肝臓に良い食べ物|肝臓病の人が避けたほうが良い食べ物

肝臓に良い食べ物|肝臓病の人が避けたほうが良い食べ物

> 健康情報 > 病気・症状 > 肝臓 > 肝臓の病気 > 肝臓に良い食べ物

肝臓に良い食べ物について

肝臓のおかげで中性脂肪の量はコントロールされていますが、肝臓に負担がかかったり、肝機能が低下すると、脂肪が蓄積されて、脂肪肝になってしまいます。

つまり、脂肪肝にならないようにするポイントは、肝臓に負担をかけないことと肝臓を助ける生活習慣(食事・運動)をすること。

そこで、肝臓に良い食べ物や肝臓に良い食事の方法、肝臓病の人が避けたほうが良い食べ物についてまとめました。


→ 肝臓の機能・働き について詳しくはこちら




肝臓に良い食べ物|肝臓に良い食事

タウリン

●肝臓に良い食べ物は、タウリンを含む食べ物です。

肝臓から分泌される胆汁酸には、コレステロールを排泄させる働きがありますが、タウリンを含む食品を摂取するによって胆汁酸の分泌が増え、血液中のコレステロール値も下がります。

●タウリンには、酵素の働きを助ける働きがあるので、アルコールの分解を早め、肝臓への負担を軽くしてくれます。

また、タウリンには、腎臓や肝臓の有害ミネラルである毒素を濾過する機能をUPさせてくれます。

●カキに含まれるタウリンは、肝臓に溜まった中性脂肪を肝臓の外に出してくれ、そして肝臓(脂肪肝)を良くする働きがあるのです。

つまり、タウリンが肝臓に入ると、まず肝臓内の中性脂肪を取り除きます。

さらに肝臓から脂肪を外に排出する働きをしてくれます。

肝臓に良い食べ物として、タウリンを含むカキなどの魚介類を食事に取り入れましょう。


→ タウリンとは|タウリンの効果・効能|タウリンの多い食品・食べ物 について詳しくはこちら


最大18%OFFのスーパーセール中!サプリ無料サンプル提供中!サプリメントを選ぶなら!

タウリンサプリ


たんぱく質(アミノ酸)

肝臓には良質なたんぱく質(アミノ酸を含むため)も大事です。

肝機能の回復にはタンパク質が欠かせません。

たんぱく質は筋肉を作りあげるのにも重要な役割をしますが、肝臓にたまった脂肪(中性脂肪)を血液中に送り込んで出してくれる役割もしています。

おすすめは高たんぱくで低脂肪のお豆腐や大豆製品を中心に、動物性と植物性をバランスよく摂取することです。

良質なタンパク質としては、植物性のタンパク質ならば豆腐などの大豆製品、動物性のタンパク質ならば鶏のむね肉や白身魚です。

調理法としては、消化吸収によい食事がよいため、フライなどの油物はさけた方がいいと思います。


→ 肝臓の代謝促進に欠かせないLーシステイン 必要量摂取、毎日心掛けて について詳しくはこちら


オメガ3

肝臓に良い食べ物として、コレステロールを下げる食品だといわれているオメガ3脂肪酸(DHA・EPA)の多い食事にしましょう。


→ オメガ3脂肪酸とは|オメガ3の効能・効果・食べ物 について詳しくはこちら


オメガ3サプリ通販ならハクライドウへ


エゴマに含まれるルテオリン

エゴマに含まれる「ルテオリン」に脂肪肝・NASH・肝がん予防効果|名古屋市大

名古屋市立大の研究グループ(内木綾助教)が、エゴマに含まれる抗酸化作用が強い「ルテオリン」という成分がNASH(非アルコール性脂肪肝炎)や、それに伴う肝細胞のがん化を抑制することを発表したそうです。

エゴマを日常的に摂取することで脂肪肝NASH肝臓ガンを予防することができるかもしれません。


→ えごま(エゴマ油)の栄養・健康効果(効能) について詳しくはこちら


レンコンに含まれるプロスタグランジン

蓮根に含まれるプロアントシアニジンが脂肪肝対策につながると期待されるそうです。

プロアントシアニジンは、肝臓の中性脂肪の元になる脂肪酸が作られることを防ぐことで、肝臓に脂肪として蓄積されるのを抑えてくれるそうです。

プロスタグランジンを肥満・糖尿病のマウスに3週間投与した実験によれば、肝臓の中性脂肪濃度が62%減少したそうです。


→ レンコンのプロスタグランジンで脂肪肝対策|肝臓の中性脂肪濃度が減少 について詳しくはこちら


アーモンド(ビタミンE&ナイアシン)

