緑内障の治療(目薬・手術)|緑内障

Glaucoma

> HomeHOME > 病気・症状 > 目の病気 > 緑内障 > 緑内障の治療

緑内障の治療

緑内障のリスク要因としては、眼圧の上昇による視神経の障害が主な要因ですが、その他にも、血流障害、近視、血管の痙攣(スパスム)なども緑内障の悪化に関わっており、どの要因が影響しているかによって治療法も異なってきます。

緑内障の治療は、薬を(目薬)使って眼圧を下げますが、十分に効果が出ない場合は、手術やレーザー治療を行います。

正常眼圧範囲内でも緑内障になる場合にも眼圧を下げる治療を行なわれる理由として、CNTGS(緑内障治療の有効性を検証した海外研究)によれば、正常値でも眼圧を30%低下させると、80%の患者で緑内障の進行が抑制されるという研究結果が出ているため、より眼圧を下げるという治療が行われるそうです。

緑内障治療とIPS細胞による再生医療の今後についても紹介します。



【目次】



目薬

緑内障は、時間が経つほど治りにくくなるので、急性の緑内障の発作がおきた場合はすぐに治療を行い、眼圧を下げる必要があります。

開放隅角緑内障では、眼圧を下げる目薬が基本です。

大半は目薬だけで眼圧をコントロールできる方が多いです。

目薬としては、プロスタグランジン関連薬・交感神経β受容体遮断薬が用いられます。


プロスタグランジン関連薬

一日一回夜に使う。

この薬には副作用があり、目の周りにこぼれると、色素沈着で少し黒くなったり、まつげが長くなったりします。

点眼した後に、顔を拭きましょう。


交感神経β受容体遮断薬

交感神経β受容体遮断薬は目だけではなくて、心臓や気管支にも作用してしまうため、心臓に病気がある人やぜんそくの人は使いづらい薬です。

全身に吸収されないようにするために、点眼した後に、鼻にいかないように目頭を押さえるようにしましょう。


プロスタグランジン関連薬と交感神経β受容体遮断薬の合剤

今までは、交感神経β受容体遮断薬とプロスタグランジン関連薬を5分以上の間隔をあけて点眼する必要がありましたが、合剤は二つの薬が一つの瓶に入っているため、患者さんにとってはとても楽になります。

※目薬を忘れないことが重要。

緑内障 患者判断で治療中断18.7%によれば、患者判断で点眼治療を中断したことがある人は18.7%だったそうです。

中断患者は特に40代男性に多く、4人に1人との結果だったそうです。

点眼治療の中断理由は「大した症状がない」「治療効果が実感できない」などで、疾患や治療への理解度が全般的に低い傾向があったそうです。




手術

点眼で進行が抑えられない場合や、点眼でも眼圧が下がらない場合など、点眼治療で十分に効果が出ない場合は、手術やレーザー治療を行います。

現時点では、眼圧を下げて、それ以上進行しないための手術であり、手術をしたから治るというものではありません。

手術は最後の手段と考え、点眼で進行を抑えるようにしましょう。



運動(有酸素運動)

有酸素運動によって、全身の血流が改善され、眼圧を下げてくれるという研究結果もあるそうです。



ルテイン

現在、緑内障の治療の研究にルテインが用いられているケースもあります。

ただし、健康食品として利用する場合は、あくまで基礎的な栄養補給として利用してください。

→ ルテインの健康効果 について詳しくはこちら



カシス・ルテイン・ブルーベリー専門店

【最大20%OFF!】定番の人気ルテインサプリが、今ならお得な初回購入者価格・スーパーセール中!


緑内障治療とIPS細胞による再生医療

緑内障治療とIPS細胞による再生医療(2014/9/14)によれば、神経節細胞は目と脳を結ぶ神経で、一つの細胞の長さが約10cmと非常に長いのが特徴(一般的な細胞(数十ミクロン)の100倍以上の長さ)であるので、iPS細胞を用いた再生治療を考えた場合、このような巨大な構造を再生することは現時点では難しいと考えられています。

そのため、緑内障に再生医療を適用しようとする研究は現段階ではあまり行われていないようです。

緑内障に悩んでいる人が増え続ける中で色々なアプローチで解決の道を探ろうとしている研究者がいるはずです。

それがiPS細胞かもしれませんし、まったく違ったアプローチがあるかもしれません。

世界初、iPS細胞から視神経細胞作製‐国立成育医療センター(2015/2/11)によれば、国立成育医療研究センターなどの研究グループがiPS細胞から「軸索」と呼ばれる神経線維を持つ視神経細胞を作製に成功したそうです。

マウスiPSとESで視神経細胞を作製 「失明原因1位」緑内障の治療法の開発に期待|国立成育医療研究センターなど(2016/8/19)によれば、国立成育医療研究センター(東京都)と埼玉医科大の研究チームによれば、マウスのiPS細胞(人工多能性幹細胞)とES細胞(胚性幹細胞)から視神経細胞を作製することに世界で初めて成功したそうです。

この研究が進めば、緑内障に伴う視神経障害の治療につながることが期待されます。



新治療法のマイクロポンプシステムが開発中

緑内障の新治療法!?眼圧を一定に保つ「埋め込み式マイクロポンプシステム」を開発中によれば、現在、眼圧を一定に保つための埋め込み式のマイクロポンプシステムが開発中なのだそうです。

