脂肪肝を治す方法|脂肪肝の改善方法(食事・運動・サプリ)



脂肪肝の改善方法

脂肪肝改善!脂肪肝に良い食事・運動・サプリメントで脂肪肝を改善しましょう。

⇒今すぐご注文の方はこちらをクリック!

脂肪肝の改善方法とは

先日放送された2つのテレビ番組(ためしてガッテン・たけしの本当は怖い家庭の医学)で肝臓の病気である脂肪肝の改善方法について紹介されていたので、まとめてみます。


脂肪肝の改善方法(食事編)

内臓を若返らせるプロジェクト

横浜ベイスターズの工藤さんは、暴飲暴食がたたり、肝臓が悪くなっていたそうです。

※過度のアルコール摂取によるアルコール性肝炎、カロリーオーバーの食事による脂肪肝、それと同時にほかの内臓にも脂肪がたまり内臓脂肪の炎症で肝炎を引き起こしていたと考えられる。

そこで工藤さんの奥様が肝臓を回復させるため、たどりついた食事とは、出来る限り多くの食材を使うようにすることだったそうです。

さまざまな食材の組み合わせのキーワードは「まごわやさしい」。

  • 「ま」は、豆類。
  • 「ご」は、ゴマ類。
  • 「わ」は、わかめなど海藻類。
  • 「や」は、野菜類。
  • 「さ」は、魚(魚介類)。
  • 「し」は、しいたけなどきのこ類。
  • 「い」は、いも類。

この食事は、肝臓にどのような影響をもたらすのでしょうか。

脂肪抑え目でミネラル・ビタミン・繊維質が多く、脂肪肝の治療になると考えられるそうです。

また、中性脂肪を抑えるために効果的なEPA・DHA等を含む良質なたんぱく源を多く摂っていることもよいそうです。

そして、継続しやすいように炭水化物をしっかり摂っていたこともポイントでした。

しかし、毎日こうした食事を続けるのは難しいこと。

忙しい人が青汁やサプリメントで不足分を補うのは良い健康法なのだそうです。

※ミスユニバース日本代表の宮坂絵美里さんは、ミスユニバースジャパンの専属栄養士エリカ・アンギャルさんからすすめられたマルチビタミンやオメガ3(DHA・EPA)のサプリメントを摂っているそうです。

オメガ3脂肪酸を多く含む食品 について詳しくはこちら。


⇒オメガ3サプリメントのご注文はコチラ!

オメガ3通販なら舶来堂へ

オメガ3を含む食品・サプリメントがございます。1万円以上のご購入で送料無料。


脂肪肝を改善・予防するには、低カロリー・低脂肪食を心がけ、そして運動有酸素運動)を行なっていくことが大事なようです。

しかし、外食や日ごろの付き合いなどがある人は、毎日低カロリー・低脂肪食を続けることができません。

先日の放送によれば、毎日続けなければならないと考えるのではなく、数日単位・週単位で食事をみていけばよいようです。

数日、高カロリー・高脂肪の外食が続いたら、数日間低カロリー・低脂肪の食事を行なって、体(肝臓)をリセットさせましょう。

そして、食事の内容としては、キーワード「まごわやさしい」に合わせて、食材の組み合わせを考えていけばよいようです。

しかし、毎日こうした食事を続けるのは難しいことですので、青汁やサプリメントで栄養の不足分を補っていけばよいようですね。

ミネラル・ビタミン豊富な食材として、おすすめは牡蠣(カキ)

牡蠣(カキ)

カキには、亜鉛などのミネラルやビタミンB1、B2などのビタミンが含まれています。

しかし、毎日カキを食べるのは大変ですし、レシピを考えるのも大変ですよね。

日常的にカキに豊富に含まれるミネラル・ビタミンを摂りたいという方はぜひサプリメントを活用してください。


⇒お酒を飲む方・生活習慣が気になる方に
亜鉛などミネラル・ビタミンが豊富なサプリメントのご注文はコチラ!

亜鉛サプリ通販

1万円以上のご購入で送料無料。
今なら最大18%OFF!お得な初回購入者価格・まとめ買いボーナスセール特価で購入できます!


