高脂血症とは|高コレステロール血症の症状・原因・食事

Home健康情報高脂血症(高コレステロール血症)


高脂血症(高コレステロール血症)

> 健康情報 > 病気・症状 > 生活習慣病 > 高脂血症(高コレステロール血症)

高脂血症(高コレステロール血症)とは

「高脂血症(こうしけつしょう)」は、血液中の脂質(コレステロール中性脂肪)が多すぎる病気のことをいいます。


最近のガイドラインの変更により、従来の「高脂血症」から「脂質異常症」と名前が変更になりました。


「高脂血症」には、トリグリセライド(中性脂肪)が多い高中性脂肪血症、LDLコレステロールが多い高LDLコレステロール血症、HDLコレステロールが低い低HDLコレステロール血症があり、3つのうち1つでも当てはまると、「高脂血症」と呼んでいました。


ただ、高脂血症という呼び方では、低HDLコレステロール血症を含むのは誤解を招きやすいため、「脂質異常症」となりました。


→ 脂質異常症の症状・原因・食事 について詳しくはこちら



【目次】



高脂血症(高コレステロール血症)の症状

高脂血症は、高脂血症だとはっきりわかる自覚症状がないため、症状だけで高脂血症を早期発見することは難しいです。


しかし、高脂血症を放っておくと、増えた脂質がどんどん血管の内側にたまってしまい、そして知らないうちに体の血管が傷ついてしまい、動脈硬化を引き起こす恐れがあるため、定期的に病院での健診(健康診断)を受けることが重要です。


高脂血症 → 動脈硬化 → 心筋梗塞脳梗塞


→ 動脈硬化|動脈硬化の症状・原因・改善方法 について詳しくはこちら



高脂血症と判断される基準値・数値

次の3つのうち1つでも当てはまると、高脂血症(現在は脂質異常症)と診断されます。


LDLコレステロール(悪玉コレステロール)値 140mg/dl以上(空腹時)

HDLコレステロール(善玉コレステロール)値 40mg/dl未満(空腹時)

中性脂肪値 150mg/dl以上(空腹時)


LDLコレステロールが140mg/dL以上になると、「高コレステロール血症」となります。


中性脂肪(トリグリセライド)150mg/dL以上になると、「高トリグリセライド血症」となります。


そして、「高脂血症」とは、「高コレステロール血症」もしくは「高トリグリセライド血症」のいずれか、または両方である状態を総称した言葉です。


「高脂血症」と「高コレステロール血症」の違いは何ですかという質問がありますが、「高コレステロール血症」とはLDLコレステロールが140mg/dL以上の状態であり、高脂血症は、「高コレステロール血症」もしくは「高トリグリセライド血症」のいずれか、または両方である状態となります。




高脂血症(高コレステロール血症)とメタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームとは、内臓に脂肪がたまり、高脂血症や高血圧などの症状が一度に複数出ることを指す考え方です。


メタボリックシンドロームにならないためにも高脂血症を予防する必要があります。


→ メタボリックシンドローム|メタボリックシンドロームとは・原因・食事 について詳しくはこちら



高脂血症(高コレステロール血症)の原因

高脂血症の原因としては、食生活・食事が大きく影響していると考えられます。


たとえば、動物性脂肪の多い高カロリー食は、血中の悪玉コレステロールや中性脂肪を増やし、過酸化脂質を増加させます。


また、高脂血症は、動脈硬化の危険因子である高血圧糖尿病肥満、喫煙、運動不足、偏った栄養バランスの食事、アルコールなど総合的に判断しながら、生活習慣を見直し、予防することが大切です。


少しずつ高脂血症の原因となる生活習慣を改善していきましょう。


→ 動脈硬化改善・予防に良い食事・食べ物・食品 について詳しくはこちら




高脂血症(高コレステロール血症)の食事

高脂血症の予防には食事・食生活の改善は欠かせません。


食事・食生活の改善・バランスのとれた食事に

ミネラル・ビタミン、食物繊維をバランスよく積極的にとる。緑黄色野菜を補給しましょう。

コレステロールは肝臓で酵素によって胆汁酸に変化します。

野菜に含まれる食物繊維は胆汁酸を吸着して体外への排出を促進します。

食物繊維の働きによって減少した胆汁酸を作るために、コレステロールの消費が増えることにより、血中コレステロール値の低下につながります。

日本人の食事摂取基準(2010年度版)によれば、一日の食物繊維の目標摂取量は男性19g、女性14gなのですが、厚生労働省の平成23年国民健康・栄養調査によれば、食物繊維の一日の摂取量は下回っています。