二日酔い対策には肝臓の働きを助けるアーモンド(ビタミンE&ナイアシン)がおすすめなのだそうです。

ビタミンEは活性酸素から肝臓を守ってくれる働きがあり、ナイアシンは、アセトアルデヒドの分解を助けてくれるそうです。

アーモンドを食べるタイミングはお酒を飲む30分前にするとよいそうです。

また、アーモンドに含まれる油分が胃や腸に膜を作ってくれます。


→ 二日酔い対策には肝臓の働きを助けるアーモンド(ビタミンE&ナイアシン)がおすすめ!|#林修の今でしょ講座 について詳しくはこちら


コーヒー

厚生労働省研究班によると、コーヒー摂取量が多いと肝がんリスクは低下すると発表したそうです。

コーヒーについては、「ほとんど飲まない」に対し、「1日1杯未満」は67%、「1日1−2杯」は49%、「1日3杯以上」は54%となり、それぞれ肝がん罹患のリスクが下がっていたそうです。

また、米国立がん研究所(US National Cancer Institute)によれば、1日数杯のコーヒーが、肝疾患の進行を食い止めてくれる可能性があるそうです。


→ コーヒー摂取量が多いと、肝がん発生リスクは低くなる|厚労省研究班 について詳しくはこちら


【関連記事】

1日数杯のコーヒーは、肝疾患の進行を妨げる 米研究


枝豆

イノシトールが肝臓の脂肪合成を抑えてくれるので、脂肪肝を予防してくれるそうです。

【関連記事】

【#主治医が見つかる診療所】γ-GTPの数値|NASH|フィブロスキャン|肝臓を元気にする食材


ハトムギ

肝臓の機能である解毒機能を高めて、皮膚のシミやそばかすに役立つそうです。

【関連記事】

肝臓が悪いと肌荒れをしてしまい、顔色も悪くなる!?


パプリカ

βカロテンは抗酸化作用が強く、体内に入りビタミンAになると肝臓の線維化を防ぐので肝硬変の予防になることが期待できるそうです。


EPA

EPAを摂取することで、中性脂肪値が著しく低下するといわれています。


→ DHA・EPAとは|DHA・EPAの効果・効能・食品・摂取量 について詳しくはこちら


【関連記事】

EPAの8つの美容&健康効果|どんな健康効果があるの?




肝臓に良い食事の方法

お酒の飲み過ぎに注意

肝臓に負担をかけないためにも、アルコールを適量に。

また、休肝日を作ることも大事。


→ 休肝日の取り方(過ごし方)・ぺ―スの目安・休肝日は必要か? について詳しくはこちら


特に女性はアルコールによる肝臓の負担が大きいので要注意です。

【関連記事】

女性は飲酒量が男性と同じでも、肝臓は先に悪化する

男性より若い女性の方が「肝臓を酷使」している!?

女性は男性より肝臓へのリスクなどアルコールの影響を受けやすい。

9割の女性が疲れている!?肝臓が疲れているのかもしれません

肝臓が悪いと肌荒れをしてしまい、顔色も悪くなる!?


食べ過ぎや運動不足、肥満に注意

肝臓の病気の原因は、アルコールだけに限りません。

脂肪分の多い食事や食べ過ぎ、運動不足、肥満などによっても起こります。

食事の内容だけでなく、食習慣の改善も重要です。


→ 週250分の運動で脂肪肝改善 「やせなくても効果あり」―筑波大研究グループ について詳しくはこちら


食後にごろ寝する

ごろ寝をするときに、頭と足を20〜30cmほど高くすることによって、肝臓に血液が集まり、肝臓の働きが活性化して、代謝アップにつながるそうです。

10〜15分ほどでOK。


→ 肝臓を温めるとダイエット効果がある?肝臓を温める3つの方法|サタデープラス について詳しくはこちら




→ 脂肪肝を治す方法|脂肪肝の改善方法(食事・運動・サプリ) について詳しくはこちら




肝臓病の人が避けたほうが良い食べ物

鉄分の摂り過ぎに注意

肝臓に良い食事は、肝臓の状態によって変わってきます。

肝臓に良い食べ物だからといって、肝臓病の人が食べてしまうと、かえって悪化してしまう栄養素があります。

それは「鉄分」です。

C型肝炎・NASHの人は、肝臓にたまった鉄が酸化することで、肝臓の炎症に伴い肝臓に鉄分が沈着しやすくなります。(=鉄過剰)

