体温を上げる方法!温活・低体温改善のための食事・食品

クロネコwebコレクトでご利用可能なクレジットカード


特定商取引法

サイトマップ

決済・配送

お問い合わせ

           

> 病気・症状 > 低体温 > 体温を上げる方法!温活・低体温改善のための食事


体温を上げる方法!温活・低体温改善のための食事

低体温改善!亜鉛などのミネラルやビタミンB1・B2補給で体温を上げる!

⇒今すぐご注文の方はこちらをクリック!

カキ肉エキスに含まれる亜鉛などのミネラルやビタミンB1・B2補給で低体温改善!体温を上げる!


低体温の原因の一つにビタミン・ミネラル不足があると言われています。

なぜ、ミネラル・ビタミンが不足すると、低体温になってしまうのでしょうか。

それは、ブドウ糖をATP(≒エネルギーや熱)に変化させるには、亜鉛・セレン・・マグネシウムといったミネラルやビタミンB1・B2などのビタミンが必要だからです。

ミネラル・ビタミンが不足してしまうと、食べ物からエネルギーや熱を作ることができず、体温が上がらなくなり、低体温になってしまうのです。

カキには、亜鉛などのミネラルやビタミンB1、B2などのビタミンが含まれています。

ミネラル・ビタミン補給に、ぜひサプリメントを活用してください。

■なぜ、低体温になってしまうの?

本来、私達人間の体温の平均は36.5℃くらいであり、体温が1℃下がると、免疫力が低下するなど健康に悪影響があるといわれています。

体温が下がり、免疫力が低下すると、カゼなどの感染症・病気にかかりやすくなったり、花粉症などのアレルギー症状が出やすくなります。さらに、低体温だと、免疫力が落ちることに加え、体温が35℃になるとガン細胞が活発になるともいわれています。

また、体温が低いと、基礎代謝が低下し、新陳代謝が悪いため、太りやすくなるとも考えられます。

つまり、低体温だとダイエットしにくいというわけです。

低体温の原因としては、冷たい食べ物や飲み物、甘い食べ物の食べ過ぎ、自律神経の乱れ、住環境、ストレス、運動不足による筋力低下などさまざまな要因が考えられますが、低体温の原因の一つにビタミン・ミネラル不足があるといわれています。

なぜ、ミネラル・ビタミンが不足すると、低体温になってしまうのでしょうか?

その前に、まず体温が保たれる仕組みについて簡単にご説明します。

私たちは、食べ物に含まれる糖質からエネルギーや熱を作り、体温を保っています。

食べ物に含まれる糖質は、体内で消化され、ブドウ糖として吸収されます。

ブドウ糖は、人間に備わる酵素の働きでATP(≒エネルギーや熱)に変化します。

こうした体の仕組みによって、私たちの体温は保たれているわけです。

本題に戻ります。

では、なぜ、ミネラル・ビタミンが不足すると、低体温になってしまうのでしょうか?

それは、ブドウ糖をATP(≒エネルギーや熱)に変化させるには、亜鉛・セレン・・マグネシウムといったミネラルやビタミンB1・B2などのビタミンが必要だからです。

ミネラル・ビタミンが不足してしまうと、食べ物からエネルギーや熱を作ることができず、体温が上がらなくなり、低体温になってしまうのです。

最近の食事の傾向として、加工精製食品に頼った食事をしているため、タンパク質・脂肪・糖分を過剰に摂取している反面、ミネラル・ビタミンは不足傾向にあります。

また、食べない系ダイエットといった無理なダイエットをする方の場合、更にミネラル・ビタミンは不足してしまいます。

こうした食生活の乱れや無理なダイエットによるミネラル・ビタミンの不足が、低体温を引き起こす重要な原因になっているのです。

体温を上げて、低体温を改善するためにも、ミネラル・ビタミンを豊富に含んだ食事をする必要があるわけです。

ミネラル・ビタミン豊富な食材として、おすすめは牡蠣(カキ)

牡蠣(カキ)

カキには、亜鉛などのミネラルやビタミンB1、B2などのビタミンが含まれています。

しかし、毎日牡蠣(カキ)を食べるのは大変ですし、レシピを考えるのも大変ですよね。

日常的に牡蠣(カキ)に豊富に含まれるミネラル・ビタミンを摂りたいという方はぜひサプリメントを活用してください。


牡蠣(カキ)サプリから亜鉛などのミネラルやビタミンを補給しよう!

亜鉛サプリ通販

カキサプリの無料お試しサンプルはこちら

→ 亜鉛などのミネラルやビタミンが豊富なサプリメントのご注文はコチラから。今なら最大18%OFFのまとめ買いセール中!


体温を上げる方法(温活の方法)には、食生活の改善以外の方法もありますので、ぜひこちらもご覧ください。


冷たい食べ物や甘い食べ物をあまり食べないようにする

糖分には体を冷やす作用があり、低体温の原因となるので、できるだけ食べないようにする。温かい飲み物を飲んで低体温改善!


旬の野菜や果物を摂取して低体温改善!


食べない系ダイエットは避ける

食事をすると、体内に吸収・分解される際に、熱が発生します。食事誘発性熱産生といいます。


たんぱく質を摂取

筋肉のもとであるたんぱく質を摂ると、筋肉量が増え、熱を作り出します。


筋肉をつけるためには、運動することだけではなく、筋肉を作る材料となるたんぱく質を摂取することが大事です。


低体温の人が増えている理由の一つには、デスクワークが増えたり、運動する機会が減るなどして、筋肉量が減少していることが挙げられます。


たんぱく質を摂取し、運動する機会を増やして、熱のもととなる筋肉を付けたいですね。


運動で低体温改善!

