレステロールを処理能力をアップさせるために肝機能アップをさせる食品を摂取する


1.コレステロールを下げる食品をとる


●青魚(イワシ・アジ)

青魚に含まれる不飽和脂肪酸は、悪玉コレステロールを減らす働きがあると言われているそうです。


●また、悪玉コレステロールを下げる食事として、オメガ3脂肪酸DHA・EPAなど)の多い食事にしましょう。



2.コレステロールの吸収を抑制する食品を摂取する


●海藻類(もずく・昆布・ひじき・わかめ)

アルギン酸は、腸の中でコレステロールが吸収されるのを抑える働きがあるそうです。

また、もずくなどに含まれるネバネバ成分のフコイダンには、コレステロールを排除してくれるそうです。


●野菜(ブロッコリー・キャベツ)

SMCSは悪玉コレステロールを分解して排出する、酵素の働きを促すと言われているそうです。


●大豆製品(豆腐・納豆)

大豆に含まれるサポニンには、悪玉コレステロールを分解する働きがあると言われているそうです。


食物繊維

食物繊維には、コレステロールの吸収を抑制する作用があります。

→ 食物繊維の多い食品 について詳しくはこちら


3.コレステロールを処理能力をアップさせるために肝機能アップをさせる食品を摂取する


●タウリン

肝臓機能が強くなければ、コレステロールを処理することはできません。

肝臓の機能が低下すると、コレステロールは処理できなくなり、血液中に溜まってしまい、動脈硬化や高コレステロール血症などを引き起こしてしまうのです。


肝臓機能をアップさせる食品は、タウリンを含む食品です。

タウリンとは、カキ・イカ・ホタテなど魚介類に多く含まれる成分です。

タウリンは、肝機能をアップさせ、コレステロール処理能力を高める働きを持っています。

魚介類の食事で肝臓機能をアップさせましょう。

→ タウリンの多い食品 について詳しくはこちら



→ 悪玉コレステロールを減らす食事・食品 について詳しくはこちら。

→ 善玉コレステロールを増やす について詳しくはこちら


タウリンサプリ通販


コレステロールニュース

心筋梗塞を防ぐカギは悪玉善玉比(悪玉コレステロールと善玉コレステロールの比率)|みんなの家庭の医学 2月9日

コレステロール(悪玉コレステロールを下げる・善玉コレステロールを増やす)|世界一受けたい授業 2月28日

コレステロールの摂取制限は必要ない?|あさイチ 2月26日

コレステロールの新常識(LH比・悪玉コレステロールを減らす食事・善玉コレステロールを増やす運動)|主治医が見つかる診療所 4月21日

コレステロールが気になるあなたにおすすめのお酒のおつまみは「タコ」!その理由とは?

【主治医が見つかる診療所】コレステロール|LH比・酸化悪玉コレステロール・チョコ・トマト・鮭|10月19日

コレステロールを下げる医療を推進する他の学会に対して、ガイドラインを改めるように緊急提言−日本脂質栄養学会

健康診断の新たな基準値(血圧・BMI・肝機能・総コレステロール・LDLコレステロール)とは?|健診基準値が厳しすぎて健康な人でも上限超えてしまう!?

超悪玉コレステロール|たけしの家庭の医学 6月1日

高コレステロールは健康にいい?悪い?



コレステロールを下げる食品・食事

会社概要サイトマップお問い合わせ


コレステロール関連ワード

コレステロール

総コレステロール

LDLコレステロール

HDLコレステロール

高コレステロール血症

心筋梗塞

亜鉛不足チェック

タウリン

メタボリック

肝臓

肝臓の病気

脂肪肝

更年期障害


タウリンサプリ通販

→タウリンサプリ無料お試しサンプルへのお申し込みはこちら!


目の下のクマ(くま)解消法

目の病気

腎臓

低体温

肥満

高血圧


→ オメガ3脂肪酸を含む食品 について詳しくはこちら。


オメガ3サプリ通販

オメガ3サプリを選ぶなら!
一万円以上のご購入の場合送料無料!


専門サイト

健康情報青汁えごまそば専門店ブルーベリー・ルテイン・カシス通販


健康食品通販なら舶来堂