鉄分が多く沈着すると炎症が強くなり、肝臓がんも発生しやすくなります。

例えば、「ウコン」は肝臓に良い食べ物として有名ですが、ウコンには鉄分が多く含まれており、食事の他に鉄を含むウコンを摂取すると摂取量を超えるおそれがあります。

※鉄分がほとんどふくまれていないウコン商品もありますが、鉄分表示をされていないものが多いようです。

C型肝炎・NASHの人は、フェリチン値(血液中に貯蔵されている鉄の量)を調べるようにして、鉄分を摂りすぎないよう注意することが必要になります。

C型肝炎・NASHの患者さんの場合には、鉄の摂取を6mg/日以下に抑えるようにしましょう。

では、具体的にはどのように食事を気をつけたらよいのでしょうか?

食事に含まれる鉄には、肉や魚などの動物性食品に含まれている「ヘム鉄」と野菜や海藻に含まれている「非ヘム鉄」があります。

吸収率はヘム鉄のほうが高いため、動物性食品に注意する必要があります。

魚、肉は、赤身や内臓に吸収の良い鉄が多いため、できるだけ控えるほうが良いでしょう。

また、白身魚やイカ、タコ、エビ、鶏肉を中心とするのが良いでしょう。

その他、乳製品、卵白、野菜、果物、イモ類は鉄分が少なく、卵黄、豆類、海藻類、貝類は鉄分が多いようです。


→ 肝臓の食事で注意すべきことは、カロリーの摂り過ぎによる脂肪肝と鉄分の摂り過ぎ について詳しくはこちら


→ ウコンで肝臓病が悪化する?|ためしてガッテン(NHK) について詳しくはこちら




お酒を飲む方
健やかに過ごしたい中高年期の方に

タウリンサプリ



肝臓に良い食事関連ワード

肝臓とは|肝臓の機能・働き・位置(場所)

肝臓の病気|肝臓病の初期症状・種類・原因

脂肪肝とは|脂肪肝の症状・原因・治し方

肝炎とは|肝炎(B型・C型・アルコール性)の症状・原因・チェック

NASH(非アルコール性脂肪性肝炎)の症状・食事・改善方法

NAFLD(非アルコール性脂肪性肝疾患)とは・症状・原因

肝硬変とは|肝硬変の症状・原因・食事

肝臓がん|肝臓がんの症状(初期・末期)

肝機能障害の症状・原因・食事・肝機能の数値

肝臓の数値・検査値|ALT(GPT)・AST(GOT)・γ-GTP

ALT(GPT)の基準値|ALTが高い原因

AST(GOT)の基準値|ASTが高い原因

γ-GTPの基準値|γ-GTPが高い原因

胆管とは|胆管がんの症状

胆のうの位置・働き(機能)・病気(胆嚢炎・胆のうがん)

肝臓に良い食べ物|肝臓と食事

脂肪肝の改善方法(食事・運動・サプリ)

肝臓がん予防によい食事・食べ物

亜鉛を含む食べ物・食品|亜鉛不足チェック・摂取量

タウリンとは|タウリンの効果・効能|タウリンの多い食品・食べ物

痛風とは|症状(足の痛み)・原因・食事

メタボリックシンドローム

コレステロールとは|コレステロール値を下げる食品・食事

中性脂肪とは・数値(正常値)・高い原因・下げる(減らす)

目の病気

低体温の改善方法・原因・症状・病気

病気・症状


専門サイト

健康情報青汁えごまそば専門店ブルーベリー・ルテイン・カシス通販


会社概要サイトマップお問い合わせ


健康情報ならハクライドウ