白内障とは|白内障の症状(初期症状)・原因・治療・予防(食べ物・サプリ)

Cataract

> HomeHOME > 病気・症状 > 目の病気 > 白内障

白内障とは|白内障の症状・原因・予防・治療

「目がかすむ」「光がまぶしい」「小さな文字が読みづらい」

そんな目の症状で悩んでいませんか?

もしかすると「白内障(はくないしょう)」かもしれません。

白内障の症状・原因・治療・予防についてまとめましたので、チェックしてみてください。




白内障とは

眼の中でレンズの役割を果たしている水晶体は、本来透明で光をよく通します。

ところが、年齢とともに水晶体のたんぱく質が変性し、次第に白く濁ってきます。

これを「白内障」といいます。

白内障の患者は多く、40代でも、水晶体に濁りが出てくる場合もあり、白内障の患者は、年齢とともに増え、70歳、80歳代になると、ほとんどの方が何らかの白内障の症状が現れます。

白内障といえば、年をとってからという印象が多いと思いますが、実は、先天的なものと後天的なものの影響で赤ちゃんでも白内障になることがあるそうです。

先天性白内障(生まれつきの白内障)

水晶体に何らかの異常が発生していることが原因で白内障になる人がおり、視力に障害のある子供の約1割は白内障が原因なのだそうです。

後天性白内障

後天性白内障は次のような理由で起こるそうです。

  • 病気の一症状として見られる場合
  • 眼の病気に伴って見られる場合
  • 薬の副作用で見られる場合
  • 外傷の影響によって見られる場合
  • 加齢に伴って見られる場合

【関連記事】

赤ちゃん・子どもにも「白内障」の症状が現れることがある!?|白内障の症状



白内障と有名人

柴田理恵さんは白内障の手術を受けていた|手術後近視が改善したものの、まぶしくてサングラスが手放せない

西城秀樹さんが、右は網膜症、左は白内障のため、両目手術

ミラ・クニス、目の病気(慢性虹彩毛様体炎・白内障)を告白

タモリさんが『笑っていいとも!』を1週間休養〜人間ドックと白内障手術のため



白内障の症状(初期症状)

白内障の症状は、目の中の水晶体が白く濁ります。

濁り方のタイプによって症状が違ってきますが、目のかすみと視力低下が代表的な症状です。

そのことにより、視力が低下します。

白内障の症状としては、次のような症状があります。

  • 目のかすみ(霧がかかったように目がかすむ)
  • 光をまぶしく感じる
  • 視力が低下する(小さな文字が読みにくい)
  • 急にめがねが合わなくなる。水晶体が硬くなっているため、メガネが毎年あわなくなるという症状が現れることもある。

このような症状があらわれたら、一度眼科で診てもらいましょう。

水晶体は、眼の中でカメラのレンズの役割を果たしている部分で、本来透明で光をよく通します。

水晶体は、主にたんぱく質と水分からなっているのですが、年齢とともにたんぱく質が変性するなどして白く濁ってきます。

水晶体がまだらに濁るタイプでは、目に入ってきた光がうまく屈折しなくなったり、光を反射してまぶしい、外に出ると目を開けていられないという症状が出る人がいます。

→ なぜ白内障になると、光がまぶしいという症状が現れるのか? について詳しくはこちら




白内障の種類

皮質白内障

皮質白内障は、眼の外側(水晶体の周辺)からタンパク質が変性することから、明るいところでは普通に見えても、薄暗いところで瞳孔が開くため、開いた瞳孔が白内障になっている部分にかかるとものが2重3重に見えることがあります。

皮質白内障は初期の段階であれば一般的に病院で処方される目薬で進行が抑えられます。

また、帽子や紫外線をカットするレンズのついたメガネ(サングラス)・コンタクトレンズによる紫外線対策も有効な予防法です。


核白内障

核白内障は、水晶体の中心にある核と呼ばれる部分のタンパク質が変性し、屈折率が変化します。

そのため、ものが2重3重に見えるようになります。

また、老眼が治ったように感じる(近視が進む)という特徴があります。

核白内障の原因は酸化ストレスであるので、一日に必要なビタミンの摂取量を確保するバランスのよい食事(またはマルチビタミンのサプリメント)によって発症するリスクを30%減らしたり、進行を遅らせる効果があるそうです。