運動不足になると、血液を送る筋力が低下し、低体温の原因となるので、積極的に運動して筋肉を鍛えましょう。


第2の心臓とも呼ばれるふくらはぎが動き、そのポンプ作用で血流が良くなります。


また筋肉を使うことで体温が上がります。


ウォーキングやスクワット・スロトレなどがオススメ。


お風呂にゆっくり浸かる

お湯に浸かると、身体が温まり、血液の循環がよくなり、疲れもとれ、健康にもダイエットにも効果的。


また、ストレスがかかりやすい現代人の生活の中ではリラックスする方法としてもお風呂の時間を大事にしたいものです。


お風呂にゆっくりつかることで体が温まるだけではなく、リラックスすることで自律神経(交感神経と副交感神経)のバランスが整うことが期待されます。


さらには、冷え性・低体温になると、血流が悪くなり、肌に栄養がいきわたらず、老廃物の代謝が低下してしまうため、肌の不調が出てくるので、美容のためにも、お風呂にゆっくりつかるのはよいのではないでしょうか。


「寒くなってきた」と思ったあなたに 2016年最新冷え対策特集でも紹介したのは「マッサージ」です。


冬場になると、気になるのが、冷えと乾燥による肌荒れ。


冷えと肌荒れに共通するのが、血行不良。


冷えは血行不良が原因の一つであり、血行が悪いと新陳代謝が落ちるため、肌荒れが起きやすくなるそうです。


また、ユースキン製薬が男女約800人に調査したところ、かかと荒れがある人のうち約8割が「冷えの自覚がある」と答えています。


冷えと肌荒れ防止のために、マッサージクリームを使ってマッサージをすると、冷え対策・肌荒れ対策になり一石二鳥ですよね。


特に、ふくらはぎのマッサージを入念にやるとよいそうです。


●オススメ入浴法:ストレッチ入浴法


40度〜42度のちょっと熱いと感じる程度のお湯を用意し、入浴時間は10分間。


最初の5分は寝るようにして首までしっかり浸かり、残りの5分は起き上がり座った姿勢で胸元を出してリラックス。


※入浴前は足元からかけ湯を行うこと。


1.お湯は40〜42℃で2分間首まで浸かる。


2.2分経ったら上半身のストレッチ


両肘を後ろに突っ張り胸をはる


左右の肩甲骨をくっつけるように背筋を伸ばし5つ数える(2回)


(思いっきり力を入れて背筋を伸ばすのがポイント)


3.下半身のストレッチ


入浴から5分後起き上がり胸元まで体を出す


坐禅のように脚を組む


足の指先を手で握り引き寄せるように足指を伸ばす


5つ数えたら手を離し足を伸ばす。(2〜3回)


(足を伸ばすことで血液がしっかり流れる)


4.10分たつまでゆっくり浸かる


マッサージ

ふくらはぎは血液を送るポンプの役割を果たしていて、ふくらはぎをマッサージをするとその機能を補うことが出来ます。


お酒の飲みすぎに気をつける


タバコを控える

タバコは急激に血管を収縮させてしまい、血液の流れが悪くするともに基礎代謝も低下させてしまうためです。


寒さにあたる

寒さにあたることで、交感神経の活動が高まり、血管収縮のトレーニングになる。


バランスのとれた食事で亜鉛などのミネラルやビタミン補給

低体温改善に必要不可欠な栄養素は、亜鉛・セレンなどのミネラルと、ビタミンB1・B2などのビタミンです。


亜鉛などのミネラル補給は、女性ホルモンのバランスを保ち、冷え・生理不順・低体温を改善します。


→ 亜鉛が多い食品 について詳しくはこちら


→ 低体温の改善方法(温活の方法)(食事・運動) について詳しくはこちら



亜鉛サプリ通販



ツボ

足の冷え解消のツボ:築賓(ちくひん)


足の冷えと腰痛解消のツボ:胞肓(ほうこう)


下腹の冷え解消・更年期障害・月経不順のツボ:三陰交(さんいんこう)


足の冷え改善のツボ:八風(はちふう)


下半身の血流改善のツボ:臀中(でんちゅう)


夏場でもエアコンが効きすぎているところではレッグウォーマーを使う

体の表面の熱を逃がしやすいように通気性のよいものを着て、厚手のタイツや靴下をはき、熱を逃がさないようにしたほうがよいようです。


ひざ掛けなどもいいと思います。


腹巻き

腹巻をすると、大きな血管があるので、血液を温めやすくなるそうです。


【関連記事】


【#温活】【冷え性対策】体を温めるために「腹巻き」をつけると体温が一度上がる!?

【#バイキング】理想の平熱・体温を上げるには「腹巻き」・温活ダイエット・低体温を改善して美肌


生姜湯を飲む・朝にスープを飲む

乾燥しょうがで体を温める!乾燥しょうがの作り方|ためしてガッテン(NHK)によれば、乾燥しょうがは、ジンゲロールとショウガオールの2つの働きによって、全身を温めてくれるそうです。



グループサイト

健康情報カシス・ルテイン・ブルーベリー専門店青汁専門店父の日プレゼントランキングえごまそば専門店


【温活ニュース】

#有村架純 さんの「#温活」の方法(やり方)|体質改善で体はどのように変化したのか?

問題視されている低体温から抜け出す5つの方法+1

低体温になるとどうなるの?|熱不足の原因|ためしてガッテン(NHK)

低体温を改善するポカポカ術・ホットスムージーの作り方|世界一受けたい授業 11月22日

ココアには体の冷え対策に有用な「体温保持効果」がある!?

低体温改善エクササイズ|はなまるマーケット 12月10日

松下由樹さんが「温活」でむくみ改善・ダイエット・美肌に!その方法とは?


病気・症状

亜鉛不足チェック更年期障害冷え症低血圧


健康情報なら舶来堂