飛蚊症(ひぶんしょう)とは|飛蚊症の原因・症状・治し方・見え方 - 目の病気

飛蚊症や目の病気に関する情報もご紹介します。
 
病気・症状 > 目の病気 > 目の病気(飛蚊症)

飛蚊症とは

目の病気である飛蚊症(ひぶんしょう)の症状・原因・治し方・見え方について紹介。

飛蚊症とは|目の病気

飛蚊症とは、明るい所(白い壁、青空)などを見つめたとき、目の前に虫や糸くずなどの『浮遊物』が飛んでいるように見える症状のことをいう。

ほとんどの場合、問題ありませんが、重大な病気の初期症状として飛蚊症があらわれる場合もありますので、眼科専門医での検査をおすすめします。



飛蚊症の症状・飛蚊症の見え方

  • 虫や糸くずが飛んでいるように見える

飛蚊症の症状は、目の前を虫や糸くずのような「浮遊物」が飛んでいるように見えます。

飛蚊症の症状の特徴としては、まばたきや視線を動かしても、この浮遊物は一緒に移動し、目をこすっても全く消えることはないということです。

特に明るい所でははっきり見えます。



ルテインサプリを探している方は↓

カシス・ルテイン・ブルーベリーサプリ通販

⇒無料お試しサンプルはこちら!


飛蚊症の原因

飛蚊症の原因としては、生理的なもの、老化現象によるもの、病気によるものなどいくつか挙げられます。

1.生理的飛蚊症

病気としてではなく飛蚊症を感じる方もいます。母胎の中にいる時に本来は消えるべき硝子体の中の組織がそのまま残って飛蚊症として感じるものです。

しかし、この場合は程度も非常に軽く、病気ではありませんので、心配しすぎないようにしてください。

2.老化現象による飛蚊症

飛蚊症の原因として最も多いものが硝子体剥離です。この硝子体剥離の原因は、老化現象として起こります。

硝子体とその奥の網膜は普通ぴったりとくっついています。ゼリー状の硝子体は老化や近視眼で収縮します。収縮すると硝子体と網膜とは離れてしまいます。これが硝子体剥離という状態です。この時もとの接着部分が硝子体混濁となり、その影が飛蚊症となるのです。

本来この接着部分は一つの輪ですが、やがてその輪がくずれて幾つにも分かれます。従って飛蚊症は通常、最初は一つの大きな黒い輪のようなものが見えますが、やがて小さな幾つもの黒点に数が増え、位置が変わって、徐々に少なくなります。いずれ気付かなくなることも稀ではありません。

3.病気による飛蚊症

網膜剥離や網膜剥離の原因ともなる網膜の穴が開くこと、眼底出血などの病気による飛蚊症があります。できるだけ早く専門医の診察を受けることが大切です。



飛蚊症の治療法

飛蚊症を自覚した場合は、まずは自分で判断するよりも眼科での受診をオススメします。眼科の医師と飛蚊症の治療方針について良く相談の上、治療をして下さい。

飛蚊症の治療法について納得がいかなかった場合には、他の眼科の医師に尋ねてみるのも一つの方法です。

*現在、飛蚊症治療の研究にルテインが用いられているケースもあります。ただルテインは健康食品として利用する場合は、基礎的な栄養補給として利用してください。


→ルテインの健康効果について詳しくはこちら



カシス・ルテイン・ブルーベリーサプリ選びに悩むあなたに
→サプリ無料お試しサンプルはこちら!

カシス・ルテイン・ブルーベリーサプリ通販

カシス・ルテイン・ブルーベリーサプリが、今なら初回購入者価格・まとめ買いセール中!

健康に関するメルマガ購読のお申し込みはコチラ↓

メルマガ登録

登録

解除

powered byメール配信CGI acmailer


目の病気飛蚊症

目の疲れ目の充血肩こり頭痛目のくま解消法眼のかすみ老眼

目の痙攣近視ドライアイ加齢黄斑変性白内障緑内障目が痛い


飛蚊症(目の病気):ためしてガッテン(11月5日放送)


目の構造・視覚機能目の病気から守る食べ物・栄養病気・症状父の日ギフト2015母の日ギフト2015

専門サイト

健康食品通販カシス・ルテイン・ブルーベリー青汁そば・そうめん


健康情報なら舶来堂|健康食品通販ランキング