サポニン|サポニンを含む食品

TOPサポニン会社概要サイトマップお問い合わせ

サポニン|サポニンを含む食品

 

サポニン

活生酸素の抑制等により成人病や老化防止に効果

サポニンは、配糖体といわれる物質で、食感として咽喉に残る不快感(渋み、苦み、えぐ味―収斂味という) の原因物質です。そのため、嫌われた面もありましたが、最近では、健康の増進等に及ぼすいろいろな 機能が注目されています。

その機能としては、脂肪の蓄積を防ぐ、血管に付着した脂肪を洗い流す、老化のもとになる脂肪酸の酸化を防ぐ、活性酸素の働きを抑制する、腸を刺激し便通をよくする、あるいは血栓を予防する、その他、成人病や老化防止などに関係する効果が報告されています。

サポニンには、栄養を吸収する腸の内壁にある突起の絨毛(じゅう毛)を収縮する作用(小腸の内側に無数にある絨毛が細くなることにより正常化して、栄養分を過剰吸収しなくなるのでダイエットできるそうです)があります。つまり、肥満防止の作用があります。サポニンには、今後の研究が期待されております。


サポニンを含む食品

サポニンを含む食品としては、高麗人参、田七人参、ごぼうなどです。


サポニン関連記事

ごぼう茶の作り方



サポニン特定商取引に基く法律サイトマップお問い合わせ

専門サイト

健康食品通販青汁そば・そうめんブルーベリー・ルテイン・カシスギフト


健康食品通販なら舶来堂