糖尿病性神経障害の症状(しびれ・痛み・疼痛)

Home健康情報糖尿病 症状


糖尿病性神経障害

 

> 健康情報 > 病気・症状 > 糖尿病 > 糖尿病の合併症 > 糖尿病性神経障害

糖尿病神経障害は3大合併症の1つ

糖尿病の症状ははじめのうち、痛みなどの自覚症状がないため、検査で血糖値が高かったり、治療が必要といわれたことがあっても、そのまま治療を受けない人が多いです。

しかし、糖尿病を長い間そのままにしておき、ひどくなると糖尿病の合併症を引き起こします。

糖尿病神経障害、糖尿病網膜症、糖尿病腎症を3大合併症と呼びます。


→ 糖尿病の3大合併症(糖尿病神経障害、糖尿病網膜症糖尿病性腎症)について詳しくはこちら。


糖尿病に特有の合併症で、血糖コントロールをしないでいると、糖尿病発症時から10〜15年でこれらの合併症が出てくるといわれます。

ちなみに、糖尿病神経障害は、英語で「diabetic neuropathy」と呼びます。




【目次】



糖尿病神経障害

糖尿病の合併症の中で最も早く出てくるのが「糖尿病神経障害(とうにょうびょうしんけいしょうがい)」です。

糖尿病神経障害の初期症状として、「足の裏のしびれ」「疼痛(とうつう)」(ズキズキとうずくような痛み)が起こります。

その後、「手の指の先のしびれ」の症状が現れます。

人によって症状はさまざまで、ひどくなるとケガや火傷の痛みに気づかなくなることもあります。

痛みに気づかなくなるというのは怖いことで、足の痛みが感じなくなることで靴擦れや足の傷ができても気づきにくく、また、細菌の感染への抵抗力が弱くなることによって、足が壊死してしまい、切断にまで至ってしまうこともあるそうです。

特に足の冷えを感じて、糖尿病の人は、危険なのだそうです。

【関連記事】

そして、神経障害が進むと、知覚神経以外の運動神経や自律神経も障害を受けるようになります。

筋肉の萎縮や筋力の低下、胃腸の不調、立ちくらみ(起立性低血圧)、便秘、下痢、排尿障害、発汗異常、インポテンツ、EDなど、さまざまな自律神経障害の症状も現れます。


糖尿病危険度チェック について詳しくはこちら



糖尿病の改善・予防について詳しくはこちら

血糖値を下げる方法・血糖値を下げる食品について詳しくはこちら



糖尿病の合併症のリスク要因

糖尿病の大きな問題は、合併症。

糖尿病による腎臓障害で人工透析を始める人も多く、また糖尿病が原因の視覚障害や糖尿病神経障害(手足のしびれ・壊疽など)が発生することもあります。

糖尿病になると、糖尿病網膜症緑内障白内障などの目の病気になりやすいそうです。

また、糖尿病の人は、高血圧になる可能性が高いともいわれます。

それは、糖尿病と高血圧の危険因子が同じだからだと考えられています。

その他にも、高脂血症脂質異常症ともリスク要因が重なる部分が多いため、注意が必要です。

そして、HbA1cが高いと動脈硬化が進み、心筋梗塞などの危険を高めると考えられます。


→ 糖尿病の3大合併症(糖尿病神経障害、糖尿病網膜症糖尿病腎症)について詳しくはこちら。



糖尿病の原因

1型糖尿病の原因は、遺伝や環境が原因とも言われていますが、はっきりとはわかっていないというのが現実です。

2型糖尿病の主な原因は、内臓脂肪の増加や運動不足による肥満であるといわれています。

肥満以外にも遺伝や環境、ストレス、加齢、食べすぎ、味覚障害なども原因といわれています。

【糖尿病になるメカニズム】

栄養の摂りすぎ・運動不足

→ 脂肪の蓄積=肥満

→ 脂肪組織の線維化

→ 脂肪肝(肝臓に脂肪が蓄積)

→ 脂質代謝異常(コレステロール値の異常)や耐糖能障害(血糖値の異常)

