アミノ酸ダイエット


アミノ酸ダイエット

アミノ酸

アミノ酸で体脂肪が燃えやすいカラダをつくる


人間の体にはアミノ酸が欠かせない!

> Home > ダイエット > アミノ酸ダイエット

私達の体は半分以上が水分、残りが脂質やミネラル、たんぱく質でできています。

生命を維持するためには、どれも欠かせないものですが、アミノ酸ダイエットをするときに注目すべきなのは、たんぱく質なのです。

たんぱく質はアミノ酸の組み合わせによって作られるもので、皮膚や筋肉はもちろん、内臓や脳、血液、ホルモン、骨の中の繊維までもが、原料はアミノ酸です。

人間の体の大切なものは、どれもアミノ酸からできている、といえるのです。

体内には約100種類のアミノ酸が存在していますが、そのうち人間の体をつくるのに必要なのは約20種類で、これらが組み合わさって体のさまざまな組織が出来上がります。

健康な体、キレイな肌や髪でいられるのも、実はアミノ酸のおかげなのです。


【目次】



アミノ酸ダイエットの基本的な考え方

「アミノ酸ダイエット」と聞くと、「アミノ酸(を含む食品・サプリ)を摂るだけですぐにやせる、ガンガン脂肪が燃焼する」ダイエット方法と思うかもしれませんが、ここでいうアミノ酸ダイエットはただアミノ酸を摂取しただけでダイエットするというものではありません。

アミノ酸を摂取することで基礎代謝を上げ、脂肪を燃焼する可能性を高めるというものです。

「アミノ酸」と「運動」をセットにして考えることが、より早くアミノ酸ダイエットを成功させるカギです。



アミノ酸ダイエットの効果

1.早い疲労回復で運動量アップ!

アミノ酸、特にBCAAやアルギニンは筋肉疲労の回復を早める働きがあり、この働きを利用すれば、運動する日数を増やすことができます。

2.エネルギーを消費しやすい身体を作る

適度な運動を定期的に行い、同時にアミノ酸を摂取することを継続していくことで、筋肉量を増し、またアミノ酸が血流をよくして体温を上げることで基礎代謝を高め、エネルギーが消費しやすくなります。

このように基礎代謝の高い状態のことを「脂肪が燃焼しやすいカラダ」といいます。

3.脂肪燃焼までの時間を短縮

一般的に、脂肪を燃焼させるためには有酸素運動を30分ほど続けなければいけないといわれています。

※運動すると、糖と脂肪が燃焼されるのですが、20分すると、脂肪を燃焼する割合が多くなるため、20分以上運動しないと脂肪が燃焼しないというわけではありません。

30分という時間にも個人差はありますが、その時間を過ぎると脂肪を中心に燃焼するようになります。

運動する前に、アミノ酸を摂取しておくと、脂肪の燃焼にとりかかるまでに行なった運動分の疲労を軽減できるため、その後も継続して運動できるようになります。

4.脂肪の燃焼を促進

「脂肪が燃焼する」という仕組みは、体脂肪が脂肪分解酵素のリパーゼによって脂肪酸に分解され、エネルギー源として血中に送り込まれるというものです。

基礎代謝が上がると脂肪としてのエネルギー源の消費を早める酵素が活発に働くようになります。

しかし、いくらグリコーゲンを使い果たして脂肪燃焼の段階にきたとしても、このリパーゼがうまく働いてくれないとうまく脂肪を燃焼させることができません。

実は、リパーゼもアミノ酸でできている酵素です。アミノ酸を補給し、運動することでリパーゼの活性は更に活発になり、脂肪燃焼の効果が更に期待できます。



脂肪の燃焼を助ける4種類のアミノ酸

体を作る20種類のアミノ酸の中には、ダイエットを応援するものがあります。

アルギニンリジンアラニンプロリンの4種類が、脂肪の燃焼を助けるなど、ダイエットに効果的です。

これらの4つのアミノ酸は、体脂肪を分解するときに必要な「脂肪分解酵素リパーゼ」という酵素をつくる原料になり、さらにはリパーゼに働きかけて体脂肪の分解を活発にし、分解された脂肪を効率よく燃やす手助けをします。

