肝硬変とは|肝硬変の症状・原因・食事

HomeHome肝硬変


肝硬変とは|肝硬変の症状・原因・食事

> HOME > 病気・症状 > 肝臓の病気 > 肝硬変

肝硬変とは

Cirrhosis of the liver (trichrome stain)

慢性肝炎の状態が長く続くと、「肝硬変(かんこうへん)」肝臓が小さくて硬くなる)になります。

肝硬変(Cirrhosis of the liver)の中でも、お酒を長期間継続して飲むことによって起こるのが、「アルコール性肝硬変」です。

肝硬変は、肝臓が小さくて硬くなるだけでなく、正常に働くことのできる細胞の数が減り、肝臓の機能が失われていきます。

そして、肝臓がんを発症しやすい状態になります。


→ 肝臓の機能・働き について詳しくはこちら



【目次】



肝硬変の症状

初期のうちはほとんど自覚症状はありませんが、沈黙の臓器といわれる肝臓も肝硬変が進行するにつれて特徴的な症状があらわれてきます。

少しでも上記のような症状が当てはまる場合は、一度受診してみましょう。


→ 肝機能の低下がわかるチェックリストと肝臓病の初期症状のサイン



肝硬変の原因

肝硬変の原因としては、慢性肝炎の状態が長く続くことによって起こります。

アルコールが原因で生じるのがアルコール性肝硬変です。

炎症や線維化を伴うNASH(非アルコール性脂肪肝炎)からの肝硬変も増えています。




肝硬変の予防

肝臓は沈黙の臓器といわれています。

それは、肝臓は再生能力・代償能力に優れ、ダメージを受けても残った正常細胞が余分に働き、機能を維持するからです。

そのため肝臓に異常があっても気付かず、異常に気付いたときには病気がかなり進んでいることがあります。

肝硬変を予防するためには定期的に健診で血液検査を受け、肝臓の数値をチェックしましょう。

ALT(GPT)AST(GOT)はともに肝臓の細胞が障害を受けると、血液中に酵素が流れ出すことで、ALT(GPT)・AST(GOT)の数値が上がります。

γ-GTPは肝臓や胆管の細胞が死んだときに血液中に流れ出すため、肝臓や胆管の細胞がどれくらい壊れたかを示す一つの指標になります。

→ 肝臓の数値|γ-GTP・GOT(AST)・GPT(ALT) について詳しくはこちら



肝臓に良い食事療法・食品

たんぱく質の摂取

肝臓の働きを助けるためには、タンパク質は欠かせません。

ただ、タンパク質は糖質や脂質のように体に貯蔵する仕組みがなく、過剰に摂取すると腎臓に負担をかけることもあるので、必要な分だけ毎日摂ることが重要です。

1日の目安としては、卵1個、魚1切れ、肉1切れ(80グラム程度)、豆腐半丁を目安にしましょう。

【関連記事】

肝臓の働きを高めるたんぱく質|「卵」には必須アミノ酸がバランス良く含まれている


Lーシステイン

L-システインは肝臓の代謝促進に欠かせないそうで、また美肌やシミ対策など肌の代謝のためにも重要なのだそうです。

L−システインは、雑穀やハチミツ、柑橘類の皮などに多く含まれているそうです。

【関連記事】

肝臓の代謝促進に欠かせないLーシステイン 必要量摂取、毎日心掛けて


タウリン

肝臓に良い食事・食品は、タウリンを含む食事・食品です。

肝臓から分泌される胆汁酸には、コレステロールを排泄させる働きがありますが、タウリンを含む食品を摂取するによって胆汁酸の分泌が増え、血液中のコレステロール値も下がります。


タウリンには、酵素の働きを助ける働きがあるので、アルコールの分解を早め、肝臓への負担を軽くしてくれます。

また、タウリンには、腎臓や肝臓の有害ミネラルである毒素を濾過する機能をUPさせてくれます。


カキに含まれるタウリンは、肝臓に溜まった中性脂肪を肝臓の外に出してくれ、そして脂肪肝を良くする働きがあるのです。

つまり、タウリンが肝臓に入ると、まず肝臓内の中性脂肪を取り除きます。さらに肝臓から脂肪を外に排出する働きをしてくれます。

食事療法としては、タウリンを含むカキなどを食事に取り入れましょう。


→ タウリンの多い食品 について詳しくはこちら



タウリンサプリ通販

→サプリ無料サンプル提供中!
→最大18%OFFのスーパーセール中!詳しくはこちら!


不飽和脂肪酸やオメガ3脂肪酸の油

不飽和脂肪酸は、HDLコレステロールを増やし、LDLコレステロールを減らす働きがあると言われています。

また、オメガ3脂肪酸は、中性脂肪を減らす効果が期待されています。

→ オメガ3脂肪酸 について詳しくはこちら


オメガ3サプリ通販


ルテオリン

名古屋市立大の研究グループ(内木綾助教)が、エゴマに含まれる抗酸化作用が強い「ルテオリン」という成分がNASH(非アルコール性脂肪肝炎)や、それに伴う肝細胞のがん化を抑制することを発表したそうです。

【関連記事】

エゴマに含まれる「ルテオリン」に脂肪肝・NASH・肝がん予防効果|名古屋市大


緑茶

お茶カテキンで肝臓をサポート!|お茶カテキン飲料で脂肪が減り肝機能が改善によれば、非アルコール性脂肪肝(NASH)の患者がお茶カテキン飲料を飲んだところ、脂肪が減り肝機能が改善したそうです。

