胃が痛い・胃の痛み|胃腸の病気の症状・原因・対処法・予防

Deadly Listeria Food Poisoning: Who are at Risk?

> HomeHOME > 病気・症状 > 胃腸の病気

胃が痛い・胃の痛み|胃腸の病気の症状・原因・対処法・予防

胃腸の病気に悩んでいる方はいませんか。

胃が痛いとき、あなたはどんな対処法を行なっていますか?

胃腸の病気に対する正確な知識を持って、生活習慣を見直しましょう。


→ 病気のサイン!?胃痛(胃が痛い)の原因・症状・治し方 について詳しくはこちら




胃腸の病気の原因

胃腸の病気は、日本人になりやすい病気の一つだといわれています。


なぜ胃腸の病気が日本人になりやすいのでしょうか。


日本は、漬物などで塩分を摂りすぎるため、胃壁が傷つき、胃腸の病気になりやすいといわれています。


また、近年は、食の欧米化に伴い大腸の病気が増えている傾向にあります。


食習慣が欧米化し脂肪の摂取量が増えてくるにしたがって、大腸がんなどの胃腸の病気も増えています。


そして、胃腸の病気は、ストレスにも大きく影響されやすいもので、最近では、胃の痛みがあるにもかかわず、内視鏡検査をおこなっても、はっきりとした原因がわからない、ストレスで悪化する機能性胃腸症(機能性ディスペプシア)過敏性腸症候群(IBS)も増えています。


胃腸の病気の原因は、食べ過ぎ、飲み過ぎ、不規則な生活、喫煙、運動不足、ストレスなどといわれています。


しかし、逆に考えれば、胃腸の病気の主な原因が生活習慣の悪化ならば、胃腸の病気は、バランスよい食生活や生活習慣によって予防ができるのではないでしょうか。



胃腸の病気の種類

胃の病気

胃潰瘍胃炎胃がん

急性胃腸炎(感染性胃腸炎)胃ポリープ

機能性胃腸症(機能性ディスペプシア)胃アニサキス症


胃以外の胃腸の病気

食道炎(逆流性食道炎)|食道潰瘍

十二指腸潰瘍|腸炎|過敏性腸症候群(IBS)

潰瘍性大腸炎|大腸がん大腸ポリープ

胆のう炎胆石症便秘

急性すい炎|急性虫垂炎|腹部大動脈瘤




胃潰瘍胃の病気

胃潰瘍とは、不摂生やピロリ菌の影響で保護膜が壊され、胃壁が浸食され、えぐられているような状態のこと。


症状

胃痛(さしこむような痛みやおなかの張ったような痛みなど)、膨満感、吐き気、嘔吐、吐血、食欲不振、やせなど。

  • 胃が痛い(さしこむように痛い)
  • 食後の胃痛(食べ物が潰瘍を刺激することで痛みがある)
  • 胸やけ・呑酸(どんさん:すっぱい液体が口まで込み上げてくる)
  • おなかが張る
  • げっぷ
  • 吐き気がする
  • 食欲がない


