胆管とは・胆管がん

HomeHome胆管・胆管がん


胆管・胆管がん

> HOME > 病気・症状 > 肝臓 > 胆管・胆管がん

胆管とは

胆管は肝臓でつくられる胆汁を十二指腸まで導く導管です。

肝臓の中を走る肝内胆管と肝臓の外に出てから小腸までの肝外胆管に分けられます。



【目次】



胆管がんとは

肝臓ガンは大きく分けて2種類あり、はじめから肝臓にできる原発性肝臓がんと、他の臓器から転移して起こる転移性肝臓がんに分けられます。

原発性肝がんの場合は、肝臓を構成している細胞で分けて、「肝細胞がん」と「胆管がん(胆管細胞がん)」に分けられます。

胆管がんは胆管の粘膜から発生する悪性腫瘍です。

肝内胆管がんは肝臓にできたがんとして取り扱われます。


肝臓ガン(肝細胞がん) について詳しくはこちら




肝内胆管がんの症状とは

黄疸(おうだん)

なぜ胆管がんになると黄疸が出るのでしょうか?

「ビリルビン」は、赤血球に含まれる酸素や二酸化炭素を運ぶヘモグロビンの一部が代謝されて出来たものです。

ビリルビンは肝臓に運ばれて、グルクロン酸という物質と結合し、胆汁として胆管を通り、便の中へ排泄されています。

しかし、がんができたことによって胆管の中が狭くなり、胆汁が流れにくくなります。

そのことによって、胆汁が胆管から逆流して血管の中に入るようになると、血液中のビリルビン濃度が高くなり、皮膚や白目の部分が黄色くなってしまいます。

【関連記事】

黄疸(おうだん)|なぜ肝臓が悪くなると黄疸が現れるのか|肝臓の病気の症状


便が白っぽくなる

便の色は、胆汁に含まれるビリルビンによるものなのですが、胆汁が腸内に流れてこなくなると、便の色が白っぽい色になります。

→ 便(うんち)で体調チェック について詳しくはこちら


尿の色が茶色っぽく濃くなる

血液中のビリルビン濃度が高くなると、尿の中に排泄されることによって、尿の色が茶色っぽく、濃くなります。

【関連記事】

尿の色が濃い|なぜ尿の色が茶色っぽく濃くなるのか|肝臓の病気の症状


皮膚のかゆみ

血中にビリルビンや胆汁中の胆汁酸という物質が血管内に流れると、皮膚の末梢神経に刺激を与えることで、かゆみが生じると考えられます。


お腹が痛くなる

みぞおちや右脇腹に痛みが出てきます。


体重が減少する


発熱


食欲不振(食欲がなくなる)


全身倦怠感


これらの症状を見ると、肝内胆管がんの症状は、肝硬変を経て肝臓ガンになった症状と近いようです。

肝がんは進行するまで症状が出にくいことが特徴で、症状が出てきたときにはがんがかなり進行していることが多いようです。

そのため、定期検診を受けて、肝機能の異常がないかをチェックすることが重要になってきます。

→ 肝臓の数値・検査値|ALT(GPT)・AST(GOT)・γ-GTP について詳しくはこちら




胆管関連ワードニュース

ラグビーの元日本代表で、日本代表監督も務めた平尾誠二さん(53歳)の病気は「胆管細胞がん」

ノーベル賞・大村さんの抗寄生虫薬「イベルメクチン」、肝内胆管がんを抑制

川島なお美さん死去 2014年胆管がん手術 54歳

任天堂・岩田聡社長が胆管腫瘍のため死去 55歳


胆管・胆管がん肝臓

会社概要サイトマップお問い合わせ


肝臓関連ワード

胆石

胆のう

肝臓

肝臓病(肝臓の病気)

脂肪肝

肝炎

NASH

NAFLD

肝硬変

肝臓ガン

肝機能障害

肝臓の数値

ALT(GPT)

AST(GOT)

γ-GTP

胆管・胆管がん

肝臓に良い食べ物|肝臓と食事

脂肪肝の改善方法(食事・運動・サプリ)

肝臓がん予防によい食事・食べ物

亜鉛不足チェック

タウリン

痛風

メタボリック

コレステロール


タウリンサプリ通販

→タウリンサプリ無料お試しサンプルへのお申し込みはこちら!


目の下のクマ(くま)解消法

目の病気

腎臓

病気・症状

高血圧

低体温


専門サイト

健康情報青汁えごまそば専門店ブルーベリー・ルテイン・カシス通販


健康情報なら舶来堂