糖尿病チェック

HomeHOME糖尿病チェック


糖尿病チェック(チェックリスト)

 

> HOME > 病気・症状 > 糖尿病 > 糖尿病チェック

糖尿病チェック

糖尿病になりやすい人のポイント(チェックリスト)をまとめましたので、一度チェックしてみて下さい。



【目次】



糖尿病チェック

糖尿病チェックリスト25問ありますので、どれくらい当てはまるかチェックしてみてください。


1.血液検査で血糖値が高いという診断を受けたことがある

2.肥満である、または、20歳の時より体重が10キロ以上多い

3.40歳以上である

4.近親者(親・兄弟)に糖尿病の人がいる

5.運動不足である

6.のどが渇くようになった

7.尿の量・回数が多くなった

8.尿の泡立ちがなかなか消えない

9.体重が急に落ちた

10.最近疲れやすくなった

11.尿検査で尿に糖が出た

12.目がかすむ

13.冷え性ではないのに、足が冷える

14.高脂肪・高カロリーの食事が好きだ

15.不規則な生活をしている

16.高血圧である

17.魚を食べず、肉をよく食べる(男性のみ)

18.ストレスが多い

19.週に一度でもお酒を飲み過ぎることがある

20.早食いである(毎回、食事は10分以内に済んでしまう)

21.食事のときに野菜を一緒にとらない(野菜嫌い)

22.糖分入りのコーヒー、炭酸飲料を1日5缶(本)以上飲む

23.喫煙習慣がある

24.歯周病がある

25.立ちくらみを起こすようになった

※糖尿病チェックリストの数が多く当てはまる方は糖尿病のリスクが高いと考えられます。


糖尿病チェック 先頭にもどる




⇒ 糖尿病の改善・予防 について詳しくはこちら

⇒ 血糖値を下げる方法・血糖値を下げる食品 について詳しくはこちら

⇒ 糖尿病の原因 について詳しくはこちら

⇒ 糖尿病の診断基準|数値・HbA1c(ヘモグロビンA1c) について詳しくはこちら




糖尿病チェック解説

血液検査で血糖値が高いという診断を受けたことがある

糖尿病の診断基準|数値・HbA1c(ヘモグロビンA1c)

1) 空腹時血糖126(mg/dl)以上

2) 75グラムのブドウ糖を飲み2時間後の血糖200以上

3)随時血糖200以上

4) ヘモグロビンA1c6.5%以上


血糖値を下げる方法・血糖値を下げる食品について詳しくはこちら


肥満である

肥満だと感じていなくても、20歳の時より体重が5〜10キロ以上多い場合には注意が必要。

⇒ 肥満 について詳しくはこちら


近親者(親・兄弟)に糖尿病の人がいる

糖尿病 血縁者、食後血糖値、運動不足に要注意によれば、糖尿病への注意が必要な人は、家族に糖尿病の発症者がいる人なのだそうです。

それは、糖尿病の発症には遺伝的要因が大きく関係するためなのだそうです。


40歳以上である

糖尿病のリスク要因には加齢があります。


運動不足である

糖尿病は「過食」「運動不足」が原因で加速する!によれば、運動不足になると、体の中の血糖コントロールするメカニズムが崩れてしまい、運動不足で大きくなった脂肪細胞は、血糖コントロールを悪くさせるホルモンを放出することも分かってきているそうです。

⇒ 糖尿病の運動療法 について詳しくはこちら

【関連記事】

<糖尿病>1日の歩行時間30分未満、糖尿病のリスク2割増

座る時間が増えると、糖尿病やメタボのリスクが増える!?

座る時間を1日90分短くすることで、糖尿病を防げるかもしれない!?

定期的なウエイトトレーニングで糖尿病発症リスクが34%抑えられる!?