原因

胃潰瘍の原因は、胃酸の消化作用によって、自分の粘膜が攻撃されるために起こります。

胃粘膜を守る働きと胃粘膜を攻撃する力のバランスが崩れ、攻撃側が優位になった状態によるものです。

また、胃潰瘍のほとんどでヘリコバクター・ピロリ菌が発見されています。

※ピロリ菌

胃炎や胃潰瘍を起こす原因として注目されたのが、ピロリ菌。

抗生物質を使って除菌すると、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の再発が抑えられます。


対策・対処法

内視鏡検査で確実な診断が行われます。

ピロリ菌感染が確かめられた場合は、再発防止の除菌治療が有効だと考えられています。

詳しくは医師の指導に従ってください。


→ 胃潰瘍の症状(痛み)・原因・予防・食事 について詳しくはこちら


胃腸の病気 先頭にもどる


胃炎胃の病気の原因

胃炎には急性胃炎と慢性胃炎があるので、分けて説明します。


急性胃炎

ストレスや化学的な刺激が原因で、胃粘膜に急性の炎症が起こり、出血、ただれなどが生じた状態。


症状

急激に激しい胃痛、吐き気、嘔吐、胸やけ、貧血などが起こる。


原因

・強い精神的ストレス

・アルコールの摂取、暴飲暴食など。


対策・対処法

安静にし、できるだけ水分などをとり、医師の指導に従ってください。


慢性胃炎

慢性胃炎は、40歳以上に多く見られる病気です。

いつも胃の調子が悪く、食後胃もたれがある、逆に空腹時に胃が痛む、食欲不振など、慢性的な胃の不調を抱えている方は多いです。

内視鏡でみると、胃粘膜のあちこちが赤くただれていたり、逆に萎縮して胃液分泌が不十分になっている場合や胃が垂れ下がって動きが鈍くなっている場合などが見つかります


症状

特徴的な症状は少なく、みぞおちの痛み、食欲不振、食後の膨満感、胸やけ、げっぷ、悪心、嘔吐などがある。


原因

主な原因として、ヘリコバクター・ピロリ菌の感染によるもの。


対策・対処法

腹八分目の規則正しい食生活、十分な睡眠など生活改善が重要です。

症状が改善されない場合、医師の指導に従ってください。

ピロリ菌の除菌が非常に効果的な場合があります。


→ 胃炎(急性胃炎・慢性胃炎)の症状・原因・食事 について詳しくはこちら


胃腸の病気 先頭にもどる



胃がん胃腸の病気

胃がんは、日本人の患者数の多いがんの一つです。

しかし、胃がんは、治療法の進歩と検査の普及で、今では早期がんならほとんど治すことができます。

症状

  • みぞおちの痛み(不快感、膨満感)
  • 吐き気
  • 胸やけ
  • 貧血
  • げっぷ
  • 体重減少
  • 食欲不振


→ 胃がん(胃がんの症状・原因・治療・予防) について詳しくはこちら


胃腸の病気 先頭にもどる



胃ポリープ|胃腸の病気

胃ポリープには、特有の自覚症状はありません。

ほとんど無症状で、定期検査や人間ドックのX線や内視鏡の検査で発見されます。


胃腸の病気 先頭にもどる



胃アニサキス症|胃腸の病気

胃アニサキス症とは、アニサキスが胃の中に潜伏した状態です。

症状

  • 激しいお腹の痛み
  • 吐き気や嘔吐
  • 蕁麻疹(じんましん)

胃けいれん、胃潰瘍、虫垂炎などの症状と似ているので、このような症状が現れた時には、病院で診てもらって下さい。


胃腸の病気 先頭にもどる



機能性胃腸症(機能性ディスペプシア)|胃腸の病気

最近では、胃カメラや内視鏡で胃を診ても、胃に異常がないにもかかわらず、胃の不調を訴える人がいます。

そうした不調のことを「機能性ディスペプシア(FD:Functional Dyspepsia)と呼びます。

原因は脳へのストレスだと考えられています。胃腸は自律神経によってコントロールされているので、脳にストレスがかかると、自律神経が乱れてしまい、胃の消化などの機能異常を起こしてしまいます。

症状

  • 「食後に胃もたれ感がある」
  • 「食事をしてもすぐおなかがいっぱいになる」
  • 「みぞおちに差し込むような痛みや焼ける感じがある」


胃腸の病気 先頭にもどる



十二指腸潰瘍|胃腸の病気

最近では、胃カメラや内視鏡で胃を診ても、胃に異常がないにもかかわらず、胃の不調を訴える人がいます。

そうした不調のことを「機能性ディスペプシア(FD:Functional Dyspepsia)と呼びます。

原因は脳へのストレスだと考えられています。胃腸は自律神経によってコントロールされているので、脳にストレスがかかると、自律神経が乱れてしまい、胃の消化などの機能異常を起こしてしまいます。

症状

  • 上腹部やみぞおちの持続的な痛み・不快感や圧迫感
  • 十二指腸潰瘍の症状の特徴は、空腹時に激しい痛みが起こり、食事をとると痛みが治まること。
    それは、胃酸が潰瘍を刺激して痛みが起こるためと考えられます。
  • 胸やけ・呑酸
    胃酸の出過ぎ・幽門や十二指腸が狭くなったことによる胃酸の逆流
  • 進行すると患部から出血することで、便に血液が混ざることで黒色に変化することがある
  • さらに、ひどくなると、十二指腸潰瘍穿孔となって、十二指腸の壁に穴が開いてしまい、腸管外に空気や食べ物が漏れてしまう


胃腸の病気 先頭にもどる



急性胃腸炎・感染性胃腸炎|胃腸の病気

「感染性胃腸炎」の原因は、ノロウイルスなどのウイルスの感染によるもの。

ノロウイルスにかかると、発熱、下痢、嘔吐などの症状があります。

感染防止のためにも、手洗いや塩素系消毒薬による嘔吐物の処理といった予防対策が重要です。


胃腸の病気 先頭にもどる



過敏性腸症候群(IBS)胃腸の病気

過敏性腸症候群の症状は、便秘や下痢を数ヶ月以上の期間にわたって繰り返している人で、便秘や下痢に際して腹痛や腹部不快感があり、排便があると症状が落ち着く時、そして、腸の検査や血液検査で便秘や下痢の原因になりそうな異常がみつからないものをいいます。

一般的な検査で、腹痛や便秘、下痢の原因となるようなものあるいは血液検査の異常を確認できず、ストレスで悪化することがあることから、ストレスが大きな影響を及ぼしていると考えられています。


