更年期更年期障害の症状

HomeHOME更年期


更年期更年期障害の症状

 

> HOME > 病気・症状 > 更年期

更年期とは

Sony A7R with Lomography New Petzval 85 Art Lens

更年期とは、女性の場合、卵巣機能が衰えはじめ、女性ホルモンの分泌が減少する「閉経を迎える前後の期間」のことをいいます。

女性の更年期は40代半ば(月経異常・月経不順が続く方が多い)頃といわれています。

もちろん、更年期が始まる時期には個人差がありますが、閉経年齢で最も多いのが、50歳だといわれますので、45歳ぐらいがその目安といえます。

ちなみに、更年期(症状)は、英語では「menopause symptoms」、フランス語で「menopause」、中国語で「更年期綜合症」と呼びます。



【目次】



更年期障害

更年期障害とは、ホルモンバランスの乱れが原因の身体的・精神的不調のことであり、自律神経失調症の一つです。

更年期を迎える時期になると、卵巣の機能が衰え、その結果、卵巣から分泌されている女性ホルモン(エストロゲン)の量が減少します。

エストロゲンの分泌量が減ると、脳は盛んに卵胞刺激ホルモンを分泌し、卵巣からエストロゲンを分泌するように促します。

しかし、更年期を迎えた卵巣は、必要な量のエストロゲンを分泌することが出来ないため、エストロゲンの減少と卵胞刺激ホルモンの増加という「ホルモンバランスの乱れ」が起こります。

そして、ホルモンバランスの乱れによって「体のほてり(ホットフラッシュ)」「大量の汗(スウェッティング)」などの症状が現れます。

これが更年期障害ですが、更年期障害は、ホルモンバランスの乱れだけが原因ではありません。

更年期の時期は、子供の独立・夫の定年・親の介護など急激に生活のリズムが変わる時期でもあり、生活のリズムの変化による精神的ストレスや家庭や職場でのストレスなども加わって、更年期障害が現れます。

また、最近では、30代ぐらいの更年期にはまだ早い年齢であるにもかかわらず、更年期症状があらわれる「若年性更年期障害(プレ更年期)」が増えてきています。

更年期症状には、個人差があり、更年期を迎えてもほとんど気にならないほどの症状の人もいれば、日常生活も満足にできない症状の人もいます。

この差は、若いころに行なった無理なダイエットや不規則な生活・食事によってホルモンバランスが乱れていることが原因の一つであると考えられます。

更年期を安心して迎えるためにも、生活習慣を見直しましょう。


→ 男性の更年期障害 について詳しくはこちら。

→ 女性の更年期障害 について詳しくはこちら。

→ 若年性更年期障害(プレ更年期) について詳しくはこちら。




更年期の症状

更年期症状には、個人差があり、更年期を迎えほとんど気にならないほどの症状しかない人もいれば、日常生活も満足にできない症状の人もいます。

更年期の症状の具体例を挙げていますので、チェックしてみてください。

全身的な症状

【関連記事】

冷えのぼせの症状・原因・改善・対処法

更年期高血圧

微小血管狭心症の症状・原因|更年期の女性の10人に1人が発症!?


運動器官系の症状


精神的症状

【関連記事】

更年期うつの症状・対策


生殖器系の症状

【関連記事】

更年期と生理|生理周期・生理不順(月経不順)・不正出血

更年期の生理周期(月経周期)は短い?長い?どう変化していくの?


