胃痛(胃が痛い)|胃の痛みから考えられる病気とその原因・特徴的な症状

Deadly Listeria Food Poisoning: Who are at Risk?

 

> Home健康情報 > 病気・症状 > 胃腸の病気 > 胃痛(胃が痛い)

胃痛(胃が痛い・胃の痛み)|胃の痛みから考えられる病気とその原因・特徴的な症状

胃の痛みがある時、あなたはどんな対処法を行なっていますか?

「胃痛」とはいってもどういうタイミング(空腹時・食後)で起きたのか、どのように痛むのか、どのあたりが痛むのかなどによって病気は異なります。

空腹時・食後に起こる胃痛(胃の痛み)の症状・原因・治し方についてまとめました。




胃痛(胃が痛い)の原因

胃痛は、胃粘膜に炎症、出血、ただれなどが起きたり、また、胃壁が傷ついたり、胃けいれんが起きたりすることが原因で起こります。

胃痛の原因は、食べ過ぎ、飲み過ぎ(アルコールの摂取)、不規則な生活、喫煙、運動不足、強い精神的ストレスなどが挙げられます。

胃袋では、食べ物を溶かして腸で吸収するため、胃壁から塩酸とたんぱく質分解酵素が加わった強力な胃液が出ています。

その胃液で胃自体が消化されないよう、胃の表面は粘液でガードされています。

しかし、ストレスの多い生活や喫煙、一部の風邪薬などに含まれている非ステロイド系の消炎鎮痛剤の服用は、防御役の粘液の出を悪くしてしまいます。

そこで、弱った胃にアルコールの刺激が加わると、炎症や出血などを伴う急性の胃粘膜障害が起きるほか、飲み過ぎて吐くと、胃の上部が裂けて吐血することもあります。

また、ピロリ菌(ヘリコバクターピロリ)に感染すると慢性的な胃炎を起こし、その後に胃潰瘍などを発症し胃粘膜の縮小が進むと、胃がんになるリスクが高まるそうです。

→ 胃がん(胃がんの症状・原因・治療・予防) について詳しくはこちら

ピロリ菌は、日本人の2人に1人が感染しているといわれるので、ピロリ菌対策は重要です。

【胃痛関連記事】


胃アニサキス症

魚を食べたら、激しい腹痛|胃アニサキス症の症状・対策(加熱・冷凍)・予防によれば、胃アニサキス症とは、アニサキスが胃の中に潜伏した状態で、主に激しいお腹の痛みが起こり、吐き気や嘔吐、蕁麻疹などの症状を伴う場合があるそうです。


→ 病気のサイン!?様々な胃痛の原因と特徴的な症状 について詳しくはこちら



胃痛(胃が痛い)と関連する症状

→ 吐き気を伴う胃痛(胃が痛い)の病気の原因とは?


→ 「ゲップが多い」のはどんな病気!?げっぷがよく出る原因とは?


→ おなかが張る(腹部膨満感)の5つの原因とは?


→ お腹が痛い|腹痛の部位(場所)と症状で病気がわかる


→ 突然の嘔吐(おうと)の原因となる病気・症状とは?




胃痛(胃が痛い)の症状が現れる病気

胃潰瘍

  • 胃痛(さしこむような痛みやおなかの張ったような痛みなど)
  • 食後の胃痛(食べ物が潰瘍を刺激することで痛みがある)
  • 胸やけ・呑酸(どんさん:すっぱい液体が口まで込み上げてくる)
  • おなかが張る(胃酸の分泌が低くなることで、腸の動きが鈍くなったり、ガスが増えたりする)
  • 膨満感
  • 吐き気がする
  • 嘔吐(おうと)
  • 吐血
  • 食欲不振


→ 胃潰瘍の症状(痛み)・原因・予防・食事 について詳しくはこちら


胃炎(急性胃炎・慢性胃炎)

