悪玉コレステロールを下げる食品・食事|LDLコレステロールが高い原因

HomeHomeLDLコレステロール


悪玉コレステロールを下げる食事・食品|LDLコレステロールが高い原因

> HOME > 病気・症状 > コレステロール > ldlコレステロール

悪玉コレステロール(LDLコレステロール)

コレステロールには、細胞膜を作る・筋肉を作るホルモンの原材料・栄養分の分解・栄養を吸収する胆汁酸の原材料、としての役割があります。


悪玉コレステロール(LDLコレステロール)は、これらの役割を持つコレステロールを体内に供給する役割をしていますが、増加しすぎると血管に溜まって、動脈硬化を進行させてしまいます。


中性脂肪が増えすぎると悪玉コレステロール(LDLコレステロール) が増える原因になります。

ちなみに、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)は、英語では「low-density lipoprotein cholesterol」、中国語で「低密度脂蛋白胆固醇」と呼びます。



【目次】



LDLコレステロールの数値

よくLDLコレステロール値を下げることを気にされている方の中で数値の見方を間違えている方がいます。

それは、基準値(正常値)内であるにもかかわらず、悪玉コレステロールを下げる必要があると気にしすぎている方です。


その時々によってLDLコレステロール値は増減します。

基準値内である場合には、全くLDLコレステロール値を気にする必要はありません。


気にしなければならない方は、基準値に入っていない方だけなのです。

過度に気にしすぎることでストレスがたまらないようにしてください。


悪玉コレステロール(LDLコレステロール)値 140mg/dl以上が治療域


悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が140mg/dL以上(空腹時)だと、脂質異常症(高LDLコレステロール血症)と診断される。


※動脈硬化が進んでいるかどうかの目安として、LDLコレステロールとHDLコレステロールの比率「LH比」と呼ばれる新しい指標が注目されています。

LH比が高い人ほど動脈硬化がリスクが高く、LH比が1.5以上になると動脈硬化の可能性が高くなってくるそうです。


→ 動脈硬化 について詳しくはこちら


→ コレステロールの比率のLH比(LDLとHDLの比率)とは について詳しくはこちら


→ コレステロール値 について詳しくはこちら


→ 総コレステロール値 について詳しくはこちら


【関連記事】

なぜ悪玉コレステロール(LDLコレステロール)値が高くなると、動脈硬化になりやすいのか?




LDLコレステロールが高い原因

コレステロールは、食べ物からしか摂取できないと思っている方も多いようですが、実は、コレステロールは体内(主に肝臓)で作られるほうが多いのです。


1日に必要な量の約80%ものコレステロールが、肝臓をはじめ体内で作られており、食物から摂取するコレステロールは約20%なのです。


実は、日本人で食べ物から摂取するコレステロールで病気になる方はほとんどいないそうです。


高コレステロール血症」などの方を除く健康な人であれば、体内で血中コレステロール値を調節してくれるため、食品から摂取するコレステロール量を過度に気にする必要はありません。


それよりも、肝臓に負担をかけない生活習慣を作ることが大事なのです。


→ 肝臓の数値の読み方はこちら。


【関連記事】

卵を食べるとコレステロール値が高くなるのは嘘!?|たまごのコレステロール量と心筋梗塞の関係

コレステロールと中性脂肪の違い|コレステロール値と中性脂肪値を下げる方法(食事・運動・サプリ)




本当の悪玉とは、「酸化LDLコレステロール」

悪玉コレステロールは、その「悪玉」というネーミングからか、全く必要がないものと思われがちです。


しかし、悪玉コレステロールには、体内でつくられたコレステロールを組織に運ぶという重要なはたらきがあります。


本当に人間の健康にとって問題なのは、酸化LDLコレステロールなのです。


酸化LDLコレステロールは血管壁に付着し、動脈硬化を引き起こすことがわかってきています。


本当の悪玉とは、「酸化LDLコレステロール」ということを覚えておきましょう。


→ 酸化悪玉コレステロールとは・原因・数値(基準値)・測定(検査)・対策 について詳しくはこちら




悪玉コレステロールを下げる食品・食事

タウリンを含む食べ物

肝臓機能が強くなければ、LDLコレステロールを処理することはできません。

肝臓の機能が低下すると、コレステロールは処理できなくなり、血液中に溜まってしまい、動脈硬化や高コレステロール血症などを引き起こしてしまうのです。


肝臓機能をアップさせる食品は、タウリンを含む食品です。

タウリンとは、カキ・イカ・ホタテなど魚介類に多く含まれる成分です。

肝機能をアップさせ、コレステロール処理能力を高める働きを持っています。

魚介類の食事で肝臓機能をアップさせましょう。


→ タウリンを多く含む食品 についてはこちら。



タウリンサプリ通販

今なら最大18%引きのスーパーセール中!


