動脈硬化動脈硬化の症状・予防・原因・改善

HOME動脈硬化会社概要サイトマップお問い合わせ


動脈硬化とは|動脈硬化の症状・予防・原因・改善

 

> HOME > 病気・症状 > 生活習慣病 > 動脈硬化(動脈硬化症)

動脈硬化とは

動脈硬化とは、動脈にコレステロール中性脂肪などがたまって、詰まったり、硬くなったりして弾力性や柔軟性を失った状態をいい、動脈硬化になると、スムーズに血液が流れなくなります。


動脈が弾力性や柔軟性に富んでいれば、心臓や脳などの臓器や筋肉などの組織に必要な酸素や栄養の供給は行なわれます。


しかしコレステロールなど血液の脂質が、動脈にたまったり、酸素や栄養が不足したり、高血圧により常に血管に負担がかかったりしていると、動脈は弾力性を失い硬く、もろくなってしまいます。このような状態を動脈硬化というのです。


動脈硬化が進行すると、日本人の死因の主な原因である心疾患(狭心症、心筋梗塞など)や脳血管疾患(脳梗塞、脳出血など)を引き起こす恐れがあります。


動脈硬化に対する知識を知ることで、動脈硬化を予防しましょう。



目次


動脈硬化の症状

動脈硬化は動脈硬化だとはっきりわかる自覚症状がないため、症状だけで動脈硬化を早期発見することは難しい。

しかし、動脈硬化を放っておくと、心臓病や脳血管障害、閉塞性動脈硬化症など重大な病気を引き起こす恐れがあるため、定期的に病院での検査(健康診断)を行なうことや自宅など定期的に体重を測り、血圧を測るなどして、動脈硬化を早期発見しましょう。



動脈硬化の原因

動脈硬化は、食事、運動、喫煙、飲酒、ストレスなどの生活習慣の違いによって大きく影響されることがわかっています。たとえば、動物性脂肪の多い高カロリー食は、血中の悪玉コレステロールや中性脂肪を増やし、過酸化脂質を増加させます。それらが血管壁に付着して血管を詰まらせたり、血管が破れたりする原因になります。


また、動脈硬化は、動脈硬化の危険因子である高血圧脂質異常症高脂血症)、糖尿病肥満、喫煙、運動不足、偏った栄養バランスの食事、アルコール、加齢、ストレスの有無などについて確認し、生活習慣を見直し、予防することが大切です。


動脈硬化は加齢とともに進行するため、一種の老化現象ともいえます。しかし、動脈硬化は、急にあらわれるわけではなく、若いころから始まり、40歳を過ぎる頃に症状があらわれてくることが多いことのです。つまり、動脈硬化の予防は若いうちから行う必要があります。