また、4つのアミノ酸には気分を高揚させて、やる気を起こさせる作用もあるため、やせやすく、しかもダイエットによるストレスに負けない体を作れます。

偏食気味でアミノ酸バランスが悪い人やストレスをためやすい人などは、特にこの4つをカバーするとダイエット効果が期待できます。

ただし、アミノ酸は20種類がバランスよく摂れてこそ効率よく働くもの。

4種類だけとるのではなく、やはりバランスのよい食事をしてアミノ酸を補給することが大事です。




ダイエットアミノ酸の働き

1.体脂肪を分解し、燃えやすくする

アルギニン、リジン、アラニン、プロリンの4つのアミノ酸には、脂肪分解酵素リパーゼを活性化させ、体脂肪を分解して燃焼しやすくする、つまり脂肪を減らす効果があります。

2.気分を高揚させて、イライラを鎮める

脳の働きを高めて適度な興奮状態をもたらすアルギニンは、ダイエット中のメンタル面をサポートしてくれます。気持ちが前向きになり、不要なイライラや罪悪感から解放されます。

 3.水分代謝を活発にして、むくみをとる

血管拡張作用があり、血液の流れをよくしてくれるアルギニンは、体内の余分な水分の排出を促すアミノ酸。気になるむくみをとり、水太りを解消するのに有効です。



アミノ酸ならダイエットがラクに長続きする

いつもの生活をちょっと変えて、やせやすい体を作るアミノ酸ダイエットには、無理な食事制限やハードな運動は必要なし。

必ず押さえたいのが次の2つのポイントです。

第1に、脂肪が燃えやすいアミノ酸をしっかり摂ること。

アミノ酸で構成されるたんぱく質の1日の必要量は、体重1kgあたり1〜1.2gといわれています。

つまり、体重60kgの人なら60〜72gのたんぱく質を食事から摂るのが目標です。

第2に、1日のカロリーを300kcal減らすこと。

たんぱく質の摂取量は減らさずに、炭水化物と脂質で100kcalずつ(計200kcal)減らし、体を動かして100kcal消費するのが理想です。

炭水化物はおやつを半分にしたり、主食を少し控えればOK。脂質は調理用油の量に気をつければいいから、減らすのは意外にラク。

消費カロリーも歩くことや階段を昇る、など日常生活の工夫や、軽い運動によって増やすことができます。

バランスのよい食事と適度な運動は、健康維持にもダイエットにも大切。

アミノ酸を十分に摂っていると、眠っている間でさえ体脂肪が燃えやすくなり、むくみや水太りを防げ、気分が高揚してストレスにも前向きに対処できます。

それによって、ダイエットは続けやすくなります。1ヵ月1kg減を目安に試してみてください。



アミノ酸ダイエットの4つの効果

無理なく、健康にやせたいためにおすすめのアミノ酸ダイエットには、ストレスやトラブルまで解消できる4つのメリットがあります。

1.むくみや水太りをブロック

塩分の摂りすぎや長時間の立ち仕事によるむくみは、アミノ酸をバランスよく摂り入れることで解消できます。

むくみやすいということは、水分代謝機能が低下しているということ。

汗や尿がでにくいため、老廃物もたまりがちにになり、さらに体重も増えるし、肌にもよくありません。

アミノ酸は静脈の毛細血管の働きを助けるアルブミンをつくりだし、体内の余分な水分や老廃物の排出をスムーズにして、むくみや水太りを解消。

2.リバウンドしにくい

極端な食事制限がいらず、肉や魚を十分にとれる満足度の高い食事ができるので、ヤケ食いなどを避けられてリバウンドもなし。

三食食べてもリバウンドしない東大式アミノ酸ダイエット(大谷勝)|#世界一受けたい授業によれば、食事の量を減らすだけでアミノ酸を摂取しないダイエットの場合、筋肉量が落ちてしまい、脂肪があまり落ちておらず、リバウンドしやすい体になるのに対し、アミノ酸を摂取しながらダイエットをすると、アミノ酸は筋肉の元となるため、筋肉をキープしながら脂肪を減らすことができるそうです。

