目の痙攣(まぶたの痙攣)

目の痙攣(まぶたのけいれん)や目の病気に関する情報もご紹介します。
 
病気・症状 > 目の病気 > 目の痙攣(まぶたの痙攣)

目の痙攣(まぶたの痙攣)

目の痙攣(まぶたの痙攣)

tired eyes

目の痙攣とは、目の周りの筋肉の瞼(まぶた)がピクピク痙攣することです。

目の痙攣には、一時的な目の痙攣と長く続く瞼の痙攣があります。

一時的な目の痙攣の多くは、疲れやストレスによるものが多く、あまり心配しすぎず、疲れのサインだと思って、まずはゆっくり休養をすることが大事です。

但し、目の痙攣が一時的なものではなく、あまりにも長く続く場合には、目の病気の可能性も考えられますので、眼科にて一度検査していただくことをオススメします。



目の痙攣の症状

目の痙攣の症状は、目の周りの筋肉の瞼(まぶた|上まぶた・下まぶた)が痙攣することです。

まぶたの痙攣の症状は、原因によって異なり、片側の瞼に生じるものや両側の瞼に生じるものがあります。



目の痙攣の原因

目の痙攣にもさまざまな種類があり、症状によってまぶたの痙攣の原因が異なります。

  • 一時的な目の痙攣の場合は、スマホやパソコン、読書、テレビ、ゲーム、勉強などで目を長時間酷使することやドライアイ、睡眠不足などが原因でまぶた(目)が痙攣していることが考えられます。
  • また、目の痙攣の原因には、ストレスや目の病気によるまぶたの痙攣もあります。目の痙攣が長く続き、一時的な目の痙攣でない場合は、病院で一度診てもらいましょう。


目の痙攣の予防

●目の痙攣が睡眠不足や眼精疲労が原因でない場合は、眼科専門医など病院で診てもらうことをおすすめします。

●目の痙攣(まぶたの痙攣)が疲れによる場合は、充分な睡眠・休養・バランスよい食事をとり、またカシスブルーベリールテイン・ビタミンなど健康補助食品を上手く利用するようにしましょう。

・スマホやパソコンをよく見ている人は、定期的に目を休める。

・遠くを見たり、目を動かして目の緊張を和らげる。

・まばたきの回数を意識的に多くする。

「20-20-20-20」という眼精疲労回復エクササイズは、20分おきに20フィート(約6メートル)離れたところを20秒間見つめながら、20回連続で瞬きをすると疲れ目に良いそうです。

・蒸しタオルで目のまわりを温め、血行をよくする。

・目の周囲をマッサージする。

目の周りの皮膚は非常に薄く、刺激を与えすぎるといけないので、目のクママッサージを参考にしてみてください。

→カシス(アントシアニン)の健康効果について詳しくはこちら

→ブルーベリー(アントシアニン)の健康効果について詳しくはこちら

→ルテインの健康効果について詳しくはこちら


カシス・ルテイン・ブルーベリーサプリ選びに悩むあなたに
→サプリ無料お試しサンプルはこちら!

健康食品通販なら舶来堂へ

カシス・ルテイン・ブルーベリーサプリが、今なら初回購入者価格・まとめ買いセール中!

健康に関するメルマガ購読のお申し込みはコチラ↓

メルマガ登録

登録

解除

powered byメール配信CGI acmailer


目の病気目の痙攣

目のくま解消法目の疲れ目の充血肩こり頭痛飛蚊症老眼スマホ老眼

眼のかすみ近視加齢黄斑変性白内障緑内障目が痛い


カシスルテインブルーベリービルベリー

目の病気から守る食べ物・栄養目の構造・視覚機能病気・症状


専門サイト

健康食品通販カシス・ルテイン・ブルーベリー青汁はちみつそば・そうめん


健康情報なら舶来堂|健康食品通販ランキング