のどが渇くようになった糖尿病の症状例

【関連記事】

のどの渇き|なぜ糖尿病になるとのどが渇くのか?|糖尿病の症状


尿の量・回数が多くなった糖尿病の症状例

【関連記事】

尿の量・回数が多い|なぜ尿の回数・量が増えるのか|糖尿病の症状

糖尿病が原因の頻尿と通常の頻尿の見分け方|糖尿病の症状チェック


尿の泡立ちがなかなか消えない糖尿病の症状例

【関連記事】

尿の泡立ちは病気のサイン!?おしっこの泡立ちがなかなか消えない原因とは?|糖尿病の症状


体重が急に落ちた糖尿病の症状例

【関連記事】

体重の減少|なぜ食べているのにやせるのか|糖尿病の症状


最近疲れやすくなった糖尿病の症状例

【関連記事】

全身がだるく、疲れやすい|なぜ糖尿病になると疲れやすくなるのか?|糖尿病の症状


尿に糖が出る糖尿病の症状例

【関連記事】

尿糖|なぜ糖尿病になると尿に糖が出るのか?|糖尿病の症状


目がかすむ糖尿病の症状例

【関連記事】

なぜ糖尿病になると目がかすむのか?|糖尿病の症状


足が冷える糖尿病の症状例

【関連記事】

足の冷え|なぜ糖尿病になると足が冷えるのか?|糖尿病の症状


高脂肪・高カロリーの食事が好きだ

【関連記事】

肥満から糖尿病や高血圧などの生活習慣病になる仕組み解明―阪大


不規則な生活をしている

糖尿病治療と一緒に不眠治療を行うことで、糖尿病が改善し、血管障害を予防できる可能性がある!?によれば、2型糖尿病患者の多くが睡眠障害を併発しているそうです。

糖尿病治療と一緒に不眠治療を行うことで、糖尿病が改善し、血管障害(血糖値動脈硬化)を予防できる可能性があるそうです。

睡眠不足になると、健康にさまざまな悪影響があります。

睡眠不足がすべての原因とはいえないでしょうが、睡眠不足をもたらす生活習慣によって、太りやすくなり肥満の原因となったり、糖尿病などの生活習慣病のリスクが高まることが考えられます。

徹夜をする子供は糖尿病のリスクが高まる?によれば、睡眠時間を毎日6時間、あるいはいつもより1時間でも多く睡眠をとった場合は、インスリン抵抗性が9%改善されたそうです。

今後、糖尿病治療に不眠治療を並行して行っていくことが増えていくかもしれません。

→ 睡眠時無呼吸症候群(SAS)の症状・原因・検査・治療 について詳しくはこちら

【関連記事】

睡眠障害のある患者は、糖尿病・高血圧・動脈硬化になりやすい?

【ジョブチューン】睡眠時間5時間以下は糖尿病リスクが5倍高い|良い睡眠のための食べ物・ストレッチ(白濱龍太郎)

また、夜勤が糖尿病のリスクを高める!?によれば、夜勤で働く経験がある人は、ない人に比べると、糖尿病になるリスクが高くなるそうです。

その理由の一つとして考えられるのが、「サーカディアンリズム」。

夜の出勤によって昼と夜の体のリズム「サーカディアンリズム」が狂い、これが代謝に影響を及ぼす。

規則正しい生活が糖尿病の予防・改善につながることを解明によれば、体内リズムに合わせて規則正しい生活を送ることが糖尿病の予防・改善につながるということが証明されたそうです。

目覚めと眠りを制御する脳内物質「オレキシン」が体内リズムに合わせて正常に働くことで血糖値を下げるそうです。

実験によれば、規則正しい生活を送ることによって、肝臓の糖代謝を促し、インスリンが効きにくくなるのを防ぐということもわかったそうです。

遅い夕食で体内時計が混乱し太る−早大によれば、夕食の時間が遅くなるなど食事の時間が乱れると、体内時計が乱れるそうです。

夜食を取ると、肝臓の「時計遺伝子」が乱れ、代謝異常になり、太りやすくなる?によれば、夜食など不規則な時間に食事を摂ると、インスリンの作用で肝臓の時計遺伝子のリズムが乱れてしまい、肝臓の代謝機能に異常を引き起こすそうです。

つまり、不規則な時間に食事をとると、体内時計のリズムが乱れ、肝臓の代謝機能に異常を引き起こし、それが肥満糖尿病になりやすくなるということですね。

だからといって、夜勤をしてくれる人がいなければ成り立たない仕事も多いです。

体内時計 ダイエット|たけしの家庭の医学?5月25日によれば、朝から朝日を浴び、朝食(たんぱく質を必ず)をとることで、体内時計がリセットされ、太りにくくなると考えられるようです。

規則正しい生活を送ると考えると少し難しく考えがちですが、朝から朝日を浴びて、朝食を食べて、体内時計をリセットしてみませんか?


