肝機能|肝機能障害・肝機能の数値

HOME肝機能・肝機能障害病気・症状


肝機能|肝機能障害

 

> HOME > 病気・症状 > 肝臓の病気 > 肝機能障害

肝機能障害とは

肝機能障害とは、肝臓が何らかの異常によって障害を受けることにより、正常に機能しなくなることをいいます。

ALT(GPT)AST(GOT)γ-GTPといった肝機能の数値で肝機能障害がどの程度の状態であるかを判断します。

肝臓は沈黙の臓器といわれ、自覚症状がないことが多いですが、進行すると全身倦怠感・食欲不振・黄疸などの症状が現れます。

肝機能障害をそのまま放置すると、肝炎肝硬変肝臓がんなどに進行する恐れがあります。



目次



肝機能の数値・検査

血液検査で、ALT(GPT)AST(GOT)γ-GTPといった肝機能の数値から肝機能障害がどの程度の状態であるかを判断します。

ALT(GPT)AST(GOT)|肝機能の数値

AST(GOT)・ALT(GPT)はともにアミノ酸をつくり出す酵素で、ALT(GPT)のほとんどは肝臓に存在する酵素で、AST(GOT)は、肝臓の細胞以外にも、心臓の筋肉や手足の筋肉、赤血球などにも含まれている酵素。

*従来「GOT(グルタミン酸オキサロ酢酸トランスアミナーゼ)」、「GPT(グルタミン酸ピルビン酸トランスアミナーゼ)」といたが、近年GOTを「AST(アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ)」、GPTを「ALT(アラニンアミノトランスフェラーゼ)」に変更し、国際的な標準になりつつある。

ALT(GPT)・AST(GOT)はともに肝臓の細胞が障害を受けると、血液中に酵素が流れ出すことで、ALT(GPT)・AST(GOT)の数値が上がります。

したがって、肝機能に異常があった場合は、ほとんどの場合ALT(GPT)・AST(GOT)両方の数値が上がります。

ALT(GPT)の大部分は肝細胞に含まれるので、ALT(GPT)の数値が高い場合は、肝臓病(肝臓の病気)が疑われます。

ただし、AST(GOT)の数値だけが高く、ALT(GPT)の数値が高くない場合は、心筋梗塞や筋肉の組織が壊れたなどということを判断する材料となります。

ALT(GPT)がAST(GOT)の数値を上回っているときは、脂肪肝や慢性肝炎 などが疑われ、AST(GOT)がALT(GPT)の数値を上回っているときは、肝硬変肝臓がん、アルコール性肝炎、心筋梗塞などが疑われます。


■ALT(GPT)・AST(GOT)の正常値

診断でわかる肝機能数値の正常値は以下の通りとなっています。


AST(GOT)…40IU/L単位以下

ALT(GPT)…40IU/L単位以下


■ALT(GPT)・AST(GOT)の数値が高い(悪い)原因

ALT(GPT)・AST(GOT)が100以下(40IU/L単位以上で)の場合には、慢性肝炎、肝硬変、脂肪肝などが考えられる。100以上になるとウイルス性肝炎の疑いがある。


隠れ肝臓病|ためしてガッテン(NHK)より

※最近、肝機能検査の一つ、GPT(ALT)の基準値が変わってきたそうです。

これまでは、40までが基準値内とされてきましたが、最新の研究でGPT(ALT)が31以上ならば、肝機能に異常がある可能性が高いそうです。


γ-GTP|肝機能の数値

γ-GTPは、肝臓、腎臓、すい臓、脾臓、小腸などに含まれている解毒作用に関係している酵素で、アルコールに反応します。

このγ-GTPは肝臓や胆管の細胞が死んだときに血液中に流れ出すため、肝臓や胆管の細胞がどれくらい壊れたかを示す一つの指標になります。

特にアルコール性肝障害や、胆石で胆道が塞がれたときに数値は上がりやすいと言われています。

血液中にγ-GTPが流れ出ること自体は、体に悪いことではなく、γ-GTPがなぜ増えているのかということが注目すべきポイントです。

γ-GTP値が高いと、肝臓の細胞などが壊されているのではないかという恐れがあります。


■γ-GTPの正常値

診断でわかる肝機能数値の正常値は以下の通りとなっています。


γ-GTP(正常値)男性…50IU/L単位以下

γ-GTP(正常値)女性…32IU/L単位以下


■γ-GTPの数値が高い(悪い)原因

正常値を下回っている分には問題ありませんが、数値が上回っている場合には、肝臓に負担がかかっていると考えられます。γ-GTPの数値が高くても100以下であれば、禁酒などお酒・アルコールを控えることで正常値に戻ると考えられます。

