高脂血症(高コレステロール血症)の食事・症状・原因

HOME高脂血症(高コレステロール血症)会社概要サイトマップお問い合わせ


高脂血症(高コレステロール血症)

 

> HOME > 病気・症状 > 生活習慣病 > 高脂血症(高コレステロール血症)

高脂血症(高コレステロール血症)とは

高脂血症(こうしけつしょう)は、血液中の脂質(コレステロール中性脂肪)が多すぎる病気のことをいいます。

最近、高脂血症は、脂質異常症と名前が変更になりました。

「高脂血症」には、トリグリセライド(中性脂肪)が多い高中性脂肪血症、LDLコレステロールが多い高LDLコレステロール血症、HDLコレステロールが低い低HDLコレステロール血症があり、3つのうち1つでも当てはまると、「高脂血症」と呼んでいました。

ただ、高脂血症という呼び方では、低HDLコレステロール血症を含むのは誤解を招きやすいため、「脂質異常症」となりました。



目次


高脂血症(高コレステロール血症)の症状

高脂血症は、高脂血症だとはっきりわかる自覚症状がないため、症状だけで高脂血症を早期発見することは難しい。

しかし、高脂血症を放っておくと、増えた脂質がどんどん血管の内側にたまってしまい、そして知らないうちに体の血管が傷ついてしまい、動脈硬化を引き起こす恐れがあるため、定期的に病院での健診(健康診断)を受けることが重要です。

高脂血症 → 動脈硬化 → 心筋梗塞・脳梗塞



高脂血症と判断される基準値・数値

次の3つのうち1つでも当てはまると、高脂血症(現在は脂質異常症)と診断されます。

LDLコレステロール(悪玉コレステロール)値 140mg/dl以上(空腹時)

HDLコレステロール(善玉コレステロール)値 40mg/dl未満(空腹時)

中性脂肪値 150mg/dl以上(空腹時)


LDLコレステロールが140mg/dL以上になると、「高コレステロール血症」となります。

中性脂肪(トリグリセライド)150mg/dL以上になると、「高トリグリセライド血症」となります。

そして、「高脂血症」とは、「高コレステロール血症」もしくは「高トリグリセライド血症」のいずれか、または両方である状態を総称した言葉です。

「高脂血症」と「高コレステロール血症」の違いは何ですかという質問がありますが、「高コレステロール血症」とはLDLコレステロールが140mg/dL以上の状態であり、高脂血症は、「高コレステロール血症」もしくは「高トリグリセライド血症」のいずれか、または両方である状態となります。



高脂血症(高コレステロール血症)とメタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームとは、内臓に脂肪がたまり、高脂血症や高血圧などの症状が一度に複数出ることを指す考え方です。


メタボリックシンドロームにならないためにも高脂血症を予防する必要があります。



高脂血症(高コレステロール血症)の原因

高脂血症の原因としては、食生活・食事が大きく影響していると考えられます。たとえば、動物性脂肪の多い高カロリー食は、血中の悪玉コレステロールや中性脂肪を増やし、過酸化脂質を増加させます。


また、高脂血症は、動脈硬化の危険因子である高血圧糖尿病肥満、喫煙、運動不足、偏った栄養バランスの食事、アルコールなど総合的に判断しながら、生活習慣を見直し、予防することが大切です。


少しずつ高脂血症の原因となる生活習慣を改善していきましょう。



高脂血症(高コレステロール血症)の食事

高脂血症の予防には食事・食生活の改善は欠かせません。


食事・食生活の改善・バランスのとれた食事に

ミネラル・ビタミン、食物繊維をバランスよく積極的に摂って、栄養を補給しましょう。

食物繊維の多い食品について詳しくこちら


マグネシウムとタウリンを含む食品

高血圧高脂血症糖尿病などに関係しているのはマグネシウムタウリンであることが研究でわかっているそうです。

タウリン・マグネシウムを含む食品の代表例としては、カキ(牡蠣)です。

カキの栄養 について詳しくはコチラ


食事の量を適正な量に減らす。


油を飽和脂肪酸(おもに動物性脂肪に多い)より不飽和脂肪酸(おもに植物性脂肪・魚の脂に多い)を多く摂る。

血中のコレステロールを増やす食品が飽和脂肪酸であり、体内のコレステロール値を下げる働きをするのは、オメガ3脂肪酸など不飽和脂肪酸を多く含む食品です。

そのため、脂身の多い肉など動物性脂肪の食べ過ぎに注意する。

オメガ3脂肪酸を含む食品について詳しくはこちら。


お酒(アルコール)の飲みすぎに気をつける。

ちょっとした食事などの生活習慣の改善が高脂血症の予防に役立ちます。


●定期的な検査

健診では、血圧、総コレステロール、中性脂肪、善玉コレステロール(HDLコレステロール)の値などを検査し、高脂血症を診断します。

定期的な検査の中で、かかりつけの医師と良い関係を築き、生活・食事指導を受けましょう。



悪玉コレステロールを減らす食事・食品について詳しくはこちら。

善玉コレステロールを増やすについて詳しくはこちら。



実際の高コレステロール血症(高脂血症)については、専門医の受診をおすすめいたします。



→オメガ3サプリを選ぶなら!
健康食品通販なら舶来堂

健康食品通販なら舶来堂へ

1万円以上のご購入で送料無料。

→野菜不足が気になる方に
→青汁無料お試しサンプルはこちら

健康食品通販なら舶来堂へ

1万円以上のご購入で送料無料。
→今なら最大15%OFFのまとめ買いセール中!詳しくはこちら!

 

高脂血症(高コレステロール血症)特定商取引に基く法律サイトマップお問い合わせ


専門サイト

健康食品通販青汁えごまそば専門店ブルーベリー・ルテイン・カシス通販
ギフトメタボリック


健康食品通販なら舶来堂