コンシーラーによるメイクでひどい目のくまを消す方法・やり方

芸能人も悩むコンシーラーによるメイクで目のくまを消す方法

芸能人も悩む目のくまを消す方法に関するニュースをまとめました。

HomeHome > 病気・症状 > 目の病気 > 目の下のクマを取る方法 > コンシーラーによるメイクでひどい目のくまを消す方法・やり方

芸能人・有名人も目のくまに悩んでる!?

芸能人・有名人の方も目のくまには悩んでいるようです。



【目次】



目のくまの3つのタイプをチェック|目のくまを消す方法まとめ

目のクマ(青クマ・黒クマ・茶クマ)を消すポイントによれば、目のくまといっても目のくまには大きく分けて、茶ぐま・黒ぐま・青ぐまの3つのタイプに分けられます。

それぞれの原因によって、目のくまを消す方法は違ってきますので、まずは、それをチェックしてみましょう。

目の下のくま(青クマ・黒クマ・茶クマ)解消法 について詳しくはこちら



定番の人気カシスサプリ無料お試しサンプル♪

カシス・ルテイン・ブルーベリー専門店

→カシスサプリ無料モニターへのお申込みはこちら!


目の下のクマを隠すためにNGメイクしてない?上手に消すための3つのポイント

1.肌の色にあったコンシーラーを使う

すっぴん風メイクで一番難しいのは、「クマが消えない」ことによれば、青くまにはオレンジ系、茶くまにはイエロー系のコンシーラーで薄塗りする目立たなくなると紹介しましたが、元々の肌の色と違う色をつけるとかえって目立つことになりがちなので、本来の肌に近い色または一段階暗い色をつけるとよいようです。


2.隠そうと思って厚塗りをしない=薄塗りを心掛ける

目のくまを隠そうと思って厚塗りをしてしまうとかえって目立つ結果になってしまいます。

コンシーラーはごく少量使いましょう。

少量使う理由は、時間とともに皮脂によるメイク崩れが起こりやすいためです。

リキッドタイプだと、厚塗りになりやすく、時間とともに崩れやすいので、少量でもカバー力が高い固形タイプを薄塗りにすることで自然な仕上がりとなりやすいです。

また、仕上げにはファンデーションではなく、フェイスパウダーを使うのもポイント。

フェイスパウダーを使ったほうが良い理由は、ファンデーションを重ねるとコンシーラーで隠した部分が厚塗りとなってしまうためなのだそうです。


3.視線誘導テクニックを使う

アイラインをしっかりと入れる、ふんわりチークを入れる、リップを明るい色にする、というように目のくま以外の部分に視線が集まるようにすることで、目のくまが目立たないようになります。




時間がない朝に「目の下のクマ」を解消する方法

■1:マッサージ

目のくま解消法として代表的なのがマッサージです。

→ 目のクママッサージ について詳しくはこちら

ひとつ気をつけていただきたいのが、目のくまをとりたいと思って、力を入れ過ぎたり、やりすぎてしまうこと。

目のまわりやまぶたの皮膚が、まわりの皮膚に比べてとても薄いため、力を入れ過ぎたり、やりすぎてしまうと、皮膚に刺激を与えすぎて、「色素沈着」による目のクマの原因になってしまうおそれがあります。

ですから、目のくまのマッサージという場合は、顔全体を優しくするマッサージと考えていただいたほうがいいかと思います。

【関連記事】


■2:蒸しタオル&保湿

目のくま解消法でも、今日は目のくまをスッキリさせて明るい顔で頑張りたいという時におすすめの方法として「蒸しタオルケア」を紹介しています。

そして、「目のくま」と「低体温・冷え性」と「乾燥」には関連がある!?でも紹介しましたが、目のくまは、乾燥と冷えが厳しい冬の時期に起こりやすい傾向にあるので、保湿ケアが目のくま解消には重要ではないかと思っています。

先ほど紹介したマッサージ&蒸しタオルケア&保湿を合わせて行なうと良いのではないかと思います。


■3:コンシーラーと涙袋のメイク

青くまにはオレンジ系、茶くまにはイエロー系のコンシーラーで薄塗りすると目立たなくなるそうですよ。




カシスで目のくまを消す

目のくま解消・改善にカシス

カシスポリフェノールで目のくまの黒さが90分後に約5%改善(明治製菓と大学の共同研究の成果)

これは、カシスポリフェノールが目の下の血流を改善し、目のくまが薄くなるためと考えられています。

大手メーカー(明治製菓)では、カシスポリフェノールが視覚改善(眼精疲労改善)や抗酸化作用だけでなく、血流改善にも効果がある(眼精疲労や肩こり、冷えなどの改善効果が臨床試験で確かめられていました)ことから注目し、研究がなされていました。

そして、カシスは目の下の血流改善による目のくまの解消(美肌効果)に役立つことが新たにわかりました。

カシス

→目のくまが気になるあなたが見逃したら損をする!?
目のくまとカシスアントシアニン・カシスの健康効果についてさらに詳しい情報はこちら




カシスサプリについて詳しく知りたい方は
→カシス・ルテイン・ブルーベリー専門店へ

カシスサプリ通販専門店

定番の人気カシスサプリが、今なら最大20%OFFの初回購入者価格・スーパーセール特価で販売できます。


目の下のクマの原因に「鼻づまり」が関係している!?