3.ダイエット中のストレスを解消

ダイエット中はストレスがたまりやすいもの。しかし、気分をHIGH↑にするダイエットアミノ酸、アルギニンの作用でストレスをため込まず、プラス志向でダイエットに取り組めます。

4.寝ている間にもやせられる

睡眠中は空腹が長く続くうえ、エネルギーも消費しているので、寝る前にアミノ酸を摂ると体脂肪が燃えやすくなります。



サプリメントを効果的にとるタイミングは?

アミノ酸の種類によってベストタイミングが!

摂取するタイミングはアミノ酸を摂る上で重要なポイント。

種類によって違うのでしっかりチェックしたいもの。

アミノ酸が吸収されやすい空腹時をねらって、取り入れましょう。

インターバル速歩で老化防止!|インターバル速歩とは・インターバル速歩の効果・やり方で紹介した藤田 聡教授(立命館大学スポーツ健康科学部)によれば、アミノ酸が不足していると傷んだ筋肉の修復ができないため、エネルギー補給と筋肉の補修のためにも、アミノ酸バランスのいいたんぱく質またはアミノ酸を摂取する必要があります。

運動後の60分以内にアミノ酸バランスのいい食品を摂るといいそうです。

起床時

一日を元気に過ごすためにも、起床時にはアミノ酸を摂りましょう。

体力・持久力をUPするBCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)や脳を活性化させるアルギニンなどのアミノ酸がオススメ。

運動の前後

運動前は、ダイエットアミノ酸のリジン、プロリン、アラニン、アルギニンと持久力アップ系のBCAAが脂肪燃焼をサポート。

運動後は、グルタミンが破壊された筋肉を修復。

入浴時

入浴は意外に消費するエネルギーが多く、ダイエットに有効。

ぬるめの湯にゆっくりつかって血行をよくし、代謝を高め、気持ちをリラックスさせて1日のストレスを解消。

もちろん、お風呂に入る前にはアミノ酸のサプリメントを摂りましょう。

就寝前

空腹時が続く就寝時は、アミノ酸効果の期待大。脂肪燃焼系アミノ酸(リジン、プロリン、アラニン、アルギニン)を就寝前に。プロリンやアルギニンは、美肌にも。





→ アミノ酸の多い食べ物・食品|アミノ酸を効果的に摂取するにはアミノ酸スコアを知ろう! について詳しくはこちら


→ アミノ酸とは? について詳しくはこちら


→ スキンケアアミノ酸で美肌になる方法 について詳しくはこちら


あなたにあったダイエット方法を探すなら!

→ ダイエット(食事・運動)|ダイエット方法ランキング について詳しくはこちら



アミノ酸ダイエット関連ニュース

北川景子、主演ドラマ「#探偵の探偵」で肉体改造|プロテインとアミノ酸・トレーニング

肝臓の働きを高めるたんぱく質|「卵」には必須アミノ酸がバランス良く含まれている

牡蠣に含まれるアミノ酸には、肝障害を抑制するだけでなく、疲労回復効果もある!?



アミノ酸ダイエット関連ワード

アミノ酸とは?

スキンケアアミノ酸

クエン酸について


■ダイエット方法まとめ

ダイエット方法-運動まとめ

ダイエット方法-食事まとめ

ダイエット方法-簡単ダイエットまとめ

ダイエットの知識・ダイエットリテラシーまとめ

世界のダイエットニュースまとめ

芸能人・有名人のダイエット方法まとめ


グループサイト

健康情報カシス・ルテイン・ブルーベリー青汁はちみつそば・そうめんギフト


健康情報ならハクライドウ