タウリンは脂肪肝を良くする

近年、若い人たちの間で増えつつある脂肪肝は、肝臓に脂肪が溜まり、動脈硬化を始めとするさまざまな生活習慣病を引き起こす、極めて危険な症状です。

*脂肪肝とは、肝臓に中性脂肪がたまった状態で、肝臓の肥満症です。

カキに含まれるタウリンは、肝臓に溜まった中性脂肪を肝臓の外に出してくれ、そして脂肪肝を良くする働きがあるのです。

つまり、タウリンが肝臓に入ると、まず肝臓内の中性脂肪を取り除きます。さらに肝臓から脂肪を外に排出する働きをしてくれます。

食事療法としては、タウリンを含むカキなどを食事に取り入れて、脂肪肝を予防しましょう。

タウリンを多く含む食品 について詳しくはこちら。

【関連記事】

【芸能人健康診断】脂肪肝・NASH予防にはタウリンが豊富な牡蠣(カキ)|ヒルナンデス 1月27日



タウリンサプリ通販


エゴマに含まれる「ルテオリン」に脂肪肝・NASH・肝がん予防効果

名古屋市立大の研究グループが、エゴマに含まれる抗酸化作用が強い「ルテオリン」という成分がNASH(非アルコール性脂肪肝炎)や、それに伴う肝細胞のがん化を抑制することを発表したそうです。

エゴマを日常的に摂取することで脂肪肝NASH肝臓がんを予防することができるかもしれません。

【関連記事】

エゴマに含まれる「ルテオリン」に脂肪肝・NASH・肝がん予防効果|名古屋市大



レンコンのプロスタグランジンで脂肪肝対策

蓮根に含まれるプロアントシアニジンが脂肪肝対策につながると期待されるそうです。

プロアントシアニジンは、肝臓の中性脂肪の元になる脂肪酸が作られることを防ぐことで、肝臓に脂肪として蓄積されるのを抑えてくれるそうです。

プロスタグランジンを肥満・糖尿病のマウスに3週間投与した実験によれば、肝臓の中性脂肪濃度が62%減少したそうです。

【関連記事】

レンコンのプロスタグランジンで脂肪肝対策|肝臓の中性脂肪濃度が減少



コーヒー

三越総合健診センターの船津和夫所長らの調査によれば、コーヒーに脂肪肝を抑制する効果があることが分かったそうです。

脂肪肝の人はコーヒーを飲む量が少なく、飲む量が減った人は発症する率が高かったそうです。

脂肪肝を予防・改善するためには、1日に2杯以上のブラックコーヒーを飲むとよいそうです。

【関連記事】

コーヒーに脂肪肝予防効果|飲む量減ると発症しやすく



不飽和脂肪酸やオメガ3脂肪酸の油

不飽和脂肪酸は、HDLコレステロールを増やし、LDLコレステロールを減らす働きがあると言われています。

また、オメガ3脂肪酸は、中性脂肪を減らす効果が期待されています。

→ オメガ3脂肪酸 について詳しくはこちら



脂肪肝の改善方法(運動編)

脂肪肝・脂肪筋の簡単改善法とは

脂肪肝や脂肪筋はどのようにすれば改善できるのでしょうか。

脂肪肝は、数日間低脂肪食にするだけでも改善することがわかってきているそうです。

また、脂肪筋は、ゆっくりジョギングを1時間行うだけでも改善できるそうです。

つまり、脂肪肝・脂肪筋はなりやすいけれども、改善しやすいとも言えます。

また、番組に出演した専門家によれば、初期の糖尿病であれば、簡単に元の状態に戻すことも可能であり、多少食べすぎても、数日単位・週単位で体をリセットすることを考えればよいそうです。


週250分の運動で脂肪肝改善 「やせなくても効果あり」―筑波大研究グループ

肥満の人は、週250分以上早歩きなどのやや強めの運動をすると、体重が減らなくても、肝臓に蓄積した脂肪が減少したり、善玉コレステロールや肝臓の炎症を防ぐ物質が増えていることがわかったそうです。


【関連記事】

運動によって非アルコール性脂肪肝の脂肪蓄積と肝硬度は改善する|筑波大

週150分の早歩きを続けるだけでも、肝臓の中性脂肪が減っており、脂肪肝・NAFLDの改善が期待できる

肝臓から分泌されるホルモン「ヘパトカイン」であるセレノプロテインPが運動の効果を無効にする|運動効果に個人差がある原因の一つを解明|金沢大学


⇒青汁のご注文はコチラ!

青汁通販オンラインショップ

まとめ買いセール中です♪



健康情報ならハクライドウ