これは、目に本来備わっている供給・排出のための通路を活用して、眼内液の供給・排出を行なうことで、眼圧を調整するというものです。

この仕組みにセンサーを連動させれば、自動的に眼圧の調整をできるようになることが期待されています。



緑内障の症状を自覚した場合は、まずは眼科での受診をオススメします。

自分ひとりで緑内障について悩み、長く悩んでしまったために緑内障の症状が進行するよりも、まずは眼科の医師に相談することをオススメします。

眼科の医師と緑内障の治療方針について良く相談の上、治療をして下さい。

緑内障の治療法について納得がいかなかった場合には、他の眼科の医師に尋ねてみるのも一つの方法です。




→ 緑内障の症状 について詳しくはこちら

→ 緑内障の原因 について詳しくはこちら

→ 緑内障チェック・見え方テスト について詳しくはこちら

→ 緑内障の治療(目薬・手術) について詳しくはこちら

→ 正常眼圧緑内障 について詳しくはこちら

→ 緑内障の予防(食事・サプリメント) について詳しくはこちら


緑内障関連ニュース・参考画像

緑内障は自己免疫疾患の可能性がある!?|緑内障患者の網膜のT細胞をターゲットとする治療法が研究されている

ヘスペリジンによる緑内障治療の可能性がある|青みかんのポリフェノールは網膜細胞障害において神経保護作用を持つことを発見|東北大

緑内障治療に期待 新規ナノ粒子点眼薬の開発に成功|東北大

緑内障の進行スピードが検査データを基に短期間で予測できる仕組みの開発|金沢大

緑内障治療用デバイス「MicroShunt」を開発する米InnFocus社を買収|参天製薬

緑内障の進行を抑える化合物「KUS剤」を発見 マウス実験で効果|京大グループ

緑内障の症状・原因・治療−大鹿哲郎さん筑波大教授基調講演

緑内障チェック|たけしの本当は怖い家庭の医学

ブルーベリー「目にいい」実証 岐阜薬科大の原教授|緑内障・糖尿病網膜症に効果的

カシスの緑内障進行抑制効果を発表-日本カシス協会

緑内障・フィリングイン|たけしのみんなの家庭の医学

緑内障の診断・治療強化に|ミトコンドリアの輸送が止まる様子の撮影に成功―福井大学

パンケーキの表面構造の理解が、緑内障の治療に役立つ!?

by National Eye Institute(画像:Creative Commons)


目の病気・症状

緑内障とは|緑内障の症状・原因・眼圧・予防

飛蚊症とは|飛蚊症の原因・症状・治し方・見え方

加齢黄斑変性症とは|症状・原因・治療・サプリメント

白内障とは|白内障の症状・原因・治療・予防

ドライアイとは|ドライアイ(目が乾く)の症状・原因・治療

眼精疲労の症状(頭痛)・原因・マッサージ・ツボ

老眼とは|老眼の症状(初期症状)・予防・改善

スマホ老眼の症状・原因・予防

糖尿病網膜症の症状・治療・分類・予防

VDT症候群とは|VDT症候群の症状・原因・対策

網膜剥離とは|網膜剥離の症状・原因・見え方

近視とは|強度近視・仮性近視

結膜弛緩症とは|結膜弛緩症の症状・原因・治療

斜視(隠れ斜視)

眼瞼下垂(まぶたのたるみ)の症状・原因

まぶたの痙攣の治し方|まぶたがピクピクする原因

翼状片の症状・原因・予防

瞼裂斑の症状・原因・予防・対策

紫外線対策と目の病気(翼状片・瞼裂斑・白内障)

コンタクトレンズと目の病気・正しい使用法・ケア

目の症状

目の充血の原因・治し方|目が赤いのは目の病気のサイン?

目の疲れを取る方法(ツボ・マッサージ)|目が疲れる原因

目の痙攣の治し方・止め方|目がピクピクする原因

目の下のクマを取る方法 原因と解消方法

目がかゆい|目のかゆみの原因・対策・対処法

目が痛い|目の痛みの原因となる目の病気と解消法

目のかすみの症状・原因・対策|目がかすむ

肩こり頭痛解消法|めまい・吐き気の原因は眼精疲労?

目やにの原因となる目の病気|どんな色の目ヤニが出ている?

光がまぶしい・目がまぶしい

目がゴロゴロする|目の異物感の原因はゴミそれとも病気?


カシスとは|カシスサプリ・カシスアントシアニンの効果

ルテイン|ルテインの効能・効果・食品・飛蚊症・緑内障

ブルーベリー(アントシアニン)の栄養・健康効果・サプリメント

ビルベリー(アントシアニン)の栄養・健康効果・サプリメント

目の病気から守る食べ物・栄養

目の構造と働き(視覚機能)・目の見える仕組み

病気・症状


父の日ギフト

母の日ギフト


専門サイト

健康情報青汁えごまそば専門店ブルーベリー・ルテイン・カシス通販


会社概要

サイトマップ

お問い合わせ

プライバシーポリシー


健康情報ならハクライドウ