30歳代 男性12.5g 女性11.8g

30歳代 男性12.9g 女性12.5g

30歳代 男性14.3g 女性14.6g

食物繊維には、コレステロールの低減に役立つ効果があるので、食物繊維が豊富な食品を摂取しましょう。

アメリカ農務省の2004年の研究報告によれば、30代〜50代のコレステロールが高めの人に大麦を中心とした食生活を5週間続けてもらった結果、悪玉コレステロールの値が13.8〜17.4%も減少したそうです。

アメリカ・ミネソタ大学の2007年の研究によれば、155名の悪玉コレステロールが高い方に大麦を6週間食べてもらった結果、悪玉コレステロール値が9〜15%減少したそうです。

大麦に豊富に含まれている「大麦βグルカン」という水溶性食物繊維は、コレステロールを材料とする胆汁酸を体外に排出してくれる働きがあるそうです。


→ 食物繊維の多い食品 について詳しくはこちら


また、野菜には活性酸素による酸化から体を守る「抗酸化作用」をもつ栄養素が含まれており、その抗酸化作用によって、LDLコレステロールの酸化を抑制します。

「健康21」が推奨する緑黄色野菜の摂取量は1日約120g、野菜の摂取量は1日約350gが目安となっています。


食事の量を適正な量に減らす


タウリンを含む食べ物

肝臓機能が強くなければ、LDLコレステロールを処理することはできません。

肝臓の機能が低下すると、コレステロールは処理できなくなり、血液中に溜まってしまい、動脈硬化や高コレステロール血症などを引き起こしてしまうのです。

肝臓機能をアップさせる食品は、タウリンを含む食品です。

タウリンとは、カキ・イカ・ホタテなど魚介類に多く含まれる成分です。

肝機能をアップさせ、コレステロール処理能力を高める働きを持っています。

魚介類の食事で肝臓機能をアップさせましょう。


→ タウリンとは|タウリンの効果・効能|タウリンの多い食品・食べ物 についてはこちら。


タウリンサプリ通販

今なら最大18%引きのスーパーセール中!


油を飽和脂肪酸(おもに動物性脂肪に多い)より不飽和脂肪酸(おもに植物性脂肪・魚の脂に多い)を多く摂る

血中のコレステロールを増やす食品が飽和脂肪酸であり、体内のコレステロール値を下げる働きをするのは、オメガ3脂肪酸など不飽和脂肪酸を多く含む食品です。

そのため、脂身の多い肉など動物性脂肪の食べ過ぎに注意する。


→ オメガ3脂肪酸|オメガ3の効能・効果・食べ物・オメガ3ダイエット について詳しくはこちら。


オメガ3サプリ通販


野菜(ブロッコリー・キャベツ)

ブロッコリーやキャベツに含まれる「SMCS」はLDLコレステロールを下げる効果があるによれば、アブラナ科のブロッコリーとキャベツに含まれる天然アミノ酸の「SMCS」が、コレステロールから胆汁酸への変換を促進して血中LDLコレステロールを低下させる効果があることがわかったそうです。

コレステロールは肝臓で酵素によって胆汁酸に変化し排出されますが、SMCSはその酵素の働きを活性化させる働きがあり、肝臓における胆汁酸の合成を促進し、胆汁酸に変化し排出されるコレステロールの量を増やします。



大豆製品

大豆に含まれるレシチン・イソフラボンなどが悪玉コレステロールを下げる働きがあるそうです。

大豆レシチンを摂るには、『豆腐』を1日半丁食べるとよいそうです。


植物油

植物油には、コレステロールを抑える働きがあります。

HDLコレステロールが低く、中性脂肪が高いと真の悪玉である酸化LDLコレステロールが増えてくるといわれています。

マーガリンやショートニング、ファストフードや総菜などの揚げ油もできるだけ控えるようにして、中性脂肪に気を付けたいですね。


→ 中性脂肪を下げる食品・食事 について詳しくはこちら


ヨーグルト(乳酸菌)

カナダのマギル大学(McGill University)の研究によれば、高コレステロールの人を対象に乳酸菌(プロバイオティクスの一種)を摂取してもらう実験を行なったところ、毎日乳酸菌を摂っていた人は、悪玉コレステロールが減少し、総コレステロール値も下がったそうです。