非アルコール性脂肪肝が起きる原因としては、活性酸素が原因なのだそうで、その改善には抗酸化作用の高いものがよいようです。

【関連記事】

緑茶の消費量が多い女性は肝臓ガンが少ない!?お茶カテキンで脂肪が減り肝機能が改善


レンコン

プロアントシアニジンは、肝臓中性脂肪の元になる脂肪酸が作られることを防ぐことで、肝臓に脂肪として蓄積されるのを抑えてくれるそうです。

プロスタグランジンを肥満・糖尿病のマウスに3週間投与した実験によれば、肝臓の中性脂肪濃度が62%減少したそうです。

→ 中性脂肪とは? について詳しくはこちら

【関連記事】

レンコンのプロスタグランジンで脂肪肝対策|肝臓の中性脂肪濃度が減少


まごわやさしい

さまざまな食材の組み合わせのキーワードは「まごわやさしい」。

  • 「ま」は豆類。
  • 「ご」はゴマ類。
  • 「わ」はわかめなど海藻類。
  • 「や」は野菜類。
  • 「さ」は魚(魚介類)。
  • 「し」はしいたけなどきのこ類。
  • 「い」は、いも類。

この食事は、肝臓にどのような影響をもたらすのでしょうか。

脂肪抑え目でミネラル・ビタミン・繊維質が多く、脂肪肝の治療になると考えられるそうです。

また、中性脂肪を抑えるために効果的なEPA・DHA等を含む良質なたんぱく源を多く摂っていることもよいそうです。

【関連記事】

脂肪肝の改善 内臓を若返らせるプロジェクト|たけしの本当は怖い家庭の医学


オルニチン

アンモニアは細胞内でのエネルギー生産を妨げるため、疲労にも関係するとされており、肝臓で解毒機能が正常に働いていないと、アンモニアが解毒されず、疲労がたまってしまうと考えられます。

そこで、最近では、オルニチンを含む食品を食べることが注目を集めています。

→ オルニチン について詳しくはこちら

【関連記事】

しじみのオルニチン 継続使用で肝機能改善 ストレス軽減にも有効


肝臓を温める

1.肝臓をカイロで温める

肝臓の位置にカイロを貼り、外側から温めると、血流が増加し、代謝アップにつながるそうです。

肝臓の位置は、腹部の右上で、横隔膜の下にあります。

→ 肝臓の機能・働き・位置 について詳しくはこちら

2.毎日「茶節」(カツオ節の味噌汁+緑茶)を食べる

合わせ味噌・かつお節を入れて、緑茶を注ぐとできる「茶節」がよいそうです。

みそ:味噌は肝臓内に肥満を予防するアディポネクチンを作る

緑茶:カテキンは血糖値の上昇を緩やかにする

カツオ節:ヒスチジンは満腹中枢を刺激して、食べ過ぎを防いでくれる

【関連記事】

3.食後にごろ寝する

ごろ寝をするときに、頭と足を20〜30cmほど高くすることによって、肝臓に血液が集まり、肝臓の働きが活性化して、代謝アップにつながるそうです。

10〜15分ほどでOK。

30分以上してしまうと、逆効果になってしまうそうです。

【関連記事】

肝臓を温めるとダイエット効果がある?肝臓を温める3つの方法|#サタデープラス 12月26日


C型肝炎・NASHの人は鉄分の摂り過ぎには注意!

肝臓に良い食事は、肝臓の状態によって変わってきます。

C型肝炎・NASHの人は、肝臓にたまった鉄が酸化することで、肝臓に炎症を引き起こすことがあるので、鉄分のとりすぎに注意しましょう。

魚や肉に含まれる赤身や内臓には鉄分が多く含まれます。

【関連記事】

肝臓の食事で注意すべきことは、カロリーの摂り過ぎによる脂肪肝と鉄分の摂り過ぎ

肝臓の健康(ウコン・脂肪肝・NASH)|ためしてガッテン 6月29日


肝硬変になる前にきちんとした食事・生活習慣を心がけましょう。




肝硬変関連ニュース

NASHや肝硬変を改善するホルモン「IGF-I」を発見|神戸大グループ

マイクロRNAを使った肝線維化の治療・予防を行う方法を開発|マイクロRNA-29aは肝星細胞の活性化の抑制、治癒促進を助ける|大阪市立大

肥満の子供は脂肪肝になりやすく、肝硬変リスクも高い―大阪市立大

春一番さん、アルコール性肝硬変で死去

チョコレート、肝硬変患者に良薬である可能性=研究
肝硬変患者が、ダークチョコレートを食べることで、肝臓につながる血管内の血圧上昇が抑制されるようです。

健康診断の新たな基準値(肝機能)とは?|健診基準値が厳しすぎて健康な人でも上限超えてしまう!?

肝機能が低下すると中性脂肪がコントロールできなくなり脂肪肝になってしまう!?


実際の肝硬変については、専門医の受診をおすすめいたします。


肝硬変

会社概要サイトマップお問い合わせ


肝硬変関連ワード

肝臓

肝臓病(肝臓の病気)

脂肪肝

肝炎

NASH

NAFLD

肝硬変

肝臓ガン

肝機能障害

肝臓の数値

ALT(GPT)

AST(GOT)

γ-GTP

胆管・胆管がん

胆のう

肝臓に良い食べ物|肝臓と食事

脂肪肝の改善方法(食事・運動・サプリ)

肝臓がん予防によい食事・食べ物

亜鉛不足チェック

タウリン

痛風

メタボリック

コレステロール


タウリンサプリ通販

→タウリンサプリ無料お試しサンプルへのお申し込みはこちら!


専門サイト

健康情報青汁えごまそば専門店ブルーベリー・ルテイン・カシス通販


健康情報なら舶来堂