食物繊維の多い食べ物

食物繊維には、コレステロールの低減に役立つ効果があるので、食物繊維が豊富な食品を摂取しましょう。

アメリカ農務省の2004年の研究報告によれば、30代〜50代のコレステロールが高めの人に大麦を中心とした食生活を5週間続けてもらった結果、悪玉コレステロールの値が13.8〜17.4%も減少したそうです。

アメリカ・ミネソタ大学の2007年の研究によれば、155名の悪玉コレステロールが高い方に大麦を6週間食べてもらった結果、悪玉コレステロール値が9〜15%減少したそうです。

大麦に豊富に含まれている「大麦βグルカン」という水溶性食物繊維は、コレステロールを材料とする胆汁酸を体外に排出してくれる働きがあるそうです。


→ 食物繊維の多い食品 について詳しくはこちら


大豆製品

大豆に含まれるレシチン・イソフラボンなどが悪玉コレステロールを下げる働きがあるそうです。

大豆レシチンを摂るには、『豆腐』を1日半丁食べるとよいそうです。


植物油

植物油には、コレステロールを抑える働きがあります。


HDLコレステロールが低く、中性脂肪が高いと真の悪玉である酸化LDLコレステロールが増えてくるといわれています。

マーガリンやショートニング、ファストフードや総菜などの揚げ油もできるだけ控えるようにして、中性脂肪に気を付けたいですね。


→ 中性脂肪を下げる食品・食事 について詳しくはこちら


ヨーグルト(乳酸菌)

毎日乳酸菌を摂っていた人は、悪玉コレステロールが減少し、総コレステロール値も下がったそうです。


→ 乳酸菌の多い食品 について詳しくはこちら


りんご

オハイオ州立大学の調査によれば、毎日りんごを食べると1ヶ月で悪玉コレステロールが40%減少することがわかったそうです。


酒粕

消化されにくい性質を持つレジスタントプロテインは小腸に行き、コレステロールなど食品の脂質や油を捕まえて、体の外に排出するしてくれることで、LDLコレステロール値が下がるそうです。


オメガ3を含む食べ物

悪玉コレステロールを減らす食事として、オメガ3脂肪酸DHA・EPA)の多い食事にしましょう。


→ オメガ3脂肪酸を多く含む食品 について詳しくはこちら。



オメガ3サプリ通販

1万円以上のご購入で送料無料!


悪玉コレステロールを下げる食品ニュース

コレステロール(悪玉コレステロールを下げる・善玉コレステロールを増やす)|世界一受けたい授業

コレステロールの新常識(LH比・悪玉コレステロールを減らす食事・善玉コレステロールを増やす運動)|主治医が見つかる診療所

LDLコレステロールを下げるための食品(青魚・大豆・食物繊維・酢)

心筋梗塞を防ぐカギは悪玉善玉比(悪玉コレステロールと善玉コレステロールの比率)|みんなの家庭の医学

ストレスによってLDLコレステロール(悪玉コレステロール)値が上がる?

毎日ヨーグルトを食べると悪玉コレステロールを減らせる!?

毎日りんごを食べると、悪玉コレステロールを40%も減らせる?

酒粕には動脈硬化の原因となるLDLコレステロールを下げる効果がある!?

「大麦」は悪玉コレステロールを減らして動脈硬化予防に役立つ食材|大麦レシピ|みんなの家庭の医学



悪玉コレステロール

会社概要サイトマップお問い合わせ


悪玉コレステロール関連ワード

コレステロール

HDLコレステロール

総コレステロール

高コレステロール血症

動脈硬化

中性脂肪

タウリン

オメガ3脂肪酸

肝臓

肝臓の病気

脂肪肝

亜鉛不足チェック

心筋梗塞

メタボリック


タウリンサプリ通販

→タウリンサプリ無料お試しサンプルへのお申し込みはこちら!


目の下のクマ解消法

目の病気

腎臓

低体温

肥満

高血圧


専門サイト

健康情報青汁えごまそば専門店ブルーベリー・ルテイン・カシス通販


健康情報なら舶来堂