→ 乳酸菌の多い食品 について詳しくはこちら


【関連記事】


りんご

オハイオ州立大学の調査によれば、毎日りんごを食べると1ヶ月で悪玉コレステロールが40%減少することがわかったそうです。

【関連記事】


お酒(アルコール)の飲みすぎに気をつける

ちょっとした食事などの生活習慣の改善が高脂血症の予防に役立ちます。


アディポネクチン

アディポネクチンは、中性脂肪の燃焼を助けるホルモンで、内臓脂肪が少ないほど分泌量が増えるそうです。

反対に、メタボリックシンドロームが進行する=内臓脂肪が増えると、アディポネクチンは減少してしまいます。

アディポネクチンには脂肪燃焼を高める作用があり、余分な脂肪の蓄積を防ぎ、高脂血症の予防・改善が期待されます。

アディポネクチンを増やす方法としては、内臓脂肪を減らす・食物繊維を多く含む海藻類の摂取・オスモチンを含む野菜や果物の摂取・EPA・禁煙です。


→ アディポネクチンを増やす方法 について詳しくはこちら


定期的な検査

健診では、血圧、総コレステロール、中性脂肪、善玉コレステロール(HDLコレステロール)の値などを検査し、高脂血症を診断します。

定期的な検査の中で、かかりつけの医師と良い関係を築き、生活・食事指導を受けましょう。




→ 悪玉コレステロールを減らす方法|LDLコレステロールを下げる食品・食事 について詳しくはこちら。


→ HDLコレステロール(善玉コレステロール)を増やす・基準値 について詳しくはこちら。



実際の高コレステロール血症(高脂血症)については、専門医の受診をおすすめいたします。



高脂血症(高コレステロール血症)関連ニュース

高コレステロール血症患者のLDLコレステロールの管理不徹底による心臓病の発症は年間約2.8万件と推計|東大大学院・サノフィ

アディポネクチンの健康効果|中性脂肪を減らす・メタボリックシンドロームの改善・高血圧予防

内臓脂肪を落とし、アディポネクチンを出して、痩せ体質になる|林修の今でしょ講座

温泉入浴の習慣のある人は動脈硬化につながる脂質異常症(高脂血症)になりにくい可能性がある

【みんなの家庭の医学】食後高脂血症・隠れ中性脂肪を改善し動脈硬化を予防する方法(水溶性食物繊維&運動)

食後高脂血症|果糖のとりすぎは中性脂肪の増加につながる!?|ためしてガッテン

マグネシウムとタウリンを多く摂取している人は、高血圧・高脂血症・糖尿病・肥満が少ない?|世界一受けたい授業

9月24日は世界FH Day|家族性高コレステロール血症について考えよう


高脂血症(高コレステロール血症)

会社概要サイトマップお問い合わせ


高脂血症(高コレステロール血症)関連ワード

悪玉コレステロールを減らす方法|LDLコレステロールを下げる食品・食事

悪玉コレステロールの数値(基準値)

悪玉コレステロールが高い原因

コレステロールとは|コレステロール値を下げる食品・食事

総コレステロール値・基準値|総コレステロールが高い原因

HDLコレステロール(善玉コレステロール)を増やす・基準値

高脂血症とは|高コレステロール血症の症状・原因・食事

心筋梗塞の症状・原因・前兆・予防

動脈硬化とは|動脈硬化の症状・原因・改善方法

中性脂肪とは・数値(正常値)・高い原因・下げる(減らす)

タウリンとは|タウリンの効果・効能|タウリンの多い食品・食べ物

オメガ3脂肪酸|オメガ3の効能・効果・食べ物・オメガ3ダイエット

肝臓とは|肝臓の機能・働き・位置(場所)

肝臓の病気|肝臓病の初期症状・種類・原因

脂肪肝とは|脂肪肝の症状・原因・治し方

メタボリックシンドローム

糖尿病の症状・初期症状|糖尿病とは

更年期障害の症状・原因・チェック|40代・50代女性の更年期症状

腎臓とは|腎臓の働き・機能・位置


タウリンサプリ通販

→タウリンサプリ無料お試しサンプルへのお申し込みはこちら!


病気・症状

目の下のクマを取る方法 原因と解消方法

目の病気・症状

亜鉛を含む食べ物・食品|亜鉛不足チェック・摂取量

ダイエット


専門サイト

健康情報青汁えごまそば専門店ブルーベリー・ルテイン・カシス通販


健康情報ならハクライドウ