⇒ 睡眠不足・不眠 について詳しくはこちら


高血圧である

高血圧は糖尿病などの合併症を起こしやすいといわれます。

それは、高血圧と糖尿病の危険因子(肥満、運動不足、喫煙など)が同じだからです。

高脂血症脂質異常症ともリスク要因が重なる部分が多いため、注意が必要です。


⇒ 高血圧 について詳しくはこちら

⇒ 高脂血症 について詳しくはこちら

⇒ 脂質異常症 について詳しくはこちら


魚を食べず、肉をよく食べる(男性のみ)

肉を多く食べる男性は糖尿病を発症する危険性が約4割高いによれば、肉を多く食べる男性はあまり食べない男性に比べて糖尿病の発症リスクが4割高い。

肉に多く含まれる鉄分などが、血糖値を下げるインスリンの効きを悪くしている可能性があり、また女性は体内の鉄の蓄積量が少なく、肉類摂取の影響を受けにくいと考えられるようです。

男性の糖尿病、魚で防ぐ 最大でリスク3割減によれば、魚を多く食べる男性は糖尿病になるリスクが低いという調査結果が出たそうです。

魚の脂に含まれるオメガ3(DHA・EPA)などの不飽和脂肪酸が、血糖値を下げるインスリンの分泌を促すと考えられるようです。

⇒ オメガ3 について詳しくはこちら

⇒ DHA・EPA について詳しくはこちら


オメガ3サプリ通販なら舶来堂へ


ストレスが多い

【関連記事】

仕事のストレスで女性の糖尿病リスク2倍に


週に一度でもお酒を飲み過ぎることがある

【関連記事】

週に1日でも飲み過ぎると、糖尿病になるリスクが高くなる!?


早食いである(毎回、食事は10分以内に済んでしまう)

糖尿病“やせ”の人こそ要注意によれば、早食いであると血糖値が急激に上昇してしまうので、注意が必要。

・早食いをやめ、20分以上かけてゆっくり食べること

・血糖値の急上昇を防ぐために、食物繊維の多い野菜と一緒に食べるようにする

・食後血糖値を調べておく

⇒ 食物繊維の多い食品 について詳しくはこちら

【関連記事】

<香川県>糖尿病による死亡者数ワースト3位|炭水化物(うどん)の重ね食べ・早食いなど県民の食習慣が原因?


食事のときに野菜を一緒にとらない(野菜嫌い)

緑色の葉物野菜には、抗酸化物質マグネシウムが豊富であることによって、糖尿病のリスクを減らすのではないかと考えられるようですが、これを裏付けるためにはさらなる研究が必要になりそうです。

⇒ 抗酸化物質 について詳しくはこちら

⇒ マグネシウム について詳しくはこちら

【関連記事】

2型糖尿病予防には緑色の葉もの野菜が有効、英研究

マグネシウムが糖尿病抑制

糖尿病の前段階の人はマグネシウムを摂取すると血糖値が改善する!?


野菜不足が気になる方に

青汁通販オンラインショップ

【最大15%OFF】有機ケール100%の青汁が今ならオトクな価格でご提供しています。

糖尿病が気になるあなたは糖分の入っていない青汁をお選びください。⇒青汁無料お試しサンプルはこちら!


糖分入りのコーヒー、炭酸飲料を1日5缶(本)以上飲む

糖分をたっぷり含んだ飲み物を飲むと、血糖値が急激に上昇してしまいます。

【関連記事】

砂糖入り飲料を習慣的に飲むと糖尿病リスクが上昇する!?


喫煙習慣がある

糖尿病患者の喫煙はリスクをより高めるによれば、糖尿病患者の方が喫煙すると、心臓発作や脳梗塞コレステロールや血圧の上昇、血糖値の上昇などのリスクが高まるようです。


歯周病である

糖尿病の人はそうでない人に比べて歯肉炎や歯周病にかかっている人が多いといわれています。

それは、糖尿病になると、唾液の分泌量が減って歯周病菌が増殖したり、免疫機能や組織修復力が低下して、歯周病が発症・進行しやすくなるからだと考えられます。

糖尿病と歯周病との関連 免疫低下で原因菌増加によれば、糖尿病と歯周病の関連性は疫学調査や動物実験などで明らかにされており、糖尿病を多く発症する米アリゾナ州のピマインディアンを対象にした調査では、歯周病の発症率が糖尿病ではない人に比べて二・六倍高い、といったことも分かっているそうです。

なぜ、糖尿病の人は歯周病になりやすく、また治りが遅いのでしょうか?

高血糖状態が長く続くと、血液中に体内のタンパク質に糖が結合した糖化たんぱくが増加し、体内に侵入した細菌やウィルスを捕食・消化し、その情報をリンパ球に伝える働きを持つマクロファージを刺激し、ある特定のサイトカイン(細胞同士の情報伝達を担うタンパク質で、過剰に分泌されると、自らの組織が破壊されることがある)の分泌量が増え、歯周病が悪化するのではないかと考えられるそうです。

糖尿病と歯周病との関連 免疫低下で原因菌増加で紹介した愛知学院大歯学部歯周病科(名古屋市)の野口俊英教授によれば、糖尿病と歯周病には5つの共通点があるそうです。

  1. 初期に顕著な自覚症状がない
  2. 罹患率が高い
  3. 生活習慣病
  4. 慢性疾患
  5. 病気の進行のメカニズムが似ている

さらに最近、歯周病になると糖尿病の症状が悪化する、という逆の関係も明らかになってきて、糖尿病を持つ歯周病患者に治療を行うと血糖値が改善したという報告もあるそうです。

なぜ糖尿病をもつ歯周病患者に歯周治療を行うと、血糖値が改善するのでしょうか?

