糖尿病の検査

糖尿病の検査

 

> 健康情報 > 病気・症状 > 糖尿病 > 糖尿病の検査

糖尿病の検査

糖尿病を予防するには糖尿病の検査を定期的に行ってチェックすることが重要です。

それは、糖尿病だけに当てはまるような特徴的な症状がなく、また初期の段階では自覚症状が現れることも多いため、早期発見するためには検査を行うことが大事になってきます。

また、最近では薬局でも糖尿病の検査ができるように規制緩和をされたことにより、糖尿病の検査が身近なものとなってきています。

糖尿病の検査にどのようなものがあるのかまとめました。



目次



糖尿病の検査が重要な理由

糖尿病の症状には、のどの渇く、尿の量・回数が多いなどの自覚症状がありますが、糖尿病だけに当てはまるような特徴的な症状ではありません。

糖尿病の症状・初期症状


また、初期で合併症(糖尿病神経障害・糖尿病網膜症・糖尿病性腎症)がなければ、自覚症状がないことも多いです。

そのため、「糖尿病かもしれない」「糖尿病を予防したい」という人には、糖尿病のスクリーニング検査を受けることが重要になります。


→ 糖尿病とは|糖尿病の症状・初期症状 について詳しくはこちら


→ 糖尿病危険度チェック について詳しくはこちら




糖尿病の検査|検尿(尿糖検査)と採血による血糖検査

スクリーニング検査とは、定期健康診断や人間ドックなどで、検査を実施する段階では自覚症状がない方を対象に行い、隠れた病気を早期発見することが目的としています。

糖尿病のスクリーニング検査は、検尿(尿糖検査)と採血による血糖検査が一般的です。

検尿(尿糖検査)には簡単にできるというメリットがありますが、一般に尿糖は血糖値がかなり高くならないと現れないため、空腹時に行なう尿糖スクリーニング検査はあまり意味がありません。

また、糖尿病でない場合でも、つまり血糖値が正常であっても、腎臓の機能が低下している場合には、尿糖が陽性になることがあります。

そのため、より確実に糖尿病であるかをチェックするには、血糖検査が重要になります。

ちなみに、糖尿病のスクリーニング検査は、30〜45歳の間に始め、3年から5年ごとに定期的に検査を受け続けた方が費用対効果が高いそうです。

【関連記事】

糖尿病をチェックするには糖尿病のスクリーニング検査が重要|検尿(尿糖検査)と採血による血糖検査

糖尿病のスクリーニング検査は30〜45歳から始め、定期的に検査を受けた方が費用対効果が高い


糖尿病の診断基準(血糖値・HbA1c)

1) 空腹時血糖126(mg/dl)以上

2) 75グラムのブドウ糖を飲み2時間後の血糖200以上

3)随時血糖200以上

4) ヘモグロビンA1c6.5%以上


→ 糖尿病の診断基準(血糖値・HbA1c) について詳しくはこちら



薬局で糖尿病検査ができる、厚労省が規制緩和

薬局で糖尿病検査ができる、厚労省が規制緩和

厚生労働省は2014年4月、規制緩和による法改正を実施し、薬局などが「検体測定室」として国に届け出れば、糖尿病検査キットを使って、自己採血による血液検査ができるようになりました。

また、脂質異常症肝機能障害の検査も可能で、費用はいずれも1検査当たり500円から1000円程度です。


糖尿病の検査 先頭にもどる




→ 糖尿病改善・予防する方法(食べ物・運動) について詳しくはこちら



実際の糖尿病については、専門医の受診をおすすめいたします。



糖尿病の検査


糖尿病関連ワード

糖尿病の症状(初期症状)チェック

糖尿病の診断基準(血糖値・HbA1c)

糖尿病改善・予防する方法(食べ物・運動)

糖尿病危険度チェック

糖尿病の原因(生活習慣)チェック

糖尿病の合併症|怖い三大合併症の症状チェック

糖尿病の食事(食事療法)|血糖値を抑える食べ方

糖尿病の運動療法|糖尿病を予防する運動(筋トレ・有酸素運動)

糖尿病の検査|検尿(尿糖検査)と採血による血糖検査

糖尿病の治療・治す方法|大学・企業による最新研究まとめ

血糖値とは|空腹時血糖値を下げる食べ物・食事|血糖値が高い原因

歯周病は糖尿病の合併症の一つ!?糖尿病と歯周病の関係

糖尿病網膜症の症状・治療・分類・予防

糖尿病性腎症の症状・原因・治療

糖尿病性神経障害の症状(しびれ・痛み・疼痛)

糖尿病予備軍に電話で予防のアドバイスを続けることで発症率が4割下がる


タウリンサプリ通販

→タウリンサプリ無料お試しサンプルへのお申し込みはこちら!


専門サイト

健康情報青汁えごまそば専門店ブルーベリー・ルテイン・カシス通販


会社概要

サイトマップ

お問い合わせ

プライバシーポリシー


健康情報ならハクライドウ