更年期障害を改善・予防する食事・サプリメント|更年期に欠かせない栄養

健康情報更年期


更年期障害を改善・予防する食事・サプリメント

 

> 健康情報 > 病気・症状 > 更年期 > 更年期障害の食事

更年期障害・更年期の食事

食生活の見直しをする

更年期にはホルモンバランスの乱れがきっかけとなり、骨粗鬆症や高血圧脂質異常症高脂血症)、糖尿病など様々な病気を起こしがちです。

特に女性の場合、閉経によって女性ホルモンが減少するため、動脈硬化の進行が早まる場合があります。




ビタミン・ミネラルなどバランスの取れた食事で栄養を十分に摂る。

■亜鉛

亜鉛は、ホルモンバランスを整える働きがあります。

女性の場合は、亜鉛が不足すると女性ホルモンの働きが悪くなったり、月経異常を引き起こしてしまう可能性があります。

特に更年期ともなれば、亜鉛不足がホルモンバランスをさらに乱れさせて、症状を悪化させてしまうことにもありえます。


⇒ 亜鉛の多い食品 について詳しくはこちら


→健やかに過ごしたい40代の女性に

亜鉛サプリ通販

今なら最大15%引きのお得な初回購入者価格・まとめ買いセール特価で提供中!


■カルシウム

カルシウムもぜひ摂って頂きたいミネラル。

特に女性は、エストロゲンの減少によって、骨粗鬆症になる可能性が高まるため、更年期には摂って頂きたいです。


⇒ カルシウムの多い食品 について詳しくはこちら


■大豆イソフラボン

大豆イソフラボンは、更年期障害の原因といわれる「エストロゲン」と構造が似ているため、体内に入ると、エストロゲンと同じような働きをするといわれる。大豆製品などから摂れます。

ただ、最近の研究によれば、大豆イソフラボンの健康効果の恩恵を受けやすい人とそうでない人がいることが明らかになったそうです。

その違いは、エクオールを作り出すためのエクオール産生菌という腸内細菌を持っているかどうかです。

腸内細菌によって大豆イソフラボンに含まれるダイゼインという成分をエクオールに変えることで、ダイゼインのままと比べ、よりエストロゲンに似た働きをすると言われています。


■エクオール

エクオールとは、大豆イソフラボンがエクオールを作り出すための腸内細菌(エクオール産生菌)のチカラでつくられます。

大豆イソフラボンは、更年期障害の原因といわれる「エストロゲン」と構造が似ているため、体内に入ると、エストロゲンと同じような働きをするといわれています。

ただ、最近の研究によれば、大豆イソフラボンの健康効果の恩恵を受けやすい人とそうでない人がいることが明らかになったそうです。

その違いは、エクオールを作り出すためのエクオール産生菌という腸内細菌を持っているかどうかです。

腸内細菌によって大豆イソフラボンに含まれるダイゼインという成分をエクオールに変えることで、ダイゼインのままと比べ、よりエストロゲンに似た働きをすると言われています。

エクオール産生菌という腸内細菌を持っている人といない人がいるそうで、エクオール産生菌がいない人は、大豆イソフラボン(ダイゼイン)のまま吸収されるそうです。

日本人の50%がエクオールを作れるそうです。

逆を言えば、日本人の50%がイソフラボンを摂取しても、エクオールによる更年期症状緩和の効果ができないということです。

※2015年5月29日に開催された第15回抗加齢医学会総会での発表によれば、エクオール産生能力者は約3割の結果が出ているとのことで、エクオール効果の恩恵にあずかれる女性は、これまで知られていた以上に減少している可能性があります。

若い人にエクオールを作れる人が少なくなっているそうですが、食の欧米化が原因ではないかと考えられます。(欧米人の3分の2がエクオールを作り出せない)

エクオールの効果|エクオールを作れる人、作れない人の違いとは?|世界一受けたい授業 5月2日によれば、更年期症状の軽い人はエクオールの量が多いそうです。

更年期症状の重い人のグループに、エクオールをつくれる人が少なかったそうです。

エクオールには、更年期のホットフラッシュ(ほてり)や首や肩のこりを改善する効果が確認されているそうです。

エクオールの産出能力をチェックするには、「尿中エクオール検査」や「ソイチェック」といった簡単な尿検査で調べることができるそうです。

大豆イソフラボン1日必要摂取量は50mgで、納豆なら50gで大豆イソフラボン50mgの摂取が可能です。

【関連記事】

【#その原因Xにあり】名医が更年期障害を改善SP|女性ホルモン低下を救うエクオール|男性更年期障害の改善方法

エクオール(エクオールサプリ)が更年期症状の軽減に役立つ

エクオールの効果|エクオールを作れる人、作れない人の違いとは?|世界一受けたい授業 5月2日




その他の更年期障害に良い方法はこちら

軽いウォーキングなどの適度な運動


ご自身にあったリラックス方法


家族との会話をする機会を増やす


更年期障害のツボ

更年期障害のツボ:三陰交(さんいんこう)|たけしの本当は怖い家庭の医学


相性の合う医師・病院を見つけておく

できれば更年期(更年期障害)になる前に、相性の合う医師・病院(婦人科など)を見つけておき、体調に違和感があれば、相談をしてみましょう。

更年期障害になったときでも安心して治療に専念できるはずです。

一人で悩まず、家族や友人と協力して、更年期を乗り切りましょう。



実際の更年期障害については、専門医の受診をおすすめいたします。



更年期障害ニュース

更年期障害対策にサプリメント・漢方薬を使用する際の注意点とは?

就寝前のストレッチは、女性の「更年期症状」と「抑うつ」を改善する効果がある!

君島十和子さんが行なう3つの更年期対策|人間ドック・体を冷やさない・女性ホルモンを食事で補う

更年期に太りやすい女性は生活習慣病に注意!|女性が更年期に太りやすくなる理由3つ

更年期症状対策/エストロゲン/ホルモン補充療法|ためしてガッテン 10月27日

女性の更年期の悩み なぜ太りやすくなるのか?

更年期障害・月経不順のツボ:三陰交(さんいんこう)


更年期障害の食事

会社概要サイトマップお問い合わせ


更年期障害関連ワード

更年期障害の症状・原因・チェック|40代・50代女性の更年期症状

男性更年期障害の症状・原因|男性更年期

40代・50代女性の更年期障害の症状

更年期障害の治療法

更年期障害の食事|更年期に欠かせない栄養

若年性更年期障害チェック・症状・原因



タウリンとは|タウリンの効果・効能|タウリンの多い食品・食べ物

メタボリックシンドローム

肝臓とは|肝臓の機能・働き・位置(場所)

肝臓の病気|肝臓病の初期症状・種類・原因

脂肪肝とは|脂肪肝の症状・原因・治し方

腎臓とは|腎臓の働き・機能・位置

冷え性改善方法|冷え症の症状・原因・末端冷え性(手足の冷え)

コレステロールとは|コレステロール値を下げる食品・食事

低体温の改善方法・原因・症状・病気

亜鉛を含む食べ物・食品|亜鉛不足チェック・摂取量

目の下のクマを取る方法 原因と解消方法

目の病気

糖尿病とは|糖尿病の症状・初期症状

高血圧の症状・食事・数値・予防・原因・対策|高血圧とは


専門サイト

健康情報青汁えごまそば専門店ブルーベリー・ルテイン・カシス通販


健康情報ならハクライドウ