米国の総合病院メイヨー・クリニックのサイトによれば、目のくまの原因は「鼻づまり」かもしれないそうです。

鼻がつまると、目から鼻へ流れていく静脈が拡張し、色が黒っぽくなるそうです。

食塩水(水500mlに対し塩小さじ1杯)か、市販の生理食塩水スプレーで鼻腔を洗えば、鼻づまりの改善し、目のくまの解消に役立つ可能性があるそうです。



目元のシワ・くすみ・目の下のクマには、保湿とカシスアントシアニン!

冬は目の下のクマがある女性が急増するらしいによれば、夏には目のクマがある女性は38パーセントしかいないのに対し、冬には82パーセントもの女性が目の下にクマがあったそうです。

医師によると、冬は乾燥しているため目のくまができやすい環境なのだそうです。

そのため、乳液やパック、目元用パックなどを使い保湿を重視すべきとのこと。

日々のケアで皮膚の疲れが改善され、目のくまと色素沈着を改善できるそうです。

【関連記事】

乾燥すると目のクマができやすい!?



→ 目の病気・症状一覧チェック について詳しくはこちら


カシスサプリについて詳しく知りたい方は
→カシス・ルテイン・ブルーベリー専門店へ

カシス・ルテイン・ブルーベリー専門店

定番の人気カシスサプリが、今なら最大20%OFFのスーパーセール中!

→カシスサプリ無料モニターへのお申込みはこちら!



コンシーラーによるメイクで目のくまを消す方法目の下のクマ(くま)解消法


目のくま関連ワード

目の下のクマを取る方法 原因と解消方法

目のクママッサージの方法

コンシーラーによるメイクでひどい目のくまを消す方法・やり方

青クマ(血行不良による目の下のクマ)を消す方法

茶クマ(色素沈着による目のくま)を治す方法

黒クマ(くぼみやたるみ、涙袋による目のクマ)をなくす方法

目の下のクマ(くま)の原因

目の下のたるみをなくす方法

【林先生が驚く初耳学】目の下にできるクマ(青クマ・茶クマ・黒クマ)解消法|顔ヨガ(ムンクの顔体操)のやり方(方法)|5月1日

低体温|低体温の改善方法・原因・症状

カシスとは|カシスサプリ・カシスアントシアニンの効果

目の疲れを取る方法(ツボ・マッサージ)|目が疲れる原因

肩こり頭痛解消法|めまい・吐き気の原因は眼精疲労?

ドライアイとは|ドライアイ(目が乾く)の症状・原因・治療


目の病気・症状

緑内障とは|緑内障の症状・原因・眼圧・予防

飛蚊症とは|飛蚊症の原因・症状・治し方・見え方

加齢黄斑変性症とは|症状・原因・治療・サプリメント

白内障とは|白内障の症状・原因・治療・予防

眼精疲労の症状(頭痛)・原因・マッサージ・ツボ

老眼とは|老眼の症状(初期症状)・予防・改善

スマホ老眼の症状・原因・予防

糖尿病網膜症の症状・治療・分類・予防

VDT症候群とは|VDT症候群の症状・原因・対策

網膜剥離とは|網膜剥離の症状・原因・見え方

近視とは|強度近視・仮性近視

結膜弛緩症とは|結膜弛緩症の症状・原因・治療

斜視(隠れ斜視)

眼瞼下垂(まぶたのたるみ)の症状・原因

まぶたの痙攣の治し方|まぶたがピクピクする原因

翼状片の症状・原因・予防

瞼裂斑の症状・原因・予防・対策

紫外線対策と目の病気(翼状片・瞼裂斑・白内障)

コンタクトレンズと目の病気・正しい使用法・ケア

目の症状

目の充血の原因・治し方|目が赤いのは目の病気のサイン?

目の痙攣の治し方・止め方|目がピクピクする原因

目の下のクマを取る方法 原因と解消方法

目がかゆい|目のかゆみの原因・対策・対処法

目が痛い|目の痛みの原因となる目の病気と解消法

目のかすみの症状・原因・対策|目がかすむ

目やにの原因となる目の病気|どんな色の目ヤニが出ている?

光がまぶしい・目がまぶしい

目がゴロゴロする|目の異物感の原因はゴミそれとも病気?


ルテイン|ルテインの効能・効果・食品・飛蚊症・緑内障

ブルーベリー(アントシアニン)の栄養・健康効果・サプリメント

ビルベリー(アントシアニン)の栄養・健康効果・サプリメント

目の病気から守る食べ物・栄養

目の構造と働き(視覚機能)・目の見える仕組み

病気・症状


専門サイト

健康情報青汁えごまそば専門店ブルーベリー・ルテイン・カシス通販


会社概要

サイトマップ

お問い合わせ

プライバシーポリシー


健康情報ならハクライドウ