糖尿病と歯周病との関連 免疫低下で原因菌増加によれば、歯周病が重症化すると、その細菌と戦おうと「TNF−α」と呼ばれるタンパク質が出されるが、そのTNF−αがインスリンの働きを悪くして、血糖値のコントロールをも悪化させるそうです。

そこで、糖尿病をもつ歯周病患者に歯周治療を行うと、サイトカインの分泌量が減少し、細胞内へのブドウ糖の取り込みが阻害されることが少なくなるので、血糖値のコントロールができるようになると考えられます。

糖尿病の合併症には糖尿病腎症糖尿病網膜症糖尿病神経障害などの合併症がありますが、歯周病も6番目の糖尿病合併症であると認められているそうです。

糖尿病・歯周病ともに予防することが大変重要なので歯周病ケアをやっていきましょう。

→ 歯周病 についてはこちら。

【関連記事】

なぜ、糖尿病の人は歯周病になりやすく、また治りが遅いのか?

歯周病から糖尿病が悪化する?|そのメカニズムと歯周病予防のポイント


⇒ 歯周病 について詳しくはこちら


立ちくらみ糖尿病の症状例

【関連記事】

なぜ糖尿病になると「立ちくらみ」が起こるのか?|糖尿病(糖尿病神経障害)の症状


糖尿病チェック 先頭にもどる



実際の糖尿病については、専門医の受診をおすすめいたします。



糖尿病を予防する方法

タウリン

タウリンには、すい臓機能を高め、インスリンの分泌を良くする働きがあると言われ、糖尿病の予防に良いとされています。


→ タウリンを多く含む食品 についてはこちら。


糖尿病高血圧高脂血症などに関係しているのはマグネシウムタウリンであることが研究でわかっているそうです。

タウリン・マグネシウムを含む食品の代表例としては、カキ(牡蠣)です。

→ カキの栄養 について詳しくはコチラ


タウリンサプリ通販

【最大18%OFF】タウリンサプリを今ならお得な初回購入者価格・スーパーセール価格で購入できます!


亜鉛

糖尿病の人はインスリンの作用が十分でないため、細胞が十分な量のブドウ糖を血液中から取り込むことができません。

その結果、体のエネルギーが不足し、疲れやすくなります。

すい臓でインスリンを作る際には、亜鉛が欠かせません。

亜鉛にはインスリンの働きを持続させる働きもあります。


→ 亜鉛を多く含む食品 についてはこちら。


亜鉛サプリ通販

【最大18%OFF】亜鉛サプリを今ならお得な初回購入者価格・スーパーセール価格で購入できます!


マグネシウム

食事でマグネシウムを摂取している人は生活習慣病の糖尿病になりにくいということが福岡県久山町の住民の健康診断データを21年間にわたって追跡した九州大チームの調査で確認されたそうです。

【参考記事】

マグネシウムとタウリンを多く摂取している人は、高血圧・高脂血症・糖尿病・肥満が少ない?|世界一受けたい授業 12月4日


※糖尿病を予防するためには、食事・運動の両方から考えることが重要です。


糖尿病が気になるあなたが見逃すと損をする!

⇒ 糖尿病の改善・予防 について詳しくはこちら

⇒ 血糖値を下げる方法・血糖値を下げる食品 について詳しくはこちら

糖尿病チェック 先頭にもどる




糖尿病チェック

会社概要サイトマップお問い合わせ


糖尿病チェック関連ワード

糖尿病の症状

糖尿病の診断基準(血糖値・HbA1c)

糖尿病を予防する方法

糖尿病危険度チェック

糖尿病の原因

糖尿病の合併症

糖尿病の食事(食事療法)

糖尿病の運動(運動療法)

糖尿病の検査

血糖値(正常値・食後血糖値・空腹時血糖値)・血糖値を下げる食品

糖尿病網膜症

糖尿病性腎症

糖尿病性神経障害

「3年間の糖尿病発症を予測するリスクスコア」を健診データで簡単に判定できる!?

こんな生活をしていると「糖尿病(糖尿病予備軍)」になるかも!?|ある社会人男性の生活


病気・症状

メタボリック

ダイエット

痛風

目の病気 症状


専門サイト

健康情報青汁えごまそば専門店ブルーベリー・ルテイン・カシス通販


健康情報なら舶来堂