抗酸化食品|抗酸化作用・抗酸化物質−病気・症状チェック

HOME抗酸化作用・抗酸化物質会社概要サイトマップお問い合わせ


抗酸化食品|抗酸化作用・抗酸化物質

 

抗酸化作用とは

抗酸化作用とは、活性酸素から体を守る(活性酸素を抑える)作用のことを言います。



目次



活性酸素とは

活性酸素は、人間が生きている限り、全身の細胞で発生し続け、これが原因で人間に及ぼす弊害は200種類にもなります。

ガン、心臓病、脳卒中などの生活習慣病はほとんどこの活性酸素が原因ではないかといわれています。

タバコ、お酒、食生活の乱れ、環境汚染、紫外線の増加など外部からよくない刺激を受けると、活性酸素が一気に増加して、ガンなどの原因となるのです。

例えば、夏、紫外線によって肌荒れしますが、これは活性酸素の仕業なのです。紫外線が当たった場所に活性酸素が発生して、肌を酸化させます。そして、シミシワ、肌荒れ、くすみになるわけです。

私たちの体には、本来、この活性酸素を抑える力(抗酸化力)があります。

例えば「抗酸化酵素」と呼ばれる、活性酸素の酸化力に抵抗する物質「SOD(スーパーオキサイドジスムターゼ)」や、皆さんもご存知の「コエンザイムQ10」という補酵素などがあります。

しかし、20歳前後を境に人間は老化するので、それにつれて抑える力が弱くなっていきます。

また、現代人の生活は、ストレスや疲れ、タバコ、お酒、食生活の乱れなどによる活性酸素が増加させる要因がたくさんあります。

活性酸素から体を守るためにも、外から活性酸素を抑える力を借りなければなりません。

それには、活性酸素を抑える=抗酸化作用がある野菜や果物をとる必要があります。



抗酸化物質とは

抗酸化作用を持つ物質を抗酸化物質と呼びます。

主な抗酸化物質は以下の通りです。

●フィトケミカル(植物性食品に含まれる物質)

・カロテノイド(βカロテン、ルテイン、アスタキサンチン、リコピン)

・ポリフェノール(アントシアニン・ケルセチン・ルチン・カテキン・イソフラボンなどのフラボノイド等)

●ビタミン(ビタミンA、ビタミンE、ビタミンC)

●CoQ10、αリポ酸



抗酸化作用のある野菜や果物などの食品・食べ物

  • アントシアニン(ブルーベリーカシス
  • ケルセチン(そば)
  • ルチン(そば)
  • カテキン(お茶)
  • イソフラボン(大豆)
  • カルコン(明日葉)
  • クロロゲン酸(コーヒー豆)
  • ロズマリン酸(シソ)
  • ゴマリグナン(ゴマ)
  • クルクミン(ウコン)
  • タンニン(お茶)
  • スルフォラファン(ブロッコリー)
  • βカロチン(緑黄色野菜)
  • リコピン(トマト)
  • カプサイシン(唐辛子)
  • アスタキサンチン(鮭・イクラ)
  • ルテイン(ケール・ほうれん草)
  • フコイダン(海藻)
  • βグルカン(キノコ)
  • ペクチン(リンゴ)

抗酸化物質のほとんどは、日ごろから食べている野菜や果物に含まれています。

つまり、日ごろから、好き嫌いなく、バランス良く積極的に野菜や果物を食べていれば不足することはないと考えられます。

しかし、一人暮らしの方や外食が多い方などは野菜不足になりがちです。

また、高カロリー・高脂肪な肉食中心の欧米型の食事は、体が酸化しやすいため、活性酸素の攻撃を受けやすいと考えられます。

少しずつ食生活を変え、上手に抗酸化作用があるサプリメントを取り入れて、活性酸素を抑えましょう。


ルテインについて詳しくはこちら



抗酸化酵素とミネラル

だからといって、抗酸化作用のある食品だけを食べていればよいというわけではありません。

抗酸化物質の働きを助け、その効果を高める亜鉛やセレンなどのミネラルも必要です。

つまりは、バランス良い食事をとることが最も抗酸化作用を発揮できる食事といえるのです。

⇒抗酸化物質の働きを助けるミネラル豊富なサプリメントはこちら



→ポリフェノールサプリを選ぶなら!
→まとめ買いセール中!詳しくはこちら!

健康食品通販

1万円以上のご購入で送料無料。
今なら10%引きのお得な初回購入者価格・まとめ買いセール特価で提供中!


抗酸化作用・抗酸化物質特定商取引に基く法律サイトマップお問い合わせ

専門サイト

健康食品通販青汁えごまそば専門店ブルーベリー・ルテイン・カシス通販


健康食品通販なら舶来堂