スロトレ(スロートレーニング)|スロトレ 効果・スロトレダイエット・やり方

スロトレ(スロートレーニング)

> 健康情報 > 病気・症状 > スロトレ(スロートレーニング)

スロトレとは

スロトレとは、現在テレビで注目されているエクササイズ方法です。

スロトレは、効果的に筋肉を鍛えることから、低体温にもおすすめできると思います。



目次



スロトレ(スロートレーニング)のやり方

●スロトレは、運動の間、筋肉の緊張を保ったままにすることがポイント。

●収縮した筋肉の圧力で血流が制限(血流をわざと悪い状態にする)され続けると、実際にかけた負荷以上に、より高い効果が得られるそうです。

(加圧トレーニングと同じ考え方のようです。)

●筋肉内の血流を制限し続けると、乳酸が大量にたまり、『激しい運動をした』と体は思い込み、その信号が脳に送られると、筋肉を修復しようと、成長ホルモンの分泌が活発になるというメカニズム。

●体や物を持ち上げる動作、下げる動作に、それぞれ約3秒ずつかける。

●上げる動作では息を吐き、下げるときに息を吸う。

●一つの運動を5〜10回を目安。

●筋肉痛が引くのに合わせて、週2回ぐらい行う。

●スロトレでは通常の方法より成長ホルモン(筋肉の強化や脂肪分解などを促進するホルモン)の分泌が活発になり、軽い負荷でも、重い負荷で行なったときと同程度の効果が得られる。

●スロトレのメリットは、関節が痛めにくい、脳や心臓に負担がかかりにくいこと。

●スロトレを利用してダイエットをしたい人は、スロトレと有酸素運動(ウォーキングなど)を組み合わせると効果的。

その際のポイントは、まずスロトレから行うこと。

スロトレで、分泌された成長ホルモンの効果で、脂肪分解が進み、その後、有酸素運動に移った際に脂肪燃焼効果が大きくなるとのことです。

【関連記事】

スロトレの効果的なやり方(2008/7/23、メタボ対策ダイエットブログ)



スロトレ(スロートレーニング)をおすすめする方

スロトレのメリットは、関節が痛めにくく、また、血圧が上がりにくく、脳や心臓に負担がかかりにくいため、以下のような方におすすめです。

ひざ痛の方

腰痛の方

高血圧の方

動脈硬化の方

【関連記事】

ためしてガッテン スロートレーニングでダイエット(2008/10/29、健康美容ニュースブログ)




スロトレの効果

スロトレをすることで成長ホルモンが出ることにより、次のような効果が期待されます。

・腱・靭帯・骨を丈夫にする(骨粗鬆症)

・新陳代謝によるアンチエイジング・若返り(肌がきれいになる)

低体温にも効果的だと考えられます。

【関連記事】

ためしてガッテン スロートレーニングでダイエット(2008/10/29、健康美容ニュースブログ)



腹筋を鍛えるスロトレ

1.床に仰向けになり、腕を体の横につけ、両足を少し浮かせて1秒止めてからスタート。

2.膝を抱え込むようにお尻を浮かせて戻る。

*この動きを5回から10回行なってください。

*スロトレの基本は、筋肉に力を入れたまま、動作をゆっくりと行うこと。ゆっくりと行うのは、ゆっくりではないと、力がぬけてしまいます。

【関連記事】

スロトレ−腹筋・おしり・太もも・脇腹を鍛えるスロトレ(2008/7/21、スロトレブログ)



スロトレニュース




スロトレ(スロートレーニング)

会社概要サイトマップお問い合わせ


■ダイエット関連ワード

ダイエット方法ランキング

ダイエット方法の選び方

スロトレ(スロートレーニング)

有酸素運動ダイエット

ダイエット方法-運動

ダイエット方法-食事

ダイエット方法-簡単ダイエット

ダイエットの知識・ダイエットリテラシー

世界のダイエットニュース

芸能人・有名人のダイエット方法


病気・症状

目の病気

目の下のクマを取る方法 原因と解消方法

低体温の改善方法・原因・症状・病気

大腸がんとは|大腸がんの症状・初期症状・原因・予防

すい臓がんの症状(初期症状)チェック|膵臓がんの原因

糖尿病とは|糖尿病の症状・初期症状

高血圧の症状・食事・数値・予防・原因・対策|高血圧とは


専門サイト

健康情報青汁えごまそば専門店ブルーベリー・ルテイン・カシス通販


健康情報ならハクライドウ