■急性胃炎の症状

■慢性胃炎の症状

  • みぞおちの痛み
  • 食欲不振
  • 食後の膨満感
  • 胸やけ
  • げっぷ
  • 悪心(おしん:吐き気がする)
  • 嘔吐


→ 胃炎(急性胃炎・慢性胃炎)の症状・原因・食事 について詳しくはこちら



空腹時の胃痛(胃が痛い)と病気

空腹時に胃の痛みが出る場合は、「胃炎」や「胃潰瘍」、「十二指腸潰瘍」などが考えられます。


→ 胃潰瘍の症状(痛み)・原因・予防・食事 について詳しくはこちら

→ 胃炎(急性胃炎・慢性胃炎)の症状・原因・食事 について詳しくはこちら

→ 十二指腸潰瘍の症状・原因・治療 について詳しくはこちら



食後の胃痛(胃が痛い)と病気

食後に胃痛や胃もたれが出る場合には、「慢性胃炎」や「神経性胃炎」、胃の消化などの機能異常による「機能性ディスペプシア」が考えられます。

→ 胃炎(急性胃炎・慢性胃炎)の症状・原因・食事 について詳しくはこちら

→ 食後の胃痛・胃もたれはもしかすると「機能性ディスペプシア」かもしれません について詳しくはこちら


胃痛(胃が痛い・胃の痛み) 先頭にもどる


胃痛(胃が痛い)の予防法

胃痛を予防する食事・生活習慣とは、まずは食べ過ぎないこと。

そして、バランスよい食事をすること。


【胃痛(胃が痛い)を予防する食事】

緑黄色野菜や果物を摂る

生野菜、果物(パイナップル、いちご、パパイア、キウイ、イチジク、バナナなどに豊富)で酵素を補給。

厚生労働省によると、野菜を1日に350g以上、特に緑黄色野菜を120g以上摂ることを目標としています。


納豆、漬物、味噌などの発酵食品を食べる

発酵食品は、発酵時点でタンパク質が分解されているため、そのままでも消化に役立ちます。


白米よりも玄米、胚芽米を食べる

玄米にはミネラルが豊富です。


甘いものや脂っぽい食事を避ける

甘いものや高脂肪のものの食べ過ぎには気をつける。


薄味の食事

塩分を控えめに塩分の多い食事は、胃の病気(胃炎、胃潰瘍、胃がん)を増加させます。


決まった時間に時間をかけて食事する

食事時間は規則正しく 毎日の快調なリズムが大切です。

食事は就寝3時間前までにすること。

就寝直前に食物を摂ると、胃に長時間滞留し、胃もたれや膨満感の原因となりますので避けましょう。


よくかむこと

咀嚼(そしゃく)を十分にしていないと胃の負担を倍増させます。


腹八分目を守ること

食べ過ぎ、飲み過ぎは胃腸が疲れてしまいます。

ゆっくりかんで食事をすることが腹八分目であっても満足感を与えます。


肉よりも魚介類を食べる

肉食が腸を悪くする最大の理由は、肉には食物繊維がなく、脂肪やコレステロールを大量に含んでいることにあります。肉食を続けていると、腸壁がどんどんかたく厚くなりますが、これは食物繊維がないために便の量が極端に少なくなり、その少ない便を排出するために腸が必要以上に蠕動(ぜんどう)しなければならなくなるからです。


【胃痛(胃が痛い)を予防する生活習慣】

適度な運動

運動によって、全身の血液循環を促進し、胃液の分泌を活発にし、胃の消化機能を高めます。

ただし、過激な運動は胃の負担を増やすこともあるので注意が必要。


充分な睡眠

睡眠不足は神経のバランスを崩し、胃の運動や胃液分泌機能がかき乱され、胃の不調・胃の病気につながります。


お酒を飲み過ぎないこと

少量のアルコールは血液の循環を盛んにし胃の働きを活発にするといわれていますが、アルコールは胃壁を刺激して、胃に負担をかけてしまうので飲みすぎないことが大事。

→ お酒と胃の関係|アルコールから胃を守るには? について詳しくはこちら


禁煙

喫煙は胃の血行を阻害し、胃の病気(胃炎や胃潰瘍)を引き起こします。喫煙は、呼吸器だけでなく、胃にも影響があります。


胃痛(胃が痛い・胃の痛み) 先頭にもどる





胃痛関連ワード

胃が痛い・胃の痛み|胃腸の病気の症状・原因・対処法・予防

逆流性食道炎の症状・原因・治し方・食事


実際の胃痛(胃が痛い・胃の痛み)については、専門医の受診をおすすめいたします。


専門サイト

健康情報青汁えごまそば専門店ブルーベリー・ルテイン・カシス通販


会社概要サイトマップお問い合わせ


健康情報ならハクライドウ