しかし、100以上であれば、脂肪肝が進行していると考えられるため、病院で診ていただくことをおすすめします。


■ LDH|肝機能の数値

LDH(乳酸脱水素酵素)とは、アルコールの代謝を促進する上で重要な酵素で、糖質をエネルギーに変える働きをしています。

LDHの数値が高いということは、何らかの異常で肝臓が障害を受けていることが考えられます。

急性肝炎肝臓がん心筋梗塞などの疑いがありますので、その際にはぜひ病院で診てもらいましょう。


■ ALP(エーエルピー)|肝機能の数値

ALP(アルカリホスファターゼ)は、体内のほとんどの臓器や骨に含まれている酵素です。

胆道に異常があると胆汁がうまく流れなくなり血液中に増え、数値が高くなります。

ただ、ALPは体内のほとんどの臓器や骨に含まれている酵素で、骨の疾患でもALPの値が上がるため、肝臓の病気が疑われるかどうかは、ほかの肝機能検査、ALT、AST、γ-GTPなどの値も参考にして診断されます。

ALPが異常値で、ALTやASTの値にも異常がある場合は、肝炎・肝硬変・肝臓がんなどの肝臓の病気や胆汁うっ滞・胆石・胆道系のがんなど胆道の病気が疑われます。




肝機能検査ではわからない!肝炎ウイルス

肝機能検査が正常値でも肝炎ウイルスに感染している場合があります。

肝炎ウイルスに感染しているかどうかを知るためには、肝炎ウイルス検査を受ける必要があります。



肝臓に良い食べ物

●肝臓に良い食べ物は、タウリンを含む食べ物です。

肝臓から分泌される胆汁酸には、コレステロールを排泄させる働きがありますが、タウリンを含む食品を摂取するによって胆汁酸の分泌が増え、血液中のコレステロール値も下がります。

●タウリンには、酵素の働きを助ける働きがあるので、アルコールの分解を早め、肝臓への負担を軽くしてくれます。また、タウリンには、腎臓や肝臓の有害ミネラルである毒素を濾過する機能をUPさせてくれます。

●カキに含まれるタウリンは、肝臓に溜まった中性脂肪を肝臓の外に出してくれ、そして肝臓(脂肪肝)を良くする働きがあるのです。

つまり、タウリンが肝臓に入ると、まず肝臓内の中性脂肪を取り除きます。さらに肝臓から脂肪を外に排出する働きをしてくれます。

肝臓に良い食べ物として、タウリンを含むカキなどの魚介類を食事に取り入れましょう。


タウリンについて詳しくはこちら



→タウリンサプリメントを選ぶなら!
お酒をよく飲む方に

タウリンサプリ通販

1万円以上のご購入で送料無料。
今なら初回購入者価格・まとめ買いセール特価で提供中!
→無料お試しサンプルはこちら!


●また、肝臓に良い食べ物として、コレステロールを下げる食品だといわれているオメガ3脂肪酸(DHA・EPA)の多い食事にしましょう。


オメガ3脂肪酸を含む食品について詳しくはこちら


まとめ買いセール中!無料お試しサンプルはこちら!サプリメントを選ぶなら!健康食品通販なら舶来堂


オメガ3サプリ通販


●ブロッコリー新芽由来の機能成分「スルフォラファン」が「γ−GTP」といった肝機能の数値を改善したという結果が確認されたそうです。

【参考記事】

ブロッコリー新芽由来の成分「スルフォラファン」に肝機能改善効果―カゴメ



肝臓に良い食事の方法

●肝臓に負担をかけないためにも、アルコールを適量に。また、休肝日を作ることも大事。

●肝臓の病気の原因は、アルコールだけに限りません。脂肪分の多い食事や食べ過ぎ、運動不足、肥満などによっても起こります。食事の内容だけでなく、食習慣の改善も重要です。




肝機能・肝機能障害特定商取引に基く法律サイトマップお問い合わせ


肝臓肝臓の病気脂肪肝肝機能の数値ALT(GPT)AST(GOT)γ-GTPNASH亜鉛不足チェックタウリンメタボリックコレステロール


専門サイト

健康食品通販青汁えごまそば専門店ブルーベリー・ルテイン・カシス通販


健康食品通販なら舶来堂