→ 動脈硬化

→ 糖尿病


糖尿病の原因 について詳しくはこちら



糖尿病の治療法

糖尿病の治療法としては、初期段階なら食事療法と運動療法です。

進行したら薬物療法が必要になります。


糖尿病の食事

糖尿病と診断されてしまったら、日常の生活強度に合った食事をする必要があります(食事療法)。

糖尿病食で食べてはいけないものはありませんが、自分にあった分量の食事で、必要とする全ての栄養素をとるように工夫します。

バランスのとれた食事になるので、家族と一緒に食べられます。

なお、医師の指導に従ってください。

糖尿病の食事(食事療法) について詳しくはこちら


糖尿病の運動療法

食事療法と同様、運動療法でも医師の指導に従って、自分にあった運動メニューを作ります。

糖尿病の場合、急に激しい運動をしてはいけませんし、運動量が足りなすぎても効果がありません。

糖尿病の運動(運動療法) について詳しくはこちら


薬物療法

主な薬物療法は、血糖を下げるための血糖降下薬という飲み薬と、インスリンがほとんど分泌されない人や不足の人のためのインスリン注射です。

薬物療法が必要になるのは、1型糖尿病の人です。

1型糖尿病の場合、体内でインスリンを作れないため、必ずインスリン注射が必要になります。

それ以外の型でも、食事療法や運動療法を続けても効果が現れない場合、薬物療法を行います。

どちらも医師に相談せず、勝手にやめたり、多く使ってはいけません。

薬を飲み始めて調子が悪くなったら、必ず医師に相談するようにしてください。

*糖尿病治療の際は、必ず専門医にご相談ください。



糖尿病の改善・予防-食事

糖尿病を予防する食事・生活習慣とは、まずは食べ過ぎないこと。そして、バランスよい食事をすること。


糖尿病の食事(食事療法)|血糖値を抑える食べ方 について詳しくはこちら


規則正しい生活をする

体内リズムに合わせて規則正しい生活を送ることが糖尿病の予防・改善につながるということが証明されたそうです。

また、規則正しい生活を送ることによって、肝臓の糖代謝を促し、インスリンが効きにくくなるのを防ぐということもわかったそうです。

【関連記事】

規則正しい生活が糖尿病の予防・改善につながることを解明


緑黄色野菜を摂る

厚生労働省によると、野菜を1日に350g以上、特に緑黄色野菜を120g以上摂ることを目標としています。

緑色の葉物野菜の摂取量が増えると、糖尿病のリスクを減らすことができるそうです。

緑色の葉物野菜には、抗酸化物質とマグネシウムが豊富であることによって、糖尿病のリスクを減らすのではないかと考えられるようですが、これを裏付けるためにはさらなる研究が必要になりそうです。

【関連記事】

2型糖尿病予防には緑色の葉もの野菜が有効、英研究

食物繊維を摂って糖尿病改善|ためしてガッテン 6月10日


野菜不足が気になる方に
→青汁無料お試しサンプル

青汁通販オンラインショップ

今なら最大18%OFFのお得なスーパーセール価格で購入できます!


甘いものや脂っぽい食事を避ける

甘いものや脂っぽいものは太りやすい食品ですので、食べ過ぎには気をつける。

【関連記事】

糖尿病は「過食」「運動不足」が原因で加速する!


食物繊維を含む食品

肝臓から腸に分泌される「胆汁酸」の排出で、肥満や糖尿病、メタボリックシンドロームの改善が期待できるそうです。

もずくやこんにゃくなど食物繊維を含む食材を日頃から食べることで、肥満や糖尿病、高コレステロール血症、メタボリックシンドロームが予防できれば、脳梗塞心筋梗塞といった日本人の死因の30%を占める血管疾患の発症抑制につながるかもしれないそうです。

→ 食物繊維を多く含む食品 について詳しくはこちら

【関連記事】

胆汁酸の排出で肥満や糖尿病が改善


薄味の食事

濃い味の食事をしているとごはんをたくさん食べてしまいがちのため、薄味の食事にしましょう。


決まった時間に時間をかけて食事する

ゆっくりかんで食事をすることが満足感を与えます。

【関連記事】

毎日手料理を食べている人は糖尿病のリスクが13%低い|米ハーバード大


アディポネクチンを増やす

アディポネクチンが2型糖尿病予防に役立つとして注目されています。

アディポネクチンを増やす食品は、マグネシウム食物繊維を多く含む海藻類、青魚、大豆などといわれています。

ちょっとした生活習慣の改善が糖尿病予防に役立ちます。

→ アディポネクチン について詳しくはこちら


糖尿病の予防には白米より玄米

米ハーバード大などの研究チームが、玄米などの全粒穀物を食べる人たちは、白米その他の精白した穀物を食べる人よりも2型糖尿病を発症するリスクが低い、とする研究結果を発表した。

