チョコレートの健康効果

チョコレートの健康効果

> Home健康情報 > 病気・症状 > チョコレートの健康効果

チョコレート

Chocolate

by russellstreet(画像:Creative Commons)

甘くて美味しいお菓子、チョコレート。

チョコレートは、子供だけでなく大人も愛するお菓子ですよね。

最近では有名ショコラティエがつくるチョコレートが人気で、デパートなどでも有名ショコラティエのチョコが並んでいます。

【関連記事】

チョコレートの世界|マツコの知らない世界

ところで、近年、チョコレートの健康効果に注目が集まっていることをご存知ですか?

そこで、チョコレートの健康効果についてまとめてみました。



【目次】



チョコレートで動脈硬化予防

チョコレートの健康効果が研究で証明|血圧を下げる効果やHDLコレステロール増加による動脈硬化予防によれば、チョコレートに含まれるカカオポリフェノールには、血管が広くなる効果があることによって、赤血球が通りやすくなり、血圧を下げる効果が期待できるそうです。

また、HDLコレステロールがチョコレートの摂取によって増加することも分かったそうです。

動脈硬化を引き起こす脂質異常症の基準は、

LDLコレステロール(悪玉コレステロール)が140mg/dL以上」

HDLコレステロール(善玉コレステロール)が40mg/dL未満」

中性脂肪が150mg/dL以上」

となっていますが、HDLコレステロールが増えることによって、動脈硬化を防ぐことにもつながることが期待できるそうです。

カカオポリフェノールが70%含まれているような、高濃度のポリフェノール含有チョコレートを一日に25g食べることを習慣にすると健康に良いということになります。

【関連記事】

チョコレートには糖尿病になるリスクを低減させる効果がある‐東京医科大学とハーバード大学の研究チーム



チョコレートには糖尿病になるリスクを低減させる効果がある

東京医科大学とハーバード大学の研究チームによれば、米国の健康な男性1万8,000人以上のデータを分析し、チョコレートと糖尿病発症についての関係を調査したところ、チョコレートを多く食べている人は、全く食べない人と比べて糖尿病のリスクが低くなっていることがわかったそうです。

●標準体重の男性に限り、チョコレートによる糖尿病リスクを低くする効果があります。

●運動習慣があり、チョコレートを定期的に食べる人は、肥満度指数(BMI)が低い傾向があります。

●チョコレートに含まれるカカオ・ポリフェノールが糖尿病のリスクを低くする効果があると考えられるので、カカオの含有量の多いものを選びましょう。

●カカオの含有量の低いチョコレートはカロリーや脂質が高いため、継続的な食べすぎは肥満のほか脂質異常症や糖尿病などの生活習慣病を引き起こしかねないので、注意しましょう。

【関連記事】

チョコレートには糖尿病になるリスクを低減させる効果がある‐東京医科大学とハーバード大学の研究チーム



チョコレートダイエットの効果

【チョコレートダイエット(ビターチョコレート・低カロリーチョコレート)】

1.食物繊維

糖分・脂肪を吸収する。食事の前に取ることで糖のとりすぎを防ぐ。

2.カカオポリフェノール

脂肪燃焼を促す。燃焼効率をアップ。

3.食事前に大好きな食べ物を摂ることで脳が満足感を得られる。

余分なものをとらずにすみ、またダイエットのストレスも減らすことになる。

【参考記事】

チョコレートダイエットの効果|ベストハウス123




チョコレートが心臓病のリスク軽減につながる

チョコレートが心臓病のリスク軽減につながる可能性=調査によれば、チョコレートが心臓病のリスクを3分の1に減らす可能性があることがわかったそうです。

【関連記事】

フレンチ・パラドックスとは?|フレンチ・パラドックスが覆されたかもしれない!?



チョコレートをよく食べる人は肥満度指数が低い

チョコレートをよく食べる人は肥満度指数が低い傾向-米研究によれば、運動習慣があり、チョコレートを定期的に食べる人は、肥満度指数(BMI)が低い傾向があるにあるそうです。

この記事のポイントは、「運動する習慣がある」ということと、「どんなチョコレートを選ぶか」ということです。


チョコレートバーには、一本200キロカロリーを超えるものもあり、また、飽和脂肪酸や糖分が含まれているということも忘れてはいけません。

健康のためにチョコレートを選ぶ場合には、ダークチョコレートを選ぶか、カカオパウダーを活用するとよいのではないでしょうか。



チョコレートで脳を酔わせる?チョコは恋愛の特効薬?!

チョコレートで脳を酔わせる?チョコは恋愛の特効薬?!によれば、チョコレートの原料カカオに含まれるフェニルエチルアミンは、恋愛したときに作られるドーパミンの放出を促すという効果があるそうです。

【関連記事】

バレンタインデーの告白を科学的に成功させる方法




チョコレート関連ニュース

チョコ、「高カカオ」「乳酸菌入り」など健康志向で消費拡大|健康を気遣う50代以上の中高年が消費を引っ張る


チョコレートの健康効果


チョコレート関連ワード

コレステロールとは|コレステロール値を下げる食品・食事

総コレステロール値・基準値|総コレステロールが高い原因

HDLコレステロール(善玉コレステロール)を増やす・基準値

LDLコレステロール(悪玉コレステロール)を下げる食事・食品

悪玉コレステロールの数値(基準値)

悪玉コレステロールが高い原因

高脂血症とは|高コレステロール血症の症状・原因・食事

心筋梗塞の症状・原因・前兆・予防

動脈硬化とは|動脈硬化の症状・原因・改善方法

中性脂肪とは・数値(正常値)・高い原因・下げる(減らす)

亜鉛を含む食べ物・食品|亜鉛不足チェック・摂取量

タウリンとは|タウリンの効果・効能|タウリンの多い食品・食べ物

オメガ3脂肪酸

肝臓とは|肝臓の機能・働き・位置(場所)

肝臓の病気|肝臓病の初期症状・種類・原因

脂肪肝とは|脂肪肝の症状・原因・治し方

メタボリックシンドローム


病気・症状

目の病気 症状

目の下のクマを取る方法 原因と解消方法

腎臓とは|腎臓の働き・機能・位置

高血圧の症状・食事・数値・予防・原因・対策|高血圧とは

低体温の改善方法・原因・症状・病気


専門サイト

健康情報青汁えごまそば専門店ブルーベリー・ルテイン・カシス通販


会社概要

サイトマップ

お問い合わせ

プライバシーポリシー


健康情報ならハクライドウ