少しずつ動脈硬化の原因となる生活習慣を改善していきましょう。



動脈硬化リスク度チェック

1.加齢
男性:45歳以上、女性:55歳以上

2.喫煙

3.血糖値 100以上

4.血中脂質
中性脂肪 150mg/dl以上、LDLコレステロール 140mg/dl以上、HDLコレステロール 40mg/dl以下

5.血圧 最高血圧140/最低血圧90以上

以上のリスク項目に多く該当する方は動脈硬化になる可能性が高いようです。



動脈硬化の予防・改善方法

動脈硬化を予防する食事】

食事・食生活の改善・バランスのとれた食事に

動脈硬化の予防には食事・食生活の改善は欠かせません。

バランスのとれた食事でミネラル・ビタミン補給しましょう。また、食事の量にも気をつけましょう。


ダイエットをして、肥満を解消する

肥満は動脈硬化の原因の一つだと考えられている。


オメガ3の多い食事を心がける

オメガ3脂肪酸の多い食事(青魚、えごま油、シソ油、亜麻仁油、くるみ、緑黄色野菜、豆類などの食品)を積極的にとる。

オメガ3脂肪酸について詳しくはこちら。


脂身の多い肉など動物性脂肪の食べ過ぎに注意する。


葉酸の多い食品を摂取する。

最近の研究によれば、葉酸が不足するとホモシステインという物質が増加することがわかってきたそうです。

ホモシステインが増加すると、血管壁に衝突して傷つけてしまい、動脈硬化を誘発してしまうおそれがあるそうです。

葉酸を摂取することによって、ホモシステインを減らすことが、動脈硬化を予防し、血管年齢を若くすることにつながります。


動脈硬化を予防する生活習慣】

ストレスを解消する。

ストレスは血圧にも影響を与える。自分にあったストレスを解消するリラックス方法を見つけましょう。


規則正しい睡眠で休息をとる。


塩分の取りすぎに気をつける。

塩分の摂りすぎは血圧を上昇させる。


運動

動脈硬化予防に良い方法とは、有酸素運動。

有酸素運動をすると、血流が良くなり、血管が広がりやすくなるそうです。

血管が広がりやすくなり、血流が良くなることで、血管を傷つけにくくなり、動脈硬化を予防できるそうです。


お酒(アルコール)の飲みすぎに気をつける。


タバコを控える。

喫煙は血管を収縮させ、動脈硬化を促進させるので禁煙をする。


体重・血圧を測り、自己管理に心がける。

肥満や血圧の高めな人は、体重計と血圧計を用意して、体重そして血圧の自己管理を心がけることも大切です。

ちょっとした食事などの生活習慣の改善が動脈硬化の予防に役立ちます。


●定期的な検査

健診では、血圧、総コレステロール、中性脂肪、HDLコレステロールの値などを検査し、動脈硬化の進行度を診断します。

生活習慣病になるメカニズムはこのようになっています。

【生活習慣病になるメカニズム】

栄養の摂りすぎ・運動不足

→脂肪の蓄積=肥満

→脂肪組織の線維化

脂肪肝肝臓に脂肪が蓄積)

→脂質代謝異常(コレステロール値の異常)や耐糖能障害(血糖値の異常)

動脈硬化

糖尿病NASH

ポイントは、定期的な検査で肝臓の脂肪蓄積をチェックすることで、動脈硬化を予防ができるということです。

定期的な検査で、肝臓の脂肪蓄積をチェックして、生活習慣(食生活の見直し、運動不足の解消)を改善して、動脈硬化を予防しましょう。

また、かかりつけの医師と良い関係を築き、生活・食事指導を受けましょう。



動脈硬化の新しい指標:「LH比」

動脈硬化が進んでいるかどうかの目安として、LDLコレステロールHDLコレステロールの比率「LH比」と呼ばれる新しい指標が注目されているそうです。


なぜLH比が注目を集めるようになってきたのでしょうか。


それは、最近の研究で、LDLが140未満の人でも心筋梗塞になるケースがあり、またHDLが高い人でもまれに動脈硬化を起こすこともわかってきたからのようです。


つまり、これまで推奨されてきた基準値内でも動脈硬化になる可能性があり、新たな診断基準が必要になってきたということです。


そこで注目されてきたのが「LH比」というわけです。


LH比が高い人ほど動脈硬化がリスクが高く、LH比が1.5以上になると動脈硬化の可能性が高くなってくるそうです。


LH比は、「LDL(悪玉コレステロール)」÷「HDL(善玉コレステロール)」で求められます。


LH比1.5以下を目標に、食生活や運動、禁煙など生活習慣を改善しましょう。



悪玉コレステロールを減らす食事・食品について詳しくはこちら。


中性脂肪を減らすには?中性脂肪を下げる食品・食事について詳しくはこちら。


実際の動脈硬化については、専門医の受診をおすすめいたします。


→栄養バランスが気になる方に!
オメガ3サプリなど健康食品通販なら舶来堂

健康食品通販なら舶来堂へ

1万円以上のご購入で送料無料。
→サプリ無料お試しサンプルはこちら!


→栄養バランスが気になる方に!
タウリンサプリなど健康食品通販なら舶来堂

健康食品通販なら舶来堂へ

今なら初回購入者価格・まとめ買いセール特価で提供中!
→サプリ無料お試しサンプルはこちら!



動脈硬化特定商取引に基く法律サイトマップお問い合わせ


専門サイト

健康食品通販青汁えごまそば専門店ブルーベリー・ルテイン・カシス通販
ギフト父の日 プレゼント 人気ランキング


健康食品通販なら舶来堂