【関連記事】

玄米に含まれる「ガンマオリザノール」に糖尿病の改善・予防効果 琉大など研究グループ


チョコレート

チョコレートに含まれるカカオ・ポリフェノールが糖尿病のリスクを低くする効果があると考えられるので、カカオの含有量の多いものを選ぶ。

【関連記事】

チョコレートには糖尿病になるリスクを低減させる効果がある 東京医科大学とハーバード大学の研究チーム


血糖値を上げやすいメニューに注意

炭水化物は血糖値を上げやすく、脂質は血糖値を下げにくくする。

お酒を飲むと、血糖値が下がり、食欲が増すと考えられており、つい食べ過ぎてしまうことが多いため、注意が必要。

ブドウ糖は血糖値を上げやすいため、摂り過ぎには注意。

朝食を食べないと、昼食を食べたときに血糖値が大きく上がる。


フコイダン

もずくなどの含まれるネバネバ成分のフコイダンには、コレステロールを排除し、血糖値の上昇を抑える効果があるそうです。

【関連記事】

主治医が見つかる診療所 3月30日|フコイダンにはコレステロールを排除し血糖値の上昇を抑える効果


血糖値を抑える食べ方

1.1口30回噛む

早食いをすると、インスリンの分泌が間に合わないため、急激に血糖値が上昇します。

1口30回噛むこと、つまりゆっくり食べることで血糖値の急激な上昇を抑えることができるというわけです。

2.食物繊維の多い野菜から先に食べる

糖分が食物繊維に絡まり、通常よりゆっくりと吸収されるため、食後の血糖値の上昇を抑えることができるそうです。

3.食後一時間以内にエネルギーを消費する

食後一時間以内に運動や入浴をすると、血糖値は抑えられるそうです。

運動や入浴で汗をかくと、エネルギーとして糖分が消費され、血糖値が抑えられる。


みかん

ミカンに含まれる色素「βクリプトキサンチン」の血中濃度の高い人は、糖尿病の発症リスクが低いことがわかったそうです。

【関連記事】

みかんをよく食べる人は、糖尿病の発症リスクが低い!?


大麦

大麦には、食後の血糖値を抑える働きがあるそうです。

大麦を3割混ぜた麦ごはんを食べた場合は、血糖値の上がり方は非常に緩やかになるそうです。

それは、「大麦βグルカン」が糖質と混ざり合うことで、消化吸収が緩やかになり、食後の血糖値の急上昇が抑えられるからなのだそうです。

【関連記事】

「大麦」は悪玉コレステロールを減らして動脈硬化予防に役立つ食材|大麦レシピ|みんなの家庭の医学


コーヒー

国立がん研究センターの多目的コホート研究によれば、コーヒーに含まれるクロロゲン酸には血糖値を改善する効果があり、コーヒーの摂取頻度が多いと、糖尿病の既往歴の割合が低い傾向にあることが分かったそうです。

【関連記事】

コーヒーに含まれるクロロゲン酸は糖尿病の発症抑制や血糖値を改善する効果がある

コーヒーを飲む量を増やした人は、糖尿病にかかりにくくなる!?


マグネシウム

食事でマグネシウムを摂取している人は糖尿病になりにくいということが福岡県久山町の住民の健康診断データを21年間にわたって追跡した九州大チームの調査で確認されたそうです。

マグネシウムは豆や海藻をはじめ、精製していない食品に広く含まれています。

厚生労働省は30〜49歳の男性に1日370ミリグラム、30〜49歳の女性に1日290ミリグラムの摂取を推奨していますが、実際の摂取量は男性平均250ミリグラム、女性同224ミリグラム(平成22年国民健康・栄養調査)で下回っています。

→ マグネシウム についてはこちら。

【関連記事】

マグネシウムが糖尿病抑制

糖尿病の前段階の人はマグネシウムを摂取すると血糖値が改善する!?

