葉酸の効果|妊娠初期・うつ・動脈硬化

葉酸の効果|妊娠初期・うつ・動脈硬化

> 健康情報 > 病気・症状 > 葉酸の効果

葉酸とは|葉酸の効果

spinach leaves

葉酸は、ビタミンB群の一種です。

妊娠初期に葉酸が不足すると、胎児の発育に影響を与える危険性が高まるといわれています。

また、葉酸は認知症予防に役立つのではないかとしてその役割が注目されています。

→ 葉酸の多い食べ物・食品・サプリ について詳しくはこちら



目次



葉酸と妊娠|葉酸の効果

葉酸が妊娠において必要な栄養素だといわれるのは、妊娠初期に葉酸が不足していると、子供が神経障害を持つリスクが高まるといわれているからです 。

ここでいう妊娠初期とは、胎児の細胞分裂が最も盛んな時期のことをいいます。

葉酸はDNAが作られるときに働く補酵素で、細胞分裂には不可欠な栄養素です。

しかし、現状では、妊娠後、産婦人科等で葉酸について知り、それから葉酸を摂るようにしている女性が多いようです。

葉酸は、現時点での妊娠に関係なく、将来的に妊娠を望んでいる女性にはできれば日頃から摂取してほしい栄養素です。


妊娠初期と栄養・妊娠の初期症状 について詳しくはこちら


葉酸の摂取で子どもの先天病「神経管欠損症(NTD)」の予防に成功‐アメリカによれば、アメリカでは子供の先天病「神経管欠損症」を予防するために、将来妊娠の可能性のあるすべての女性に対し、一日400μgの葉酸を摂取するよう推奨しており、1998年からはパンや穀類に100g当たり140μgの葉酸を強制的に加えるようにしたことで、年間約1300人の発症を未然に防いでいるそうです。

「先天性疾患を予防のため葉酸を添加して」専門医ら食品メーカーに要望(2015/9/2)によれば、米国はじめ82か国では、穀類などに葉酸が添加され、二分脊椎の子どもが生まれる割合は減っているそうです。

→ 葉酸の多い食べ物・食品・サプリ について詳しくはこちら




葉酸とうつ|葉酸の効果

葉酸がうつ病予防に効果がある|多目的コホート研究によれば、葉酸や抗酸化ビタミン(ビタミンCやカロテン)は、自殺の危険因子の一つであるうつに対して予防的に働くそうです。

葉酸の多い食べ物・食品・サプリ について詳しくはこちら



葉酸と動脈硬化|葉酸の効果

最近の研究によれば、葉酸が不足するとホモシステインという物質が増加することがわかってきたそうです。

ホモシステインが増加すると、血管壁に衝突して傷つけてしまい、動脈硬化を誘発してしまうおそれがあるそうです。

葉酸を摂取することによって、ホモシステインを減らすことが、動脈硬化を予防し、血管年齢を若くすることにつながります。

【関連記事】

葉酸で動脈硬化予防|たけしの家庭の医学 9月28日

→ 葉酸の多い食べ物・食品・サプリ について詳しくはこちら



葉酸と大腸がん|葉酸の効果

大腸がん、予防に「葉酸」が効果 愛知がんセンターによれば、葉酸を多く摂って、飲酒しない人程、大腸がんになりにくいそうです。


→ 葉酸の多い食べ物・食品・サプリ について詳しくはこちら




葉酸ニュース

葉酸の含有量が多い食品ランキングベスト10

葉酸取りすぎ、妊婦は注意 胎児に悪影響の可能性も

葉酸は妊婦の味方

葉酸・ビタミンB12投与、アルツハイマー改善

20代女性の5人に一人が「やせ」|摂取カロリーは終戦直後よりも少なくなっている!?


→野菜が不足している方におすすめ!
→青汁無料お試しサンプルはこちら

青汁通販オンラインショップ

1万円以上のご購入で送料無料。
今なら最大18%OFFの初回購入者価格・スーパーセール特価で提供中!
→詳しくはこちら!


葉酸の効果葉酸の多い食べ物

会社概要サイトマップお問い合わせ


葉酸関連ワード

亜鉛を含む食べ物・食品|亜鉛不足チェック・摂取量

タウリンとは|タウリンの効果・効能|タウリンの多い食品・食べ物

更年期障害の症状・原因・チェック|40代・50代女性の更年期症状

メタボリックシンドローム

肝臓とは|肝臓の機能・働き・位置(場所)

肝臓の病気|肝臓病の初期症状・種類・原因

脂肪肝とは|脂肪肝の症状・原因・治し方

コレステロールとは|コレステロール値を下げる食品・食事



病気・症状

目の病気・症状

目の下のクマを取る方法 原因と解消方法

低体温の改善方法・原因・症状・病気

肥満

高血圧とは|高血圧の症状・食事・数値・予防・原因・対策

糖尿病とは|糖尿病の症状・初期症状


専門サイト

健康情報青汁えごまそば専門店ブルーベリー・ルテイン・カシス通販


健康情報ならハクライドウ