肝硬変とは|肝硬変の症状・原因・食事

HomeHome肝硬変


肝硬変とは|肝硬変の症状・原因・食事

> HOME > 病気・症状 > 肝臓の病気 > 肝硬変

肝硬変とは

慢性肝炎の状態が長く続くと、「肝硬変」(肝臓が小さくて硬くなる)になります。

肝硬変は、肝臓が小さくて硬くなるだけでなく、正常に働くことのできる細胞の数が減り、肝臓の機能が失われていきます。

そして、肝臓がんを発症しやすい状態になります。


→ 肝臓の機能・働き について詳しくはこちら



目次



肝硬変の症状

初期のうちはほとんど自覚症状はありませんが、沈黙の臓器といわれる肝臓も肝硬変が進行するにつれて特徴的な症状があらわれてきます。

  • 尿の色が濃い
  • むくみ(体がむくむ)
  • 腹水
  • 疲れやすい
  • 食欲がない
  • 黄疸(おうだん)
    白目や肌が黄色くなる。
  • 女性化乳房
    お酒を飲み過ぎ、肝機能が落ちると、女性ホルモンが肝臓で分解できず、体内に蓄積して、乳腺が発達し、男性の胸が女性のように膨らんでしまうことがあるそうです。

少しでも上記のような症状が当てはまる場合は、一度受診してみましょう。



肝硬変の原因

肝硬変の原因としては、慢性肝炎の状態が長く続くことによって起こります。

アルコールが原因で生じるのがアルコール性肝硬変です。

炎症や線維化を伴うNASH(非アルコール性脂肪肝炎)からの肝硬変も増えています。




肝臓に良い食事療法・食品

●肝臓に良い食事・食品は、タウリンを含む食事・食品です。

肝臓から分泌される胆汁酸には、コレステロールを排泄させる働きがありますが、タウリンを含む食品を摂取するによって胆汁酸の分泌が増え、血液中のコレステロール値も下がります。


●タウリンには、酵素の働きを助ける働きがあるので、アルコールの分解を早め、肝臓への負担を軽くしてくれます。

また、タウリンには、腎臓や肝臓の有害ミネラルである毒素を濾過する機能をUPさせてくれます。


●カキに含まれるタウリンは、肝臓に溜まった中性脂肪を肝臓の外に出してくれ、そして脂肪肝を良くする働きがあるのです。

つまり、タウリンが肝臓に入ると、まず肝臓内の中性脂肪を取り除きます。さらに肝臓から脂肪を外に排出する働きをしてくれます。

食事療法としては、タウリンを含むカキなどを食事に取り入れましょう。


タウリンの多い食品について詳しくはこちら


肝臓は沈黙の臓器といわれています。

それは、肝臓は再生能力・代償能力に優れ、ダメージを受けても残った正常細胞が余分に働き、機能を維持するからです。

そのため肝臓に異常があっても気付かず、異常に気付いたときには病気がかなり進んでいることがあります。定期的に健診を受け、肝臓の数値をチェックしながら、肝硬変になる前にきちんとした食事・生活習慣を心がけましょう。



タウリンサプリ通販

→サプリ無料サンプル提供中!
→まとめ買いセール中!詳しくはこちら!



肝硬変

特定商取引に基く法律サイトマップお問い合わせ


■肝硬変関連ワード

肝臓病(肝臓の病気)

脂肪肝

肝臓

肝臓の数値

ALT(GPT)

AST(GOT)

γ-GTP

肝炎

NASH

肝硬変

肝臓がん

肝臓に良い食べ物|肝臓と食事

亜鉛不足チェック

タウリン

コレステロール


タウリンサプリ通販

→タウリンサプリ無料お試しサンプルへのお申し込みはこちら!


専門サイト

健康食品通販青汁えごまそば専門店ブルーベリー・ルテイン・カシス通販


健康食品通販なら舶来堂