マグネシウムを摂取している量が多いほど糖尿病のリスクが下がる!?


亜鉛

糖尿病の人はインスリンの作用が十分でないため、細胞が十分な量のブドウ糖を血液中から取り込むことができません。

その結果、体のエネルギーが不足し、疲れやすくなります。

すい臓でインスリンを作る際には、亜鉛が欠かせません。

亜鉛にはインスリンの働きを持続させる働きもあります。

亜鉛を含む食品 についてはこちら。

【関連記事】

糖尿病の原因の1つに亜鉛の分泌量不足の可能性が浮上 順天堂大など


亜鉛サプリ通販


タウリン

タウリンには、すい臓機能を高め、インスリンの分泌を良くする働きがあると言われ、糖尿病の予防に良いとされています。

マグネシウムとタウリンを多く摂取している人は、高血圧・高脂血症・糖尿病・肥満が少ないそうです。

→ タウリンを含む食品 についてはこちら。

【関連記事】

マグネシウムとタウリンを多く摂取している人は、高血圧・高脂血症・糖尿病・肥満が少ない?|世界一受けたい授業 12月4日


タウリンサプリ通販


糖尿病の食事(食事療法)|血糖値を抑える食べ方 について詳しくはこちら



糖尿病の改善・予防-運動

糖尿病を予防するには、運動も大事。


→ 糖尿病の運動(運動療法) について詳しくはこちら


なぜ糖尿病を予防するには、食事だけでなく、運動が大事となってくるのか。

運動をしないと筋肉はやせて、体重が少なくても脂肪の多い体になる。このことを「隠れ肥満」という。

隠れ肥満になると、基礎代謝が減ってしまう。隠れ肥満だと同じ分量の食事をとっても、基礎代謝、つまり、使うエネルギー量が少ないから、脂肪になる分量が多くなってしまう。

運動をすることで体についた中性脂肪を減らしたり、筋肉をつけて基礎代謝の多い体ができます。

そうすることで、太りにくい身体にもなるのです。運動を取り入れて糖尿病を予防しましょう。


●AMPキナーゼを運動で活性化させ、血糖値や中性脂肪を下げる

糖尿病予防には、3分体を動かすだけでも効果があり、筋肉の中にある酵素・AMPキナーゼを活性化させることがポイントなのだそうです。

有酸素運動 の自転車こぎ 3分間の運動を一日に10回行ない、翌日、脂肪を多く含んだ食事をとってもらい、血液中の中性脂肪 の量を詳しく調べたところ、前日運動しない場合に比べ、中性脂肪値が下がっていることがわかったそうです。

運動後一日たっても筋肉に脂肪がたまりにくくなっていたということです。

つまり、脂肪を燃やす有酸素運動は、一般的に長い時間行わなければいけないといわれていますが、3分間細切れに行なった運動でも中性脂肪を低下させる効果が出るということです。


●筋肉を動かすと、AMPキナーゼが活性化し、糖や脂肪を効率良くエネルギーに変えてくれることがわかったそうです。

これは、インスリンと同等くらい強力なのだそうです。


●どんな運動が良いかについてですが、どんな運動でも筋肉に刺激が入るので、筋肉に刺激が入れば、好ましい結果が得られるそうです。


●週に7分間の運動でも体内の血糖値を下げるインスリンの働きを改善してくれるそうです。


●血糖値を下げるには運動をして筋肉を使うこと。大きい筋肉は大腿筋なので、やや速く歩くようにすると良いようです。


【関連記事】


→ 糖尿病の運動(運動療法) について詳しくはこちら

糖尿病の予防 先頭にもどる




糖尿病の改善・予防-睡眠

糖尿病治療と一緒に不眠治療を行うことで、糖尿病が改善し、血管障害(血糖値動脈硬化)を予防できる可能性があるそうです。

糖尿病治療と一緒に不眠治療を行うことで、糖尿病が改善し、血管障害を予防できる可能性がある!?によれば、2型糖尿病患者の多くが睡眠障害を併発しているそうです。

睡眠不足になると、健康にさまざまな悪影響があります。

睡眠不足がすべての原因とはいえないでしょうが、睡眠不足をもたらす生活習慣によって、太りやすくなり肥満の原因となったり、糖尿病などの生活習慣病のリスクが高まることが考えられます。