消化器系の症状

【関連記事】

吐き気・嘔吐・食欲不振(消化器系の症状)|更年期の症状


このような更年期障害らしき気になる症状があらわれたら、一度病院で診てもらいましょう。




更年期に太る理由

→ 女性が更年期に太る3つの原因|更年期に太りやすい女性は生活習慣病に注意! について詳しくはこちら



更年期障害の原因

更年期障害は、主に卵巣機能の低下による女性ホルモン「エストロゲン」の減少が原因。

また、若いころに行なった無理なダイエットや不規則な生活・食事によってホルモンバランスが乱れていること、環境の変化、加齢、ストレスなどが原因であると考えられる。



更年期障害の症状の治療法

更年期障害の症状を自覚した場合は、まずは病院での受診をオススメします。

病院の医師と更年期障害の治療方針について良く相談の上、治療をして下さい。

更年期障害の治療法について納得のいく説明が得られなかった場合には、他の病院の医師にそのことを尋ねてみるのも一つの方法です。

更年期障害の治療法としては、現在のところ、ホルモン注射によるホルモン補充療法が一般的だといわれています。

また、漢方薬、低用量ピルなどを活用してホルモンバランスを安定させる治療を行うところもあるようです。

しかし、人によっては生活習慣の見直し(お酒やタバコを控える、運動をする)をすることで症状の改善が見られる方もいます。

自分ひとりで更年期障害について悩み、長く悩んでしまったために症状がひどくなるよりも、まずは病院の医師に相談することをオススメします。




更年期障害の食事・更年期を乗り切る方法

食生活の見直しをする

更年期にはホルモンバランスの乱れがきっかけとなり、骨粗しょう症高血圧脂質異常症高脂血症)、糖尿病など様々な病気を起こしがちです。

特に女性の場合、閉経によって女性ホルモンが減少するため、動脈硬化の進行が早まる場合がある。


ビタミン・ミネラルなどバランスの取れた食事で栄養を十分に摂る

【亜鉛】

亜鉛は、ホルモンバランスを整える働きがあります。

女性の場合は、亜鉛が不足すると女性ホルモンの働きが悪くなったり、月経異常を引き起こしてしまう可能性があります。

特に更年期ともなれば、亜鉛不足がホルモンバランスをさらに乱れさせて症状を悪化させてしまうことにもありえます。

→ 亜鉛の多い食品 について詳しくはこちら



亜鉛サプリ通販

→健やかに過ごしたい40代の女性に
→無料お試しサンプルはこちら!


【カルシウム】

カルシウムもぜひ摂って頂きたいミネラル。

特に女性は、エストロゲンの減少によって、骨粗鬆症になる可能性が高まるため、更年期には摂って頂きたいです。

→ カルシウムの多い食品 について詳しくはこちら


【エクオール・大豆イソフラボン】

大豆イソフラボンは、更年期障害の原因といわれる「エストロゲン」と構造が似ているため、体内に入ると、エストロゲンと同じような働きをするといわれています。

大豆イソフラボンは大豆製品などから摂れます。

ただ、最近の研究によれば、大豆イソフラボンの健康効果の恩恵を受けやすい人とそうでない人がいることが明らかになったそうです。

その違いは、エクオールを作り出すためのエクオール産生菌という腸内細菌を持っているかどうかです。

腸内細菌によって大豆イソフラボンに含まれるダイゼインという成分をエクオールに変えることで、ダイゼインのままと比べ、よりエストロゲンに似た働きをすると言われています。

更年期症状の軽い人はエクオールの量が多いそうで、更年期症状の重い人のグループに、エクオールをつくれる人が少なかったそうです。

更年期のホットフラッシュ(ほてり)や首や肩のこりを改善する効果が確認されているそうです。

エクオールの産出能力をチェックするには、「尿中エクオール検査」や「ソイチェック」といった簡単な尿検査で調べることができるそうです。

【関連記事】

エクオール(エクオールサプリ)が更年期症状の軽減に役立つ

日本の女性は更年期症状やPMSなどの女性特有の症状に対しての自覚率が低い


軽いウォーキングなどの適度な運動

寝る前のストレッチ&ヨガは、女性の「更年期症状」と「抑うつ」を改善する効果がある!によれば、寝る前に毎日10分間、ヨガを取り入れたストレッチを3週間行うことで、更年期女性の「更年期症状」と「抑うつ」を改善することがわかったそうです。


ご自身にあったリラックス方法


ツボ

→ 更年期障害・月経不順のツボ:三陰交(さんいんこう)


基礎体温をつける

更年期・プレ更年期では、女性ホルモンのバランスが変化しています。

基礎体温をつける習慣を持つことで、ホルモンバランスの変化も早期に気づくこともでき、更年期障害にも早めに気づくことができます。

基礎体温を測り、グラフをつけると、例えば、「低温期が短くなった」「高温期が短くなった」などあなたの体の変化に早めに気づくことにつながると思います。


家族との会話をする機会を増やす


相性の合う医師・病院を見つけておく

できれば更年期(更年期障害)になる前に、相性の合う医師・病院(婦人科など)を見つけておき、体調に違和感があれば、相談をしてみましょう。

更年期障害になったときでも安心して治療に専念できるはずです。

一人で悩まず、家族や友人と協力して、更年期を乗り切りましょう。



実際の更年期障害については、専門医の受診をおすすめいたします。



更年期の症状

会社概要サイトマップお問い合わせ


更年期障害関連ワード

更年期

男性の更年期障害

亜鉛不足チェック

タウリン

メタボリック

肝臓

低体温

不妊

豆乳の栄養・健康効果(効能)

更年期障害関連ニュース

更年期症状対策/エストロゲン/ホルモン補充療法|ためしてガッテン 10月27日


亜鉛サプリ通販

→亜鉛サプリ無料お試しサンプルへのお申し込みはこちら!


専門サイト

健康情報青汁えごまそば専門店ブルーベリー・ルテイン・カシス通販


健康情報なら舶来堂