女性の核性白内障の発病リスクを低くするにはビタミン・ミネラル類を多く含んだ健康的な食事が重要によれば、ビタミン・ミネラルなどバランスよい食生活や禁煙といった健康的なライフスタイルが女性の白内障の発症リスクを減らすということがわかったそうです。

【関連記事】

白内障!50代からの眼のアンチエイジング|ためしてガッテン 8月5日



白内障の原因

加齢

白内障の原因としては加齢によるものが多く、このことを「加齢性白内障(老人性白内障)」と呼んでいます。

個人差はありますが、誰でも年をとるにつれて、水晶体は濁ってきます。

加齢性白内障は一種の老化現象ですから、年齢が高い人ほど発症するケースが多いようです。

ただ、最近では40代での発症が増えているそうで、若い年齢だと重症化する危険性が高まるそうです。


遺伝

例を挙げると、近視が強い人は白内障になりやすいそうです。

強度近視は遺伝的要因が大きく、強度近視になると核白内障が起こりやすいそうです。


性別

女性は男性と比べ白内障になるのが早いそうで、これには女性ホルモンの影響があると考えられているそうです。


紫外線

白内障は、加齢黄斑変性症と同様、紫外線やダイオキシンなどによる活性酸素が大きな原因の一つであると考えられています。

紫外線に当たる量が多いほど、白内障になりやすいそうです。


喫煙

喫煙量が多いほど、白内障になりやすいそうです。


糖尿病

血糖が高くその期間が長いほど、白内障になりやすいそうです。

糖尿病の合併症である糖尿病網膜症になると、白内障になる人も多いといわれています。


ステロイド

中学生や高校生で白内障になることがありますが、アトピー性皮膚炎の場合、ステロイドという薬を長い間使っていても、白内障になりやすいそうです。


→ PCを長時間使用する人ほど白内障にかかりやすい!? について詳しくはこちら


→ 「なぜミャンマーで白内障患者が急増したのか」から白内障の原因について考える について詳しくはこちら



白内障の検査

白内障は自分で目をのぞき込んでもわかりませんので、眼科で細隙灯顕微鏡を使って検査を行ないます。

細隙灯顕微鏡とは、目に光を当て、目を拡大して見る検査です。

薬で瞳孔を大きくしてから見ることで、水晶体の様子がよくわかります。

水晶体は正常なら濁っておらず、真ん中が少し白く、また硬くなってきたら、軽度の白内障と診断されます。

→ 眼科検診で失明が36%減少する!|緑内障・糖尿病網膜症・変性近視・加齢黄斑変性・白内障が失明の主な原因 について詳しくはこちら




白内障の治療・手術

点眼による治療

白内障は老化現象ともいえますので、手術するほどでない場合には、点眼薬や内服薬が用いて白内障の進行を遅らせるという方法をとります。

この際に、眼の栄養補助食品としてルテインを利用する人もいます。


ルテイン については詳しくこちら


手術による治療

白内障の症状が進み、日常生活に支障がある場合は手術が行われます。


●問診で聞かれるポイント

  • いつごろから見えづらいのか。
  • 見えづらくなる前の矯正視力
  • 他の病気(糖尿病・高血圧・その他の目の病気)
  • どんな薬を飲んでいるか(抗凝固剤・前立腺肥大症の治療薬)


●白内障の手術

白内障の手術は著しく進歩し、かなり安全性が高く、患者さんの負担も少なくなってきています。

優れた眼科医師の中では、驚くほどの短時間で手術を行なうことが出来る方もいます。

白内障で生活に支障が出るほどになると、眼内レンズをはめ込む手術を行います。

手術時間は15分ほどで、日帰りでの手術も可能な病院があります。

ただ、高血圧高血糖などがある場合は、入院が必要になってくるそうです。

この点は医師としっかり相談してください。


●白内障の手術後のケア・合併症

ただし、白内障の手術後は、どんなに手術が進歩したとはいえ、眼球に手術によるストレスがかかっている場合もあり、術後の合併症(嚢胞様黄斑浮腫など)になる可能性もあります。

自己判断で、術後の定期検診をおろそかにしないように気をつけましょう。


●白内障を自覚した場合は、まずは眼科での受診をオススメします。眼科の医師と白内障の治療方針について良く相談の上、治療をして下さい。

自分ひとりで白内障について悩み、長く悩んでしまったために白内障の症状が進行するよりも、まずは眼科の医師に相談することをオススメします。

白内障の治療法について納得のいく説明が得られなかった場合には、他の眼科の医師にそのことを尋ねてみるのも一つの方法です。



白内障を予防する方法(食べ物・サプリ)