徹夜をする子供は糖尿病のリスクが高まる?によれば、睡眠時間を毎日6時間、あるいはいつもより1時間でも多く睡眠をとった場合は、インスリン抵抗性が9%改善されたそうです。

今後、糖尿病治療に不眠治療を並行して行っていくことが増えていくかもしれません。


【関連記事】



糖尿病の改善・予防-糖尿病の検査

糖尿病の症状には、のどの渇く、尿の量・回数が多いなどの自覚症状がありますが、糖尿病だけに当てはまるような特徴的な症状ではありません。

糖尿病の症状・初期症状


また、初期で合併症(糖尿病神経障害・糖尿病網膜症・糖尿病性腎症)がなければ、自覚症状がないことも多いです。

「糖尿病かもしれない」「糖尿病を予防したい」という人には、糖尿病のスクリーニング検査を受けることが重要になります。

スクリーニング検査とは、定期健康診断や人間ドックなどで、検査を実施する段階では自覚症状がない方を対象に行い、隠れた病気を早期発見することが目的としています。

糖尿病のスクリーニング検査は、検尿(尿糖検査)と採血による血糖検査が一般的です。

検尿(尿糖検査)には簡単にできるというメリットがありますが、一般に尿糖は血糖値がかなり高くならないと現れないため、空腹時に行なう尿糖スクリーニング検査はあまり意味がありません。

また、糖尿病でない場合でも、つまり血糖値が正常であっても、腎臓の機能が低下している場合には、尿糖が陽性になることがあります

そのため、より確実に糖尿病であるかをチェックするには、血糖検査が重要になります。

ちなみに、糖尿病のスクリーニング検査は、30〜45歳の間に始め、3年から5年ごとに定期的に検査を受け続けた方が費用対効果が高いそうです。

【関連記事】

糖尿病のスクリーニング検査は早期開始がお得


糖尿病の診断基準(血糖値・HbA1c)

1) 空腹時血糖126(mg/dl)以上

2) 75グラムのブドウ糖を飲み2時間後の血糖200以上

3)随時血糖200以上

4) ヘモグロビンA1c6.5%以上


→ 糖尿病の診断基準(血糖値・HbA1c) について詳しくはこちら


薬局で糖尿病検査ができる、厚労省が規制緩和

厚生労働省は2014年4月、規制緩和による法改正を実施し、薬局などが「検体測定室」として国に届け出れば、糖尿病検査キットを使って、自己採血による血液検査ができるようになりました。

また、脂質異常症肝機能障害の検査も可能で、費用はいずれも1検査当たり500円から1000円程度です。



実際の糖尿病神経障害については、専門医の受診をおすすめいたします。



糖尿病神経障害関連ニュース

SIREN CARE|糖尿病患者の足の炎症や傷害を温度センサーでリアルタイムに見つけるスマートソックス


糖尿病性神経障害

会社概要サイトマップお問い合わせ


糖尿病関連ワード

糖尿病とは|糖尿病の症状・初期症状

糖尿病の診断基準(血糖値・HbA1c)

糖尿病改善・予防する方法(食べ物・運動)

糖尿病危険度チェック

糖尿病の原因(生活習慣)|女性・男性

糖尿病の合併症|網膜症・腎症・神経障害

糖尿病の食事(食事療法)|血糖値を抑える食べ方

糖尿病の運動(運動療法)|筋トレ・有酸素運動

薬局でもできる糖尿病の検査|検尿(尿糖検査)と採血による血糖検査

血糖値(正常値・食後血糖値・空腹時血糖値)・血糖値を下げる食品

糖尿病網膜症の症状・治療・分類・予防

糖尿病性腎症の症状・原因・治療

糖尿病性神経障害の症状(しびれ・痛み・疼痛)

歯周病は糖尿病の合併症の一つ!?糖尿病と歯周病の関係

アディポネクチン


タウリンサプリ通販

→タウリンサプリ無料お試しサンプルへのお申し込みはこちら!


病気・症状

目の病気 症状


専門サイト

健康情報青汁えごまそば専門店ブルーベリー・ルテイン・カシス通販


健康情報ならハクライドウ