→ 過敏性腸症候群(IBS) について詳しくはこちら


胃腸の病気 先頭にもどる



便秘胃腸の病気

便秘とは、「自分で満足できる排便がない状態」です。


症状

●5日以上も排便がなく、便が硬くなってなかなか出ない。

●毎日排便があるのに、残便感があり、すっきりしない。

便通異常の人の中には、同じ原因から便秘と下痢を繰り返している人もいます。


→ 便秘解消方法 について詳しくはこちら


胃腸の病気 先頭にもどる



大腸ポリープ|胃腸の病気

大腸ポリープ手術までの経緯・手術内容・大腸ポリープ切除後の食事|大腸ポリープ手術を受けた患者さんにインタビュー


胃腸の病気 先頭にもどる



胃痛と勘違いする病気

「胃が痛い・・・胃腸の病気かも?」と思っても、実は胃腸の病気でない場合があります。


虫垂炎

胃と腸の神経は近い場所にあるため、胃の痛みと勘違いしやすい。


すい炎

すい臓は胃の裏側に位置しているので、胃が痛いと勘違いすることがあるそうです。


痛みの特徴としては、肋骨の周りが痛くなり、前かがみになると楽になるのだそうです。


心筋梗塞

心筋梗塞になると、胃や肩が痛くなることがあります。


→ お腹が痛い|腹痛の部位(場所)と症状で病気がわかる について詳しくはこちら



胃腸の病気の予防法

胃の病気を予防する食事・生活習慣とは、まずは食べ過ぎないこと。そして、バランスよい食事をすること。


【胃腸の病気を予防する食事】

緑黄色野菜や果物を摂る

生野菜、果物(パイナップル、いちご、パパイア、キウイ、イチジク、バナナなどに豊富)で酵素を補給。

厚生労働省によると、野菜を1日に350g以上、特に緑黄色野菜を120g以上摂ることを目標としています。


→野菜不足が気になる方

青汁通販オンラインショップ

1万円以上のご購入で送料無料。
今ならまとめ買いセール特価で提供中!
→無料お試しサンプルもあります!


納豆、漬物、味噌などの発酵食品を食べる

発酵食品は、発酵時点でタンパク質が分解されているため、そのままでも消化に役立ちます。


白米よりも玄米、胚芽米を食べる

玄米にはミネラルが豊富です。


甘いものや脂っぽい食事を避ける

甘いものや高脂肪のものの食べ過ぎには気をつける。


薄味の食事

塩分を控えめに塩分の多い食事は、胃腸の病気(胃炎、胃潰瘍、胃がん)を増加させます。


決まった時間に時間をかけて食事する

食事時間は規則正しく 毎日の快調なリズムが大切です。

食事は就寝3時間前までにすること。

就寝直前に食物を摂ると、胃に長時間滞留し、胃もたれや膨満感の原因となりますので避けましょう。


よくかむこと

咀嚼(そしゃく)を十分にしていないと胃の負担を倍増させます。


腹八分目を守ること

食べ過ぎ、飲み過ぎは胃腸が疲れてしまいます。

ゆっくりかんで食事をすることが腹八分目であっても満足感を与えます。


肉よりも魚介類を食べる

肉食が腸を悪くする最大の理由は、肉には食物繊維がなく、脂肪やコレステロールを大量に含んでいることにあります。

肉食を続けていると、腸壁がどんどんかたく厚くなりますが、これは食物繊維がないために便の量が極端に少なくなり、その少ない便を排出するために腸が必要以上に蠕動(ぜんどう)しなければならなくなるからです。



【胃腸の病気を予防する生活習慣】

適度な運動

運動によって、全身の血液循環を促進し、胃液の分泌を活発にし、胃の消化機能を高めます。

ただし、過激な運動は胃の負担を増やすこともあるので注意が必要。


充分な睡眠

睡眠不足は神経のバランスを崩し、胃の運動や胃液分泌機能がかき乱され、胃の不調・胃腸の病気につながります。


お酒を飲み過ぎないこと

少量のアルコールは血液の循環を盛んにし胃の働きを活発にするといわれていますが、アルコールは胃壁を刺激して、胃に負担をかけてしまうので飲みすぎないことが大事。

【関連記事】

お酒と胃の関係|アルコールから胃を守るには?


禁煙

喫煙は胃の血行を阻害し、胃腸の病気(胃炎や胃潰瘍)を引き起こします。喫煙は、呼吸器だけでなく、胃にも影響があります。


胃腸の病気 先頭にもどる






胃が痛い(胃の病気)関連記事

胃が痛い・胃の痛み|胃腸の病気の症状・原因・対処法・予防

胃痛(胃が痛い)|胃の痛みから考えられる病気とその原因・特徴的な症状

おなかが張る(腹部膨満感)の5つの原因とは?|胃腸の病気の症状

「ゲップが多い」のはどんな病気!?げっぷがよく出る原因とは?

食道がんの再発リスクを禁酒で抑制できる|食道がんの予防には禁酒・禁煙・緑黄色野菜の摂取|京都大学


すい臓がんの症状(初期症状)チェック|膵臓がんの原因

がん

糖尿病とは|糖尿病の症状・初期症状

メタボリックシンドローム

ダイエット

目の病気

低体温の改善方法・原因・症状・病気

亜鉛を含む食べ物・食品|亜鉛不足チェック・摂取量

肝臓の病気|肝臓病の初期症状・種類・原因


実際の胃腸の病気については、専門医の受診をおすすめいたします。



専門サイト

健康情報青汁えごまそば専門店ブルーベリー・ルテイン・カシス通販


会社概要サイトマップお問い合わせ


健康情報ならハクライドウ