白内障の予防には、眼の老化を遅らせるためにも抗酸化作用の強いポリフェノール(ブルーベリーカシス)やルテイン、ビタミンC、ビタミンEなどを積極的に摂って、白内障を予防しましょう。

白内障を防ぐための目のアフターケア対策には「ルテイン」を含むほうれん草!|林修の今でしょ講座によれば、ルテインは水晶体の紫外線によるダメージを減らし、白内障のリスクを下げることが期待できるそうです。

また、白内障は光(紫外線)などの影響が原因とも言われておりますので、目が健康な時期からの紫外線対策・白内障予防としてサングラスをかけることをオススメします。


→ ルテインの健康効果 について詳しくはこちら

→ カシス(アントシアニン)の健康効果について詳しくはこちら

→ ブルーベリー(アントシアニン)の健康効果 について詳しくはこちら



カシス・ルテイン・ブルーベリー専門店

カシス・ルテイン・ブルーベリーサプリが、今なら最大20%引きの初回購入者価格・スーパーセール中!




→ 目の病気・症状一覧チェック について詳しくはこちら



白内障ニュース・参考画像

「糖尿病白内障」を抑制する物質発見|エピジェネティクスの働きを阻害することで糖尿病による白内障を予防する点眼薬への期待|福井大

白内障が手術なしで治る?「ラノステロール」点眼薬で治療できる可能性!?

PEEK|スマホカメラで途上国の目の病気(白内障)を診断するアプリ

白内障の症状・原因・治療−大鹿哲郎さん筑波大教授基調講演

白内障とはどんな目の病気?どのような手術をするのか?

白内障と嚢胞様黄斑浮腫|たけしの本当は怖い家庭の医学

by National Eye Institute(画像:Creative Commons)



目の病気・症状

緑内障とは|緑内障の症状・原因・眼圧・予防

飛蚊症とは|飛蚊症の原因・症状・治し方・見え方

加齢黄斑変性症とは|症状・原因・治療・サプリメント

白内障とは|白内障の症状・原因・治療・予防

ドライアイとは|ドライアイ(目が乾く)の症状・原因・治療

眼精疲労の症状(頭痛)・原因・マッサージ・ツボ

老眼とは|老眼の症状(初期症状)・予防・改善

スマホ老眼の症状・原因・予防

糖尿病網膜症の症状・治療・分類・予防

VDT症候群とは|VDT症候群の症状・原因・対策

網膜剥離とは|網膜剥離の症状・原因・見え方

近視とは|強度近視・仮性近視

結膜弛緩症とは|結膜弛緩症の症状・原因・治療

斜視(隠れ斜視)

眼瞼下垂(まぶたのたるみ)の症状・原因

まぶたの痙攣の治し方|まぶたがピクピクする原因

翼状片の症状・原因・予防

瞼裂斑の症状・原因・予防・対策

紫外線対策と目の病気(翼状片・瞼裂斑・白内障)

コンタクトレンズと目の病気・正しい使用法・ケア

目の症状

目の充血の原因・治し方|目が赤いのは目の病気のサイン?

目の疲れを取る方法(ツボ・マッサージ)|目が疲れる原因

目の痙攣の治し方・止め方|目がピクピクする原因

目の下のクマを取る方法 原因と解消方法

目がかゆい|目のかゆみの原因・対策・対処法

目が痛い|目の痛みの原因となる目の病気と解消法

目のかすみの症状・原因・対策|目がかすむ

肩こり頭痛解消法|めまい・吐き気の原因は眼精疲労?

目やにの原因となる目の病気|どんな色の目ヤニが出ている?

光がまぶしい・目がまぶしい

目がゴロゴロする|目の異物感の原因はゴミそれとも病気?


カシスとは|カシスサプリ・カシスアントシアニンの効果

ルテイン|ルテインの効能・効果・食品・飛蚊症・緑内障

ブルーベリー(アントシアニン)の栄養・健康効果・サプリメント

ビルベリー(アントシアニン)の栄養・健康効果・サプリメント

目の病気から守る食べ物・栄養

目の構造と働き(視覚機能)・目の見える仕組み

病気・症状


専門サイト

健康情報カシス・ルテイン・ブルーベリー青汁そば・そうめん


会社概